KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

いわき平競輪

IWAKI TAIRA KEIRIN

13#

FⅡ福島民友杯

3.22Fri 23Sat 24Sun

レース展望

九州勢が優勢も

  • 曽我圭佑

  • 中釜章成

九州勢が中心となる。昨年の9月に9連勝した曽我圭佑は特進後3場所目の10月小松島を無傷優出と、すぐさま1、2班でも好走。その後も毎場所でV争いに加わるなど、積極的な競走で着実にレベルアップしてきた。そして、今年に入って花が開く。2月岸和田で酒井拳蔵らを相手に完全V。さらに、同月の2月川崎も無傷で制覇と波の乗っている。当所でも、強気な組み立てでライバルを撃破する。坂本晃輝もチャンス。降級の今期だが、初戦の武雄、1月岐阜を制覇と格上のキメ脚を披露している。曽我と白熱のゴール勝負を演じよう。

近畿勢も侮れない。12月に特昇した中釜章成は、初戦の和歌山をいきなり111着。2月松阪でも115着と、曽我と同様に今やA級屈指の機動型までに成長している。組み立ても器用だけに、臨機応変に対応して同期対決を制そう。12月に負傷した山崎光展はやや不安定な成績だが、2月広島をVと勝負強さは健在。中釜と好連係を見せて対抗する。

北日本勢は門脇翼に、地元の緑川修平が軸。門脇は優出回数が増えるなど、パワーを付けている。緑川は今年に入って調子良好。2月名古屋では7車立てながら、強烈なまくりでVを奪取している。関東勢は上位の機動型が不在。伊藤亮、堀政美と追い込み陣は強力だけに、小峰烈らが優出なら勢力図も変わってくる。先行が身上の多田晃紀も軽視禁物だ。

注目選手

  • 加藤健一

    神奈川 ・107 期・A1

    加藤健一

     秋から原因不明の不調で成績が急降下。しかし、近況は2月小倉ミッドで2勝を挙げるなど、徐々に復調してきている。昨年のS級では随所で好走していただけに、完調ならV争いも。

    ■直近4ヶ月成績(*5/19現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    83.74 10 4 2 5 16
  • 小峰烈

    長野 ・98 期・A1

    小峰烈

     やや安定感に欠けるも、仕掛けがハマった時の威力は抜群。2月小田原では、準決で3着に逃げ粘り。続く平塚は初日に敗退も、最終日には中団確保から強烈なまくりを見せてくれた。

    ■直近4ヶ月成績(*5/19現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    89.58 6 1 5 4 14