KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

GⅢ

10.1Thu 2Fri 3Sat 4Sun

次回開催

F1

10/12 ・13 ・14

レース展望

充実一途の郡司浩平

  • 郡司浩平

  • 中川誠一郎

  • 清水裕友

熊本競輪場開設70周年記念「火の国杯争奪戦」in久留米が10月1日~4日の日程で開催される。SS班の郡司浩平、清水裕友らの強豪を中川誠一郎を主軸に結束する地元勢が迎え撃つ。今シリーズから記念開催が9車立12レース制に戻されるだけに、ファンの注目を集める4日間となろう。また、最終日第6レースにて第117期生によるルーキーシリーズプラスが争われる。こちらも注目だ。

今シリーズは9車立だが、サマーナイト、オールスターなどビッグレースは9車立で行われていたので、トップクラスの選手には不安材料にはならない。ここ数場所のレース内容から郡司浩平を中心視するのが順当だろう。最近の郡司は対戦相手に精神的なゆとりを与えない強気な自力攻撃が冴え渡っていて、特にダッシュ力、トップスピードは素晴らしいレベルだ。3連覇を目指した地元の8月小田原記念は、無傷で勝ち上がりながら決勝は無念の失格を喫したものの、9月岐阜記念は圧倒的な強さで4連勝、松浦悠を2タテしている。さらに共同通信社杯でも一次予選で快速まくりを決めて圧勝すると、二次予選は珍しく後方に置かれて大敗を喫したが、この一戦で評価は落とせない。今の脚勢なら主役を演じる公算が大きい。松谷秀幸、内藤秀久の神奈川勢が郡司を盛り立てる。松谷は8月小倉では野口裕の逃げを差して優勝すると、9月伊東は根田空の逃げを交わしてVをゲット。内藤はサマーナイト、オールスターとビッグレースで続けて決勝に乗っていて、両者ともに好調だ。

中川誠一郎はこの大会では素晴らしい実績を残している。4年前から久留米競輪場で代替開催が行われるようになったが、66、68、69周年で優勝を飾っている。4大会で3Vは実力がなければ成せないことながら、この大会は絶対に譲れないという強い気持ちを持って臨んでいる証しだろう。特に強調できる近況ではないものの、共同通信社杯の一次予選で直線大外を鋭く伸びて2着に突っ込んだスピードは悪くなかった。地元勢は実力者がそろっているだけに、好連係を決めて首位に躍り出る場面は大いにあろう。九州では山田英明も好勝負が期待できる。7月広島、続く8月武雄はF1戦ながら6連勝すると、オールスターでは決勝に進出。さらに9月向日町記念では今年4V目を達成している。持ち味の自在戦が奏功しており、うまくレースの流れに乗ってのVゲットは考えておきたい。

もう一人のSS班である清水裕友も有力なV候補のひとりだ。本調子を欠いたオールスターは二次予選で姿を消したが、その後は徐々に調子を戻している。共同通信社杯も優出は逃したが、動きは悪くなかった。今年は全日本選抜、サマーナイトとビッグレースで2Vの豪脚が炸裂なら他の自力型をねじ伏せても不思議ではない。

KEIRINグランプリ2018でV、ダービー連覇など輝かしい実績がある三谷竜生だが、なかかな波に乗り切れていない。スピードの切れがいまひとつ物足りない印象で、共同通信社杯の二次予選は脇本雄の仕掛けに付け切れなかった。

注目選手

  • 坂井洋

    栃木 ・115 期・S2

    坂井洋

     デビューして約1年でG1初参戦を果たしたスーパールーキー。そのオールスターでは2走目に選抜戦ながら勝ち星を挙げた。記念では7月弥彦、8月松戸と続けて準決3着で優参を逃がしたがここは優参決めるか。

    ■直近4ヶ月成績(*9/27現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    107.03 20 6 5 7 13
  • 上田尭弥

    熊本 ・113 期・S2

    上田尭弥

     恵まれた身体を活かした先行は迫力満点。9月大垣記念では予選1、予選2を連勝している。準決は4着に沈んだものの、竹内雄、黒沢征らの先行型を沈黙させて荒井崇の勝利に貢献した。今シリーズ注目の一車だ。

    ■直近4ヶ月成績(*9/27現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    105.87 18 10 6 0 8
  • 森山智徳

    熊本 ・98 期・S2

    森山智徳

     9月向日町記念ではシリーズ3連対と大暴れ。まくりが主武器ながら予選1、予選2はいずれも先行で粘っているのは好調の証しだろう。スピードの切れの良さは相変わらずだし、航続距離も伸びてきた印象だ。

    ■直近4ヶ月成績(*9/27現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    104.90 9 5 6 3 7