わかやま競輪

WAKAYAMA KEIRIN

55#


決勝戦レポート

郡司 浩平(神奈)

郡司浩平が強敵を撃破

 16年最初の西日本地区グレードシリーズとなった和歌山記念。急成長を続ける郡司浩平が、ついに初の記念Vを掴んだ。
 「優勝できて嬉しいですね。父(郡司盛夫)も喜んでくれていると思います。今年の目標は記念で3着以内に入ることだったので、出来過ぎですね。まだ実感も沸かない(笑)。でも、これで次のステップに進めます」
 波乱の連続だった今シリーズ。武田豊樹や山崎芳仁ら強豪が次々と姿を消す中、郡司は奮闘を続けた。初日こそ9着に敗れるも、2次予選は抜群のスピードを見せて快勝。準決勝では果敢に先行して2着に粘り、3度目となる記念決勝のチケットを手にした。そして迎えた決勝戦。稲垣裕之、村上義弘の京都SSコンビに加え、地元勢など強豪が相手。しかし、郡司は冷静にレースを組み立てた。
 「本当は誘導を切らせて、稲垣さんに脚を使わせたかったです。でも、早めに押さえにきたんで対応できなかったですね。そこはしょうがないと思って、落ち着いて。稲垣さんは仕掛けると思ったし、そのスピードをもらえました。(自分の)勢いが良かったんで優勝したと思いましたね」
今年初戦で最高のスタートを切った郡司。目前に迫るビッグも勢い十分で暴れる。
 「勢いが続いて、上積みが望めれば良いですね。記念の決勝とかG1とか、何回乗っても良いなと思います。声援もすごいですし、周りの選手の気迫とか緊張感とか。ある意味楽しいと思えました。そういうところで今後も活躍できるように頑張ります」

 田中晴基は郡司を交わせず準V。しかし、その表情は満足げ。
 「郡司にどうしたい?って聞いたら前からと言われたので、今日は前からの作戦でした。前はどうなってたか分からないし、郡司だけ見て離れないようにと思った。最後も抜くとかじゃなく、まずは行けるところまでって感じ。ワンツーでよかったです」

 東口善朋は地元Vを逃し、無念さをにじませる。
 「残念ですね…。あまり早く番手から行っても持たないし、あそこ(稲垣のまくり)こらえたら後ろの西岡さんも何とかなると思った。しゃーないですね」

 稲垣裕之は地元勢と壮絶な力勝負を演じるも、最後は郡司に優勝をさらわれた。
 「(作戦は)取れた位置からいつも通り。最終ホームで松浦が掬って、西岡が下がってきたので、そこでバックを踏んで仕掛けるタイミングがずれてしまいました。仕方ないですね。稲毛も良いカカりでした。また力を付けてきます」

 気迫の先行を見せた稲毛健太だったが、地元勢からV者を出せず8着に終わった。
 「稲垣さんの突っ張りもあるし、しっかり斬ってあとは後ろに任せて駆けました。東口さんが優勝したと思ったけど、ガッツポーズしてたので郡司か…と。前々に攻めれてるし、また来年ですね」

 初の記念決勝に臨んだ松浦悠士は、上位陣との力の差を痛感した。
 「今日は先行の後ろって考えていました。東口さんが早めに出ればチャンスはあったけど。でも、余裕もなかったし、みんなが強かった。稲垣さんのスピードも違いましたね」

レース経過

 号砲で飛び出した田中晴基が郡司浩平を迎え入れると、周回は郡司―田中、稲毛健太―東口善朋―西岡正一、松浦悠士、稲垣裕之―村上義弘、森川大輔の並び。
 青板バックから稲垣が上昇。森川も続き、松浦も森川後位に切り替える。稲垣は郡司を押さえに行くが、郡司も下げずに応戦。京都勢後位で内に包まれていた稲毛だが、赤板1センターで森川を強引にこじ開けると、2コーナーから仕掛け打鐘前に稲垣を叩いて主導権。稲毛は後方の動きを警戒しながら最終ホーム前からスパート。5番手から稲垣が2コーナーで満を持してまくってくるのに対して、車間を切って待ち構えていた東口も2センターから踏み上げる。東口は稲垣のまくりに合わせ切り、そのまま優勝かと思われたが、後方でじっくり脚を溜めていた郡司が京都勢を追う形でまくり一閃。前団を一気に飲み込んでG3初制覇を遂げた。2着には田中が続いて南関ワンツー。地元勢は東口が3着まで。

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
9 郡司 浩平 25 神奈 99 S1 11.0
2 田中 晴基 29 千葉 90 S1 1/4輪 10.9 S
1 東口 善朋 36 和歌 85 S1 1輪 11.6
7 村上 義弘 41 京都 73 SS 1輪 11.4
3 稲垣 裕之 38 京都 86 SS 1/2身 11.5
5 松浦 悠士 25 広島 98 S1 3/4輪 11.6
4 西岡 正一 38 和歌 84 S1 3/4輪 11.5
8 稲毛 健太 26 和歌 97 S1 11/2身 12.1 B
6 森川 大輔 28 岐阜 92 S1 7身 11.9

▲TOPへ