KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

いわき平競輪

IWAKI TAIRA KEIRIN

13#

FⅠ

12.14Fri 15Sat 16Sun

レース展望

  • 藤根俊貴

  • 佐藤雅彦

新鋭、藤根俊貴の機動力が抜けている。9月に特別昇班すると、1、2班戦初戦の立川でいきなりの完全優勝。続く青森では決勝2着でチャレンジから続いた連勝は14でストップしたが、自力で強い日当泰之が番手だったのだから差されても仕方ない。続く11月弥彦でも完全優勝しているのだから、もはやその実力はS級でも通用するレベルだ。佐藤雅彦は差し脚好調で、藤根の仕掛けにきっちり続ければ逆転もありそうだ。

対するは田口守、増田鉄男の中四国勢だ。田口は今期コンスタントに優出するなど、競走得点も90点オーバーまで上げてきた。増田も長らくS級で活躍した実力者で、1着こそ少ないが安定感は抜群だ。

今年中盤から調子を上げてきた岡本大嗣は鋭いタテの脚で優勝争いに参戦。中澤央治、村上卓茂と90点オーバーの追い込み型がそろった中近勢は上位の機動型が手薄なハンデをどう克服するか。一発があるなら稲吉悠大、飯塚隼人に竹元太志と動けるタイプがそろった九州勢だ。

注目選手

  • 隅貴史

    山口 ・91 期・A1

    隅貴史

     9月別府、10月西武園とひと息の成績が続いたが、直前の練習で手ごたえがあったと話す10月小倉から状態は上向き。勝ち味に遅いが、しぶとい走りは魅力だ。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    90.29 0 1 4 8 11
  • 坂本拓也

    福島 ・111 期・A2

    坂本拓也

     今期から1、2班戦に上がって初めて迎える地元戦だ。10月立川で落車した影響は気がかりだが、当所は過去にチャレンジで2度走って2V。今回も期待できそうだ。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    84.16 10 5 3 2 15