KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

FⅠ 「松本秀人杯争奪戦」in久留米

2.12Tue 13Wed 14Thu

レース展望

豊富な戦力誇る九州勢

  • 林慶次郎

  • 小林令

A級屈指の実力者がそろった好カードだ。なかでも九州勢の戦力が充実している。地元の林慶次郎は12月高知、1月別府で2場所連続の完全優勝。S級特進に挑んだ1月松阪は初日予選で2着に敗れたが、徹底先行のスタイルで急成長を遂げている。地元戦は小倉を含め、デビューから優勝が1度もない。ここも迷わず主導権を取って強敵をねじ伏せる。曽我圭佑、瓜生崇智の熊本コンビはいずれも積極的な機動型。そろって決勝に乗った場合の連係が大きなポイントになりそう。曽我は1、2班戦でまだ優勝こそないが、強力なタテ攻撃を武器にコンスタントにV争いを演じている。瓜生は落車のケガで本調子を欠いているが、ここまでには立て直しているはずだ。地元の那須久幸、別所英幸が機動型をしっかりガードする。
東日本勢も先行型の木村弘に、自在型の小林令、追い込み型の望月裕一郎と精鋭がそろっている。うまく結束できれば上位独占は可能だ。特に小林は前期S級戦でも強気な攻めで存在感を示していた。
谷口友真、小堺浩二の中近勢や藤原俊太郎、中石昌芳、表原周の中四国勢も侮れない。

注目選手

  • 田村風起

    奈良 ・107 期・A1

    田村風起

     12月小倉の決勝で並みいる強豪を破って、待望の1、2班戦初優勝を飾った。これで自信を深めて、一皮むけた印象だ。

    ■直近4ヶ月成績(*8/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    87.75 9 2 2 6 10
  • 国広哲治

    埼玉 ・84 期・A1

    国広哲治

     今年は初戦の松戸で1年ぶりの優出をいきなり決めた。まくり兼備のタテ脚は魅力がある。穴党は追いかけたい。

    ■直近4ヶ月成績(*8/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    84.95 0 4 1 6 12