KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

FⅠ

3.15Thu 16Fri 17Sat

レース展望

菅田壱道がシリーズをけん引

  • 菅田壱道

  • 北野武史

  • 嶋津拓弥

山田英明の欠場により、シリーズリーダーは菅田壱道が演じる。1月大宮記念では地元のエース平原を撃破し、約8年半ぶりに記念制覇。全日本では初日に落車の憂き目も影響はなさそう。「落車の影響は間違いなくない。1本欠場して土台からつくり上げてきたので、脚は仕上がっている」と復帰戦の3月名古屋記念では初日から竹内雄作らを撃破して優秀戦に進出。変わらぬ俊敏な走りを披露した。さらに、当所では09年に記念を初制覇した相性の良いバンク。2月向日町を制するなど、上がり調子の内藤宣彦と息の合った連係でワンツーを決めよう。

北野武史は今年に入って一息の成績が続く。それでも、2月奈良記念の後半は、連日苦しい展開から6523着。随所で鋭い伸びを見せるなど、徐々に良化してきている。今シリーズは上位にスジの機動型が手薄も、柴崎俊光、林巨人らと前々に攻めて逆転を目論む。

南関勢は争覇級が不在だが、嶋津拓弥、小埜正義と粒ぞろいの面々。一息の成績が続いた嶋津だが、3月玉野記念で1653着と底は抜けた印象だ。同じく機動型の小埜と好連係で牙を向く。

注目選手

  • 酒井拳蔵

    大阪 ・109 期・S2

    酒井拳蔵

     初のS級戦となった前期は、11月富山を優出など随所で奮闘。長い距離をモガくと脆いが、ダッシュ生かしたカマシ、まくりはS級でも十分通用する。仕掛けがハマれば、大駆けも。

    ■直近4ヶ月成績(*9/24現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    97.05 6 1 2 0 17
  • 小埜正義

    千葉 ・88 期・S1

    小埜正義

     前期の終盤から徐々に調子を上げると、2月玉野では218着で久しぶりの優出。準決は、3番手確保からまくって鈴木竜士らを撃破した。今シリーズも連日見逃せない。

    ■直近4ヶ月成績(*9/24現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    102.65 4 6 4 3 16
  • 宇佐見裕輝

    福島 ・94 期・S2

    宇佐見裕輝

     今期が初のS級戦ながら、先行を基本とした積極的なレースで結果を出している。2月高松記念でも1526着とG戦でも活躍。一発の魅力は十分秘めている。

    ■直近4ヶ月成績(*9/24現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    99.46 15 8 6 2 10