KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

いわき平競輪

IWAKI TAIRA KEIRIN

13#

FⅠNLC・スポーツ報知杯

2.15Fri 16Sat 17Sun

次回開催

F2

2/27 ・28 ・1

レース展望

自力に勝る嶋田誠也

  • 菅谷隆司

S降りの選手がそろっても嶋田誠也の存在感は際立っている。11月京王閣でS級特進に失敗し、続く玉野では失格の憂き目にあったが、その後の3場所は3連対率100%。12月豊橋で完全優勝と気落ちするどころか凄みを増している印象だ。藤田剣次、小原将通が九州勢では上位の追い込み型だが、点数最上位の小原は年頭の別府で落車。ここまでに復帰できるかは微妙だ。

菅谷隆司もシリーズ屈指の自力タイプ。S、A間のエレベーターが続いているが、A級では抜群の安定感を誇っている。嶋田の突進力に総合力で抵抗する。櫻井学もまくり主体のタテ攻撃が持ち味。菅谷の番手回りなら優勝もありそう。

中四国勢には木村幸希を先頭に榊原洋、高市訓但と力のある選手がそろっている。泉谷元樹、光岡義洋の愛知コンビに平沼由充と他にもS下り選手も多く、ハイレベルなシリーズになりそうだ。

注目選手

  • 三浦翔大

    宮城 ・98 期・A1

    三浦翔大

     昨年後半はコンスタントに優出するなど調子は上向き。年頭の京王閣でも連日主導権を握って決勝に勝ち上がっており、調子のよさは仕掛けの早さに表れている。

    ■直近4ヶ月成績(*4/23現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    91.17 12 4 5 4 10
  • 宮崎一彰

    高知 ・99 期・A2

    宮崎一彰

     前期チャレンジの終盤は113期の若手らを相手に3連続優勝。新年初戦の高知でも254着と好走した。穴党は注目の一車だ。

    ■直近4ヶ月成績(*4/23現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    82.70 8 9 6 3 9