うつのみや競輪

UTSUNOMIYA KEIRIN

24#


決勝戦レポート

佐藤慎太郎(福島)

佐藤慎太郎が7度目の記念制覇

 「とにかくうれしい。記念なんかなかなか勝てないからね。(11年6月)高知以来。前も500(バンク)だね」
 検車場に戻ってきた佐藤慎太郎は満面の笑みで喜びを表した。
 小林大介が先行し、北津留翼が絶好の3番手となった。そこから近畿勢が仕掛ける前に北津留は先まくり。理想的な展開になった。
 「作戦は前から攻めたいという気持ちがあった。前を取って動かしてからという。だから早めに押さえにいった。そうなれば前を取ったのと変わらないから。(小林)大介にヤル気があったね。近畿がすんなりになれば他の選手にチャンスがないから。ノリ(飯嶋則之)が俺のところに飛び付こうとして凌げたし、俺の後ろに入ったのも見えた。だからあとは中を割られないようにだけ気をつけた」
 即席タッグとなった北津留や初日特選、優秀で走った小松崎大地への感謝も口にした。
 「今回は(北津留)翼のデキが良かった。前日からの流れもあったし。他の地区の僕が付いたのにありがたいですね。普段は敵なので、今後は良いライバルとしてやっていきたい。今日で言えば翼、それまでは(小松崎)大地も頑張ってくれた。ラインを大事にしないといけない」
 佐藤の目は更なる先を見据える。
 「今後はG1も勝ちたい。G1を獲りたいという希望です。今の競輪は勝たないと印象に残らないし、評価されないから」
 来月の18日から始まる高松宮記念杯、さらには7月の寬仁親王牌へ向けて、佐藤の再進撃が始まる。

 3番手の好位から先まくりを打った北津留翼は最後佐藤に交わされ、07年11月以来の記念Vとはならなかった。
 「力がなかったですね。限界でした。でも上の人たちと走って2着だったし、後ろの(佐藤)慎太郎さんが勝ってくれたので。最後は持久力勝負で慎太郎さんの方が一枚上でした。別府(全プロ)からいったら、8か9着のオンパレードかと思ったけど、二次予選の森山(智徳)さんの走りで気持ちが入りました。森山さんの分もという気持ちで走りました。それが昨日、今日の結果につながりました」

 2センターから踏み込んだ松岡健介に乗った稲川翔は直線鋭く伸びたが3着が精いっぱい。
 「レース展開は予定とは違いましたけど、その中で判断できるのが近畿の選手の強みだったんですけど。チャンスを作りたかったけど、作れませんでしたね。見せ場を作らないとダメでしたね。状態はまだまだやし、修正できるところがあるのは収穫です。宮杯に向けて状態を上げていきたいです」

 地元の飯嶋則之は8着に終わった。
 「小林さんの気持ちに応えられなかったし、残念でした。良い心の気持ちで走れました。地元で勝ちたいという気持ちで走れたのは収穫です。勝ちパターンが少ないので、しっかりと脚をつけてそこを今後の課題にしていきたいです」

 男気先行を見せた小林大介だが、シンガリ負けに。
 「優秀のレースもあってモヤモヤしてた。神山(雄一郎)さんに任せてもらえたのに不甲斐ない競走をしてしまった。それでも今日も飯嶋が付いてくれたし、先行する気持ちが強かったです。飯嶋に迷惑かけたし、申し訳ないです」

 村上義弘も稲川を追うが4着まで。
 「(小林に)気合負けしました。(逃げるのは)さすがの判断ですね、やっぱりG1の決勝に乗る選手ですから」

 

レース経過

 号砲で稲川翔、北津留翼が飛び出し、稲川が正攻法を確保。最内の飯嶋則之はきっちりと中団を確保すると、スタートを取りに行った北津留は後方に。周回は松岡健介―稲川―村上義弘―児玉広志―小林大介―飯嶋―萩原孝之―北津留―佐藤慎太郎の並び。
 赤板ホームから上昇した北津留は正攻法の松岡にフタをして、小林の動きに合わせて打鐘で誘導員を下ろす。叩いた小林は一度ペースをスローに落としたが、4コーナーから徐々にペースアップ。6番手の松岡に動きがなく、これで北津留は絶好の3番手回りとなる。北津留は松岡の仕掛けを待たずに2コーナーから先まくり。小林後位から飯嶋も合わせて踏み込んだが、番手の佐藤がきっちりしのいで北津留に続くとゴール前で北津留をとらえて11年6月の高知以来となる4年ぶりの記念制覇。まくった北津留は2着で即席ラインでワンツーが決まる。2センターから外に持ち出した松岡に乗った稲川が直線鋭く伸びて3着に突っ込んだ。
 

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
3 佐藤慎太郎 38 福島 78 S1 14.1
4 北津留 翼 30 福岡 90 S1 1/4輪 14.2 B
2 稲川  翔 30 大阪 90 SS 1/2身 13.7 S
9 村上 義弘 40 京都 73 SS 1/2身 13.7
7 松岡 健介 37 兵庫 87 S1 1/4輪 13.9
5 萩原 孝之 37 静岡 80 S1 3/4輪 14.1
8 児玉 広志 45 香川 66 S1 1/4輪 13.6
1 飯嶋 則之 36 栃木 81 S1 タイヤ 14.2
6 小林 大介 37 群馬 79 S1 大差 17.5

▲TOPへ