KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

いわき平競輪

IWAKI TAIRA KEIRIN

13#

FⅠケイドリームス杯

2.7Tue 8Wed 9Thu

レース展望

渡邉一が快速を発揮

  • 渡辺一成

  • 坂本貴史

  • 香川雄介

自力型がそろったが、スピードは渡邉一成が1枚上だ。昨年はビッグレースで優参こそなかったものの、競輪祭の一次予選2では、寺崎浩の逃げを上がりタイム11秒フラの超速まくりで仕留め、2着以下を4車身千切っている。自力勝負が基本だが、坂本貴史との連係が叶うようなら前を任せるか。その坂本もスピードには非凡なものがある。昨年は8月函館G3を含み3Vを達成した。今年初戦の1月立川記念は1922着と3連対を果たすなど、最近の調子も良好だ。地元の渡邉に前を任されれば強気に攻める。北日本ワンツーは有力。
 競走得点トップの香川雄介も有力な優勝候補。昨年は10月~12月に3回の落車に見舞われたものの、12月小倉の初日特選では、三谷竜のまくりに食い下がり2着。戦える状態にある。竹内翼が先陣を受け持ち、3番手を福島武士が固めればラインも強固。最近の竹内はまくりに頼る傾向が強く、直近4カ月の連がらみの決まり手は9割がまくり。仕掛けがツボはまると中四国勢で上位独占も。
 柔軟性を兼ね備えた自力攻撃が冴えている山岸佳太にも食指が動く。11月大宮でVをゲット、同月富山G3で1171着、12月松戸記念は1255着など、Gレースでも好走している。しっかりしたラインが形成されるようなら怖い。
 上田尭弥、松岡貴久、松川高大とそろった熊本勢も好勝負が見込める。上田がタイミングよく仕掛けて主導権を握れば、熊本勢が優勝をさらっても不思議ではない。

注目選手

  • 大塚玲

    神奈川 ・89 期・S2

    大塚玲

     ここのところ差し脚の伸びがいい。12月小田原121着では久しぶりの優勝をゲットすると、今年初戦の1月取手は141着。決勝は外したものの2勝を挙げている。準決でも好位置占めれば連対望める。

    ■直近4ヶ月成績(*2/6現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    105.52 0 8 1 5 7
  • 中田雄喜

    福島 ・97 期・S2

    中田雄喜

     昨年の後半は鋭い差し脚を披露していて、11月広島では待望のS級初Vを3連勝で飾っている。12月は2場所病欠し、1月もあっせんがないのでレース勘は気になるが、地元戦だけに目が離せない。

    ■直近4ヶ月成績(*2/6現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    108.50 0 4 1 0 1
  • 伊藤慶太郎

    埼玉 ・107 期・S2

    伊藤慶太郎

     落車負傷の影響で調子を落としていたときもあったが、昨年11月あたりから先行力が甦ってきた。直近4カ月の競走得点は100点台までアップ。予選、選抜クラスは連の対象から外せない。

    ■直近4ヶ月成績(*2/6現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    100.90 17 6 5 3 16