KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

FⅡ

2.13Tue 14Wed 15Thu

次回開催

F1

3/11 ・12 ・13

レース展望

日野博幸が格の違い示す

  • 日野博幸

  • 原口昌平

 S降りの日野博幸を本命に推す。前期は12月別府記念で白星を挙げるなど、降級直前に状態を上げていた。そんな中でのA級戦は、初戦の松山を716着。Vこそ逃すが、準決勝では後方からまくって別線を一蹴と持ち前のパワーを発揮した。続く小倉では、初日特選で小島歩、瓜生崇智らを撃破。準決勝では中団併走からの仕掛けで連勝を果たすと、決勝は後方から豪快にまくって完全Vを飾った。やはり、A級では実力が一枚上手。今節は同県の後輩・野村典嗣を目標にでき、期待値もさらに上昇だ。その野村は11月武雄をVなど、今やA級屈指の機動型にまで成長。先行、まくりを展開に応じて使い分けるなど、器用な立ち回りを見せている。当所でも巧みなレース運びで日野とワンツーを決めよう。

 対する地元勢も怖い。原口昌平は昨年3V30勝と大いに活躍。バックを取る積極的な競走で、並み居るライバルたちを黙らせてきた。さらに、当所は走り慣れたホームバンクだけに、癖も熟知している。勝負所を逃さぬ仕掛けで、地元を守ろう。阿部兼士も当所がホーム。近況はVこそないが、12月向日町、1月別府を連続で準Vなど安定感は高い。1月名古屋は精彩を欠いたが、大事な地元戦に向けて修正してくるはずだ。12月佐世保記念のレインボーカップチャレンジファイナルで特昇を果たした111期の金ヶ江勇気も、1月高松を制すなど快進撃が止まらない。1月松山で落車した安東宏高だが、目標豊富だけに出走ならチャンスのシリーズだ。

 宮下貴之は1月平塚を制覇。俊敏な動きで佐々木孝司らを破るなど、キレある走りを披露した。タテヨコ自在な動きで逆転狙う。リズムに乗れていない安藤孝正は、宮下の番手から流れを変えよう。

 キメ脚鋭い後藤彰仁は、堀兼壽を目標に活路を見出す。眞原健一は目標不在も、ベテランの経験と持ち前のレースセンスを生かして一発を狙う。

注目選手

  • 滝本泰行

    岡山 ・107 期・A1

    滝本泰行

     今年に入って成績が上昇カーブを描いている。1月名古屋は準決勝で逃げる皿屋豊をまくって白星。決勝は逃げ粘って3着と存在感を大いに示した。上積みあれば、今シリーズもV争いに加わってくるだろう。

    ■直近4ヶ月成績(*4/27現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    92.85 7 10 2 3 6
  • 瀬戸晋作

    長崎 ・107 期・A1

    瀬戸晋作

     不調に喘いでいたが、1月小倉MNは123着で久しぶりの優出。予選、準決と力強い先行で別線を完封と内容あるレースを見せてくれた。勢いに乗って、当所でも暴れる。

    ■直近4ヶ月成績(*4/27現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    84.66 7 4 4 2 14