久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#


  • FⅠ
  • エンジョイスピードNP
  • 12.17Mon 18Tue 19Wed

次回開催
F2
12/29 ・30 ・31

レース展望

連覇を狙う野口大誠

野口大誠

菅谷隆司

野口大誠の当所戦連覇に期待だ。8月当所は初日からオール連対。決勝はホームから豪快にまくってラインで上位独占を決めた。準決勝でポカをするレースも多いが、かかり切ってしまえばA級の追い込みでは逆転が難しいスピードと末の粘りがある。地元の中村良二に米原大輔が野口をガード。中村は安定こそしているが、なかなか勝ち切れないもどかしいレースが続いている。地の利のある開催で鋭いキメ脚を見せたいところだ。前田義和もここへ来て調子上向き。大挙して勝ち上がれれば、数的有利も作れるだろう。
前期S級では苦戦した菅谷隆司だが、さすがにA級では脚力上位の存在だ。降級初戦の7月弥彦の準決勝こそまくり不発に終わったが、続く同月立川からは10連続で決勝に進出。9月弥彦、10月は青森、函館とここまで3度の優勝も飾っている。力勝負では野口に分があるが、組み立てのうまさで対抗すれば勝機はある。
横関裕樹は持ち前のダッシュを生かして優勝争いに加わる。前期S級でも連対が多かったことを考えれば、今期ここまで優勝していないのが不思議なくらい。出足鋭い自力戦で優勝をさらう。
棚橋勉、森安崇之の中四国勢にとって頼もしいのは船瀬惇平の存在だ。船瀬の迷いない先行策は上位の同型を大いに苦しめるだろう。棚橋、森安にも優勝のチャンスは十分にある。

 

注目選手

  • 小川達也
    静岡 ・93 期・A1

    小川達也

     10月弥彦は連勝で今年初優出。落車のケガの影響がなくなり、本来のパワーが完全に戻っている。主力相手でも脚力は見劣りしない。

    ■直近4ヶ月成績(*12/18現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    90.69 11 6 5 3 12
  • 広田樹里
    熊本 ・89 期・A1

    広田樹里

     鋭いまくりを主武器に勝ち星を量産している。ポカも多いが、勝ちパターンに持ち込んだときの破壊力は抜群だ。

    ■直近4ヶ月成績(*12/18現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    86.92 3 8 3 4 12

▲TOPへ