KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

いわき平競輪

IWAKI TAIRA KEIRIN

13#

FⅠ

12.14Fri 15Sat 16Sun

レース展望

好メンバーがそろう

  • 山田英明

  • 小倉竜二

  • 新山響平

今年の最終戦を飾るにふさわしい好メンバーがそろったが、中心には山田英明を推す。当所は2年連続オールスターの準決勝で失格しているが、過去にはG3初優出も決めた相性のいいバンク。巧みな位置取りにタテの脚と変幻自在な走りは当所向きで、ここも優勝争いをリードする存在になりそう。小倉竜二は差し脚好調。11月向日町では取鳥雄の番手で優勝するなど、俊敏な動きで好成績を残している。今シリーズは山田に佐々木豪と遠征勢に好目標がそろっているだけに優勝のチャンスは十分にありそう。

先行力なら新山響平だ。9月青森記念は前半戦2日間を逃げ切って連勝したが、後半は勝ちを意識して消極的になって失敗した。その反省を生かしたのが10月寛仁親王牌と久留米記念。8走で7回バックを取り、バックを取ったレースの3連対率は7割超え。今シリーズも積極的な走りができるかどうかが勝負の明暗をわけそうだ。レース堅実な齋藤登志信が新山をマーク。佐藤一伸も地元で決勝に勝ち上がりたい。

松岡健介、村上博幸の近畿コンビも力がある。松岡は今年中盤勝ち切れないレースが続いていたが、仁親王牌の敗者戦で連勝。9月岸和田からF1戦の準決勝は3連勝中だ。ダッシュを生かしたカマシ、まくりの破壊力は健在。ここも迷いのない仕掛けで見せ場を作る。村上は仁親王牌の二次予選で落車し、続く豊橋記念を欠場している。競輪祭までには復帰してきそうだが、まずは復帰後の走りで状態を判断したい。

成清貴之も力のある追い込み型だが、スジの目標が手薄で苦戦を強いられそう。自力では10月千葉記念in松戸で決勝に進出した山岸佳太の走りに注目だ。

注目選手

  • 佐々木孝司

    青森 ・84 期・S2

    佐々木孝司

     9月青森、10月防府とF1戦で2度の優出。調子のよさはバック数の多さにも表れている。はまれば格上相手でも一発ある。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    99.97 15 6 8 1 19
  • 中島将尊

    群馬 ・105 期・S2

    中島将尊

     8月向日町で決勝に進出すると、10月も豊橋、広島とコンスタントに決勝に勝ち上がっている。最近は展開に応じて落ち着いた仕掛けがみられるだけに、上位戦でも軽視できない。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    104.50 7 5 4 2 11
  • 堀僚介

    大阪 ・109 期・S2

    堀僚介

     初のS級では苦戦が続き、4月伊東で落車。7月の復帰直後は大きな着を並べていたが、ここへ来て良化の兆しがみえてきた。10月熊本記念in久留米では2勝を挙げており、穴党注目の一車だ。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    94.59 11 4 1 2 20