小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#


  • FⅠ
  • 日刊スポーツ杯
  • 12.11Tue 12Wed 13Thu

次回開催
F2
12/16 ・17 ・18

レース展望

そろった九州勢に期待

中村雅仁

河合佑弥

そろった九州勢が優勝争いをリードする。中心は中村雅仁、曽我圭佑の熊本コンビか。中村は今期ここまで優勝2回。序盤は決勝進出を逃すシリーズも多かったが、ここへ来て安定してきた。曽我は9月に1、2班戦へ特別昇班。徐々に9車のレースに慣れると、10月小松島からは4場所連続ピンピンで優出している。中村、曽我に山崎翼とスジの自力タイプがそろえば、地元の樫山恭柄にもチャンス。8月に続く当所戦連覇も十分だ。

113期で特別昇班一番乗りを決めた河合佑弥は1、2班戦の5場所で2Vと期待どおりの走り。初の小倉参戦となるが持ち前の積極性で関東ラインを引っ張るか。齋藤和伸が河合マークから逆転を狙う。

1、2班戦では怪我続きだった藤原俊太郎だが、12月取手では復帰後初の優勝を無傷で飾った。決勝戦では今シリーズ1班の主力である木村弘や岡本英之を破るなど復調一途で、ここもそろった113期を相手に先輩の意地を見せる。

もちろん木村、岡本もシリーズ屈指の実力者。ともに近況も良好で、間違いなく優勝争いに加わってくるだろう。

注目選手

  • 芳野匠
    愛媛 ・93 期・A1

    芳野匠

     まくり兼備のタテ攻撃で、11月は富山、豊橋と連続で決勝に勝ち上がっている。スジの目標は手薄だが、ラインの先頭のほうが持ち味が生きそうだ。

    ■直近4ヶ月成績(*12/18現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    90.44 0 6 2 0 10

▲TOPへ