KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#

FⅠ九州スポーツ杯

3.21Wed 22Thu 23Fri

次回開催

F2

3/29 ・30 ・31

レース展望

稲垣裕之が近畿を牽引

  • 稲垣裕之

  • 松谷秀幸

  • 松川高大

3年連続のS級S班はならずの稲垣裕之だが、変わらぬ存在感で近畿勢をリードしている。年明けの立川、大宮の記念では成績をまとめ、続く全日本選抜では2勝をマークした。直近の奈良記念では、地元勢と息を合わせた連係から2213着。ファイナルも三谷竜生、将太の兄弟ワンツーを陰から支えた。今シリーズは中西大、佐川翔吾と近畿地区の後輩の機動型がいるだけに、番手からの組み立てが濃厚だ。S級S班の昨年では番手で多くの経験を積んだ稲垣が、今シリーズもきっちり勝機をモノにしよう。

途中欠場を余儀なくされた12月の広島記念の落車で、昨年は不本意な走り納めとなった松谷秀幸。18年初場所の松阪記念から上々の動きを見せて、G1全日本選抜を含めた12走で4勝2着3回と高い連対率を誇っている。自在性に長けた松谷なら、レースの流れに的確に反応して活路を見出そう。

松川高大、大坪功一の地元九州勢。武藤龍生、朝倉佳弘の埼京コンビ、差し脚安定してる小野大介も展開ひとつで浮上があっておかしくない。

注目選手

  • 内藤宣彦

    秋田 ・67 期・S1

    内藤宣彦

     松阪エボリューションの2着がキッカケになったのか、続く大宮F1で2勝を挙げた。そして立川F1で久々の優出を果たし、向日町F1で優勝。競走得点も戻ってきて、長年培ってきた経験を生かしまた軌道に乗りそうだ。

    ■直近4ヶ月成績(*6/22現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    106.87 0 5 5 4 18
  • 佐川翔吾

    大阪 ・94 期・S2

    佐川翔吾

     2月の伊東F1では3日間最終バックを取る積極策。準決では冷静なペース配分から押し切って、昨年9月以来の決勝進出を果たした。「良くなってきてますよ」と、静岡記念でも2連対。確実に上昇カーブを描いている。

    ■直近4ヶ月成績(*6/22現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    98.73 16 2 2 6 16
  • 渡邉豪大

    静岡 ・107 期・S2

    渡邉豪大

     初めての地元記念となった2月静岡を1974着。「先行して一次予選をクリアできれば」の通り、有言実行の逃げ切り勝ち。その後シリーズは波に乗れずも、今期初のS級の舞台で十分勝負になる。

    ■直近4ヶ月成績(*6/22現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    99.12 11 4 6 5 9