KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

FⅠ

7.28Wed 29Thu 30Fri

次回開催

F1

9/3 ・4 ・5

レース展望

北津留翼が豪快に決める

  • 北津留翼

  • 小倉竜二

  • 山口拳矢

G戦線で存在感を示している強豪がそろい熾烈なV争い。
本命には北津留翼を推した。今年は年頭から勝ちまくっていて、前期は圧巻の24勝を挙げている。ダービーでは12着で準決に進出すると、高松宮記念杯は3911着、西2次予選で敗退も2勝をマーク。G1大会で他の自力型をねじ伏せているスピードは輪界トップクラスだ。好発進を決めて地元Vをゲットしよう。北津留とは連係実績が豊富な園田匠がタッグを組む。全日本選抜の2次予選では、まくって快勝した北津留を好マークしてワンツーを決めている。北津留の仕掛け次第では差し切りもありうる。
競走得点トップは小倉竜二だ。最近は差し脚好調で、5月前橋記念では清水裕友のまくりを差して優勝している。ここは中四国スジで河端朋之を目標だろうが、河端とは6月川崎の最終日にワンツーを決めたばかり。やや末脚が甘いところはある河端ながらダッシュ力、トップスピードは一級品。小倉に好展開が巡る可能性は大いにあろう。
超エリート街道を驀進中の山口拳矢の単にも魅力を感じる。前期はF1戦で5V、ウィナーズカップ、高松宮記念杯では準決に乗っている。6月別府記念の決勝で、先行して松浦悠の反撃を許さなかったスピードは非凡。好機に仕掛けて主導権を握れば勝ち負けに持ち込める。
山田久徳、村上博幸の京都コンビに南修二と実力者がそろった近畿勢も好勝負が見込める。中では山田が好調で、高松宮記念杯では6112着と3連対。西1次予選で敗退も機敏な立ち回りが光った。

注目選手

  • 門田凌

    愛媛 ・111 期・S2

    門田凌

     ここのところ自力攻撃が冴え渡っている。6月松山G3で1181着と3勝を挙げると、同月当所記念は予選を21着で準決進出。2次予選では森田優、佐藤慎の本線を撃破した。連日目が離せない。

    ■直近4ヶ月成績(*7/30現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    107.52 7 10 5 0 8
  • 津村洸次郎

    福岡 ・101 期・S2

    津村洸次郎

     鋭いダッシュ力を効かした一撃は破壊力抜群。前期は2Vを達成していて、連対率も5割を上回った。ホームバンクで仕掛けどころは心得ているので、格上相手の一発には注意したい。

    ■直近4ヶ月成績(*7/30現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    107.18 4 7 9 5 6
  • 伊原克彦

    福井 ・91 期・S2

    伊原克彦

     なかなか決勝に乗れない時期もあったが、2月伊東112着の後は、F1戦ではほとんどの場所で優参を果たしている。今節の上位陣は強豪ぞろいだが、機動力が甦っているので準決でも軽視は禁物。

    ■直近4ヶ月成績(*7/30現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    106.07 8 8 8 1 9