たまの競輪

TAMANO KEIRIN

61#


決勝戦レポート

パーキンス()

パーキンスが追い込んでV

 輪界の歴史に新たな1ページが刻まれた。初めて外国勢が参加したG3開催は、シェーン・パーキンス(写真)がチャンスをモノにして制覇。グレードレースでは外国人選手として初の優勝者となった。
 「(優勝できて)言葉にならないですね。実感がわくまでに時間がかかると思う。ブフリがすばらしいスパートをしてくれて、良いポジションにいられたので勝てました。日本の競輪には本当に感謝しています。競輪で100勝したし、ワールドステージ、そしてG3も勝って夢のようですね」
 決勝は今シリーズ初の番手戦。しかし、来日7回目だけに、きっちり日本の競輪に順応してみせた。
 「(レース前は)いろいろなプランを立てたが、渡邉(一成)や武田(豊樹)など沢山良い選手がいるので。ブフリの番手から日本の競輪で培ったもので、どのライダーが来るのか見て仕事をしました」
本業の競技では、リオ五輪の出場を逃して希望を失った。しかし、日本の競輪が新たな夢を与えてくれたとパーキンスは話す。
 「すごく嬉しいと思うことがあった。オーストラリアではチャンピオンになったけど、リオに参加できなくて残念だった。でも、日本に呼んでもらえて、G3を勝つっていう夢を与えてくれて感謝しています」
 強敵相手に完全Vと、来日初戦で好スタートを切った。今後も世界トップレベルの走りで旋風を巻き起こしていくだろう。
 「良いスタートが切れて良かったです。このあとはすぐに四日市でレースがある。休憩できないけど、良いレースができれば」
 輪界のスター達をことごとく跳ね返した外国勢。日本人には世界との実力差を痛感させられたシリーズだった。

 伏見俊昭は渡邉の番手から追い込んで意地の準V。しかし、アテネ五輪メダリストでも世界トップレベルのスピードに驚きを隠せない。
 「一成の展開になったと思ったけど、あの上を行くんですね。絶対に行かれないと思ったんだけどね。決まったかと思ったけど、気づいたら(外国勢が)横にいた。しびれました」

 マティエス・ブフリが3着。驚愕のスピードで別線を一掃と日本勢に衝撃を与えた。
 「一成はスピードがあるので、パスしたらびっくりさせられると思ったので仕掛けました。でも、スピードを出しすぎて、もたないかと思いましたね。3着でびっくりしている。良い結果でした」

 S班の武田豊樹は、日本勢の意地を見せられず無念の表情。
 「ああいう動かないレースは日本じゃ絶対ない。対応できなかったし、人任せになってしまいました。もうちょっと何かしたかったですね」

 渡邉一成はブフリとのスプリント勝負に挑んだが、リオ五輪の銀メダリストに敗北して7着。
 「(あの展開は)予想していたけど、動いてくれればラッキーでしたね。(ブフリの)ダッシュはさすが。合わせきったと思ったら、さらに伸びました。結果論ですけど、2テンポ早く踏めば、合わせきれたと思う」

 原田研太朗も不本意なレース内容に悔やむ。
 「爪あとを残したかったけど、しょうがないですね。あの展開になって中団だしいいかなと。上がり10.6秒で9着です」

レース経過

 短期登録選手制度により来日した外国勢が初めてG3に参戦。決勝もそのパワーとスピードを見せつけた。

 号砲で内枠の日本勢3人が素早く出て、渡邉一成が前受け。これで、前から渡邉ー伏見俊昭ー和田圭、武田豊樹、原田研太朗ー岩津裕介となり、ブフリーパーキンスー北津留翼は後攻めに。動きなく赤板を過ぎ、渡邉が後方を警戒しだすが、ブフリはまだ仕掛けない。打鐘2センターまで来たところでブフリは一気に踏み出す。合わせて渡邉もスパートするが、ブフリは2角で渡邉を叩き切った。北津留は踏み出しで離れていて、ブフリ―パーキンスの2車で出切り、渡邉がパーキンスの内で踏み止めず抵抗する一方で、3番手にすんなり伏見が続く態勢に。前は踏み合いで息が入らない展開となるが、武田、原田も動けず。直線に入り、背後から伏見が迫るのを確認したパーキンスがゴール前鋭く抜け出してV。2着に伏見、3着にはブフリが粘った。

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
6 パーキンス 29 999 S2 10.8
7 伏見 俊昭 40 福島 75 S1 1/2身 10.8
8 ブフリ   23 999 S2 1/2身 11.0 B
9 和田  圭 30 宮城 92 S1 1/2輪 10.7
1 岩津 裕介 34 岡山 87 S1 1/2身 10.3
2 武田 豊樹 42 茨城 88 SS 1/2輪 10.6
3 渡邉 一成 33 福島 88 S1 1身 11.1 S
4 北津留 翼 31 福岡 90 S1 1/8輪 10.8
5 原田研太朗 26 徳島 98 S1 1/2身 10.6

▲TOPへ