とよはし競輪

TOYOHASHI KEIRIN

45#


決勝戦レポート

芦澤 大輔(茨城)

芦澤大輔が今年2度目の記念制覇

 「僕は何もしてないです。回っている位置が良かっただけ」。こう謙遜する芦澤大輔だが、チャンスをしっかりモノにして、9月青森以来、通算3度目の記念制覇を果たした。
 決勝は地元のエース深谷知広、浅井康太の中部SSコンビに対し、西の不動會トリオの激しいぶつかり合いになると思われた。しかし、蓋を開ければ、強敵にも臆せず攻めた吉澤純平が軽快に風を切ると、芦澤は絶好のハコ展開。最後は、3番手の小埜正義をすくって直線で伸びてきた大塚健一郎を凌ぎ優勝を飾った。
 「茨城は2車なんで、僕が早めにいっても中を割られるだけ。吉澤君を舐めるようにいきましたね。正直、今開催は仕上がってなくて、良い状態とは言えなかったです。勝たせてもらっただけですね」
 苦しい状態の中での勝利。喜びを噛み締めるとともに、後輩の成長にも期待を寄せる。
 「純平は、逃げた方が固いと腹を決めていましたね。すんなりの展開にできたのは、あいつの実力だと思います。3着に残ったことも嬉しいですね。今後は茨城勢で盛り上がってくると思うんで、僕もその一員になってトップ争いができれば」
 次走はいよいよ競輪祭。中3日での過密スケジュールだが、勢い十分で大舞台へ挑む。
 「ここで優勝をしたからには、競輪祭でも注目をされると思います。G1で結果を出すことがステップだと思うので、明日から切り替えて、また頑張りたいです」

 大塚健一郎は目標不発の展開から俊敏な動きで優勝を狙ったが、あと一歩及ばす準V。
 「深谷君が強いからどうなるかと思ったけど、小川(勇介)君が頑張ってくれたんで、僕にチャンスが生まれました。最後の判断は迷いましたね。(勝てないのは)実力です。もう少し感覚を戻していかないと」

 芦澤を優勝に導いた吉澤純平は、3着に踏みとどまり、来年の競輪祭行きのチケットを手に入れた。
 「初日にヤラれているんで、先行しかないと思っていました。駆ける位置をギリギリまで引き付けて。あとは全開で駆けましたね。これで来年の競輪祭の権利を取れたんで(G1でも)頑張りたい」

 人気を集めた深谷知広だったが、スピードが合ってしまい、外に浮いて不発。「またイチから頑張ります」と語るが、今開催の走りは完全復活の予兆とも感じとれる。また、連係した浅井康太も「(展開とかは)関係ないです。とにかく次を頑張ります」と競輪祭に向けて気持ちを切り替えた。

 最終2コーナーから反撃に出た小川勇介だったが、伸びを欠き8着に終わる。
 「緩めば一回叩けとは言われていたけど、吉澤君が強かった。僕はホームで脚にきていました。きつかったですね。もう少しセッティングを煮詰めれば車が進みそうだけど…」

 初手で茨城コンビに付けた小埜正義は選択が的中。しかし、勝負所で大塚に内をすくわれ万事休す。
 「芦澤にブロックをもらっちゃうんで、まくり追い込みでいこうと思っていたら、内をすくわれてしまいました。スキルの差ですね。勝負圏を回れて、ドキドキしたけど、弱い」

レース経過

 号砲で最内の深谷知広が、ちゅうちょなく飛び出し前受け。深谷に浅井康太―柏野智典の追走。以下の隊列は、小川勇介―大塚健一郎―渡部哲男、吉澤純平―芦澤大輔に単騎の小埜正義で周回を重ねる。
 青板の4コーナーから吉澤が上昇を始めると、赤板で深谷が誘導を降ろしてから下げる。押えて先行態勢の吉澤に芦澤、小埜まで出切り、中団に小川ラインがスイッチして深谷は7番手。打鐘手前で4番手から小川が一度は踏み込むが、再び中団に収まり結局は一本棒。吉澤がそのままペース上げて最終回へ。
深谷は最終ホームから巻き返して出るが、逃げる吉澤の掛かりが良く1、2車しか進まない。浮いた深谷はあっさりと後退し終了。今度は小川が2コーナーからまくって出るも、伸びは一息でバックで不発。切り替えた大塚は、一瞬の隙を突いて小埜をすくって外に弾いて直線へ。
逃げる吉澤の番手で願ってもない流れとなった芦澤が、満を持して追い込み優勝。猛追の大塚は2着まで。吉澤が踏ん張って3着。

 

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
3 芦澤 大輔 33 茨城 90 S1 12.4
7 大塚健一郎 38 大分 82 S1 3/4輪 12.2
8 吉澤 純平 30 茨城 101 S1 3/4身 12.7 B
2 渡部 哲男 35 愛媛 84 S1 1/2輪 12.2
6 小埜 正義 34 千葉 88 S1 1輪 12.5
5 浅井 康太 31 三重 90 SS 1/2輪 12.1
9 柏野 智典 37 岡山 88 S1 11/2身 12.2
4 小川 勇介 31 福岡 90 S1 2身 12.8
1 深谷 知広 25 愛知 96 SS 大差 14.2

▲TOPへ