KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#

FⅡ新星社杯

6.25Tue 26Wed 27Thu

次回開催

F2

6/30 ・1 ・2

レース展望

林慶次郎が地元で躍動

  • 林慶次郎

  • 佐伯亮輔

地元ホームの林慶次郎が主役を務める。デビューから徹底先行のスタイルを貫き、順調に力を伸ばしてきた。今年は3度の完全優勝を飾っている。7月からは初のS級昇格が決まっている。A級最終戦となる地元戦でしっかり結果を出して弾みをつける。林のほかにも九州勢は精鋭ぞろいだ。屋良朝春は今年に入って準決勝で落車した3月高松以外はすべて決勝に乗っている。佐方良行も戦法に幅が出て、安定感が増している。4月高知ミッドナイトで落車した影響は気がかりだが、このシリーズまでには回復しているだろう。坂本晃輝は相変わらず差し脚が切れている。
 佐伯亮輔は昨年12月末に2班に特別昇班。その後はコンスタントにV争いを演じている。初優勝は時間の問題だろう。今シリーズは林に真っ向勝負を挑む。主導権争いはかなり激しくなりそうだ。岡山同士の土井勲が佐伯の援護に回る。
 西本直大、木村直隆の近畿勢も強力。西本は強烈なまくりを主武器に各地で奮闘している。木村も安定した戦いぶりが光っている。中近連係で鈴木幸紀まで加わればラインの厚みが増す。
 東日本の遠征勢にも強豪がズラリ。機動型では三好恵一郎だ。昨年の終盤戦から一気に成績が上がった。ドームバンクも脚質にマッチしている。小菅誠、亀谷隆一はタテ脚鋭い追い込み型。底力ある渡辺正光の動向も見逃せない。

注目選手

  • 城戸崎隆史

    福岡 ・76 期・A1

    城戸崎隆史

     2月小倉で久々の優出。その後はピリッとしないが、まくり兼備のタテ脚はさび付いていない。地元戦にきっちり仕上げて結果を出す。

    ■直近4ヶ月成績(*9/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    87.04 2 3 3 3 15
  • 小原周祐

    高知 ・99 期・A1

    小原周祐

     ムラ脚だが、仕掛けははまった時の破壊力は凄まじい。4月青森ミッドナイトの準決勝はカマシ先行で2着。ラインで上位独占を決めた。

    ■直近4ヶ月成績(*9/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    87.77 13 7 8 2 10