うつのみや競輪

UTSUNOMIYA KEIRIN

24#


決勝戦レポート

園田  匠(福岡)

園田匠がS班として初V

 神山雄一郎、平原康多が準決勝で散る中、S班として唯一決勝に残った園田匠が威厳を見せつけた。昨年の寬仁親王牌で見せた直線強襲劇の再現に宇都宮のバンクは沸いた。
 「とりあえずホッとしています。今日はS班が一人だったんで自分がメーンだと思って走りました」
 寬仁親王牌を制したあとはプレッシャーとも戦った。今年に入り1月立川記念で優参とスタートは良かったが、その後は決勝にも進むことができず苦しんでいた。それでも自分のスタイルはこれだという走りを貫き通した。立川記念のときにも「S班になって周りの見方も変わってくると思うんですけど、自分らしく走るだけ。それをお客さんも望んでいると思うし、気持ちで走りたいです。今年は結果にこだわって、勝つことにこだわります」と語っていたが、ようやく優勝という結果に結びつけた。
 「金子さんも仕掛けるところで仕掛けてくれたし、スピードをもらう自分向きの展開でした。恵まれ1本ですね。でも、余裕はあったし、自分らしいタテを出せたので。本当に良かったです。今回はタテが出たことが勝てたことより嬉しいですね。最後は空かなかったら無理くりでもいくつもりでした」
 次戦はG1高松宮記念杯。S班として初優勝を果たし、最高の形で園田が名古屋へと乗り込む。
 「この調子を落とさないように維持していきたいです。次のG1で勝負するために」

 佐藤慎太郎は絶好の展開となったが2着に終わり、検車場に引き揚げてくると「チクショー」と悔しさを隠そうとしなかった。
 「悔しいですね。(早坂)秀悟は出切るのに脚を使って最後にタレた。でも秀悟は(和田)真久留があれだけいってるのに、あれを叩いていくんですから。今回で秀悟と呼吸も合わせられたし、また一緒に頑張っていきたいですね」

 橋本強は早坂の踏み出しに千切れるも態勢を立て直し3着に入る。しかし表情は冴えず。
 「早坂君のダッシュが凄くて、今の僕には付いていけなかった。そのあとは流れに乗っただけです。内容はダメですね」

 5番手からまくった金子貴志にもVチャンスはあったものの4着に終わった。
 「良い展開にはなったけどね。踏み込んで良い感じで外を伸びたからいけると思ったけど…。そこは力不足でした。その辺を修正して宮杯に向かいたいです」

 早坂秀悟はあくまでも自分のスタイルを崩さなかった。
 「めちゃくちゃキツかったです。最後はやっぱりタレましたね。でも他の先行選手より形は作ってるんで。今日は悔しいけどもっと練習します。スタイルを崩さず? それが俺なんで」

 地元勢の砦として唯一決勝に残った矢野昌彦だが、無念の7着に。
 「もう少し上手く走れればよかったんですけど、結局立ち遅れてしまいました。単騎は難しいですね」

 和田真久留は南関勢の先頭として早坂と力勝負するも、結局叩かれシンガリ負けに。
 「金子さんに斬られてちょっとパニックになってしまいました。あの並びで汲み取ってくれるかなと思ったけど甘かったですね。宮杯までは時間もあるので見つめ直していきたいです」

 

レース経過

 号砲が鳴ると佐藤慎太郎が飛び出し、金子貴志がこれに続く。初手の並びは早坂秀悟-佐藤-橋本強、金子-園田匠、和田真久留-石井秀治-五十嵐力、矢野昌彦の順で並ぶ。
 レースが動いたのは赤板から。和田が上昇していくと早坂が車を下げ、誘導の後ろが入れ替わる。すると、これに続いた金子が打鐘で叩いて先頭に躍り出る。金子は後ろを見ながら流していると、すかさず早坂が後方からカマして主導権取りに出る。負けじと和田も3番手から出ていき踏み合いに。しかし、ダッシュで優った早坂が、3番手の橋本を千切って2車で主導権を握った。早坂は軽快に逃げるなか、和田を捨てた石井が前との車間を詰めていくが、追い付いた所で脚はいっぱい。一方、佐藤は4角ハコ回りの絶好の展開から追い込んでいく。しかし、園田がS班の意地を見せた。2センター過ぎ、金子が車を外に回すと園田は内を踏み、直線で中のコースを強襲。鋭く突き抜け優勝した。佐藤は惜しくも2着。橋本は9番手から園田のコースを辿って3着に入る。

 

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
2 園田  匠 34 福岡 87 SS 13.9
1 佐藤慎太郎 39 福島 78 S1 1身 14.7 S
9 橋本  強 31 愛媛 89 S1 微差 13.8
7 金子 貴志 40 愛知 75 S1 1輪 14.1
5 早坂 秀悟 30 宮城 90 S1 3/4身 14.9 B
3 石井 秀治 37 千葉 86 S1 1/4輪 14.5
4 矢野 昌彦 34 栃木 91 S1 3/4輪 14.0
6 五十嵐 力 37 神奈 87 S1 3/4輪 14.5
8 和田真久留 25 神奈 99 S1 大差 18.4

▲TOPへ