たけお競輪

TAKEO KEIRIN

84#


決勝戦レポート

浅井 康太(三重)

浅井康が記念2V

 松阪記念は腰痛で当日欠場し、全プロ記念も見送り。高松宮記念杯を見据えて強行出場した浅井だったが、今回ばかりは厳しいと誰もが思ったはず。しかし、蓋を空けてみれば見事優勝。さすがの本人も「恵まれました。まぐれです」と驚きを隠せない。「今回は万全の状態ではなかったし、ラインのおかげ。二次予選は自力を出したけど、昨日(準決勝)も番手回りだったし、ラインのおかげで決勝に乗れた感じなので。キツいレースになるとは思ってたけど、深谷はいつ行くか分からないし、打鐘からキツかった。最後、金子さんを抜けたのは大きいですね」。
 次は高松宮記念杯。今の置かれた状況から強気なことは言えないが、SS班としての責務は全うする覚悟だ。
 「今はとにかく腰をもうちょっと治さないといけないし、もっと自力の脚をしっかり付けないと。マークの番組のときはそれはそれでいいけど、僕はマーク屋ではないので。自力でもしっかり勝ち上がれるように」

 自力に転じた金子は最後に交わされ惜しくも準優勝。
 「深谷が良い感じで踏んで行ったんで3人で決まったかと思ったんですけどね。平原は強い。あれは普通合わせられないですよ。深谷があれだけ行ってくれたんで、僕も行ける所までと思ったけど最後脚は一杯でした。浅井は余裕がありそうだった。調子良くないと言ってたのにね(笑)」
 3着争いは横一線。小倉が直線鋭く伸び、微差で表彰台入り。
 「(荒井が)合わされたね。でもよく行ってくれましたよ。僕はそこから1着までは厳しいと思ったけど、何とか3までと思って必死だった」
 その荒井は「若手に見せ場は作れたかな」と満足げ。「不意打ちのカマシかイン粘りと思ってたけど、深谷が前を取った時点でカマシしかないと。平原を潰したけど、脚はもう限界だった」。
 深谷は思い切ってカマしたが力及ばす。
 「このメンバーだと後ろ攻めは厳しいので、前を取って勢いをもらってからの方がいいと。荒井さんが切ってくれると思ったんで、出切ったらそれ目掛けて行こうと思ってたけど…。それでもタイミングがあったんで出切れると思ったけど、平原さんが強かった。ラインから優勝者が出てワンツーだったので、3着には入りたかったけど最低限のことはできたと思います」
 さすがの平原も金子までは合わせ切れず。
 「打鐘で緩んだし、あそこまで流してたら駆けますよ。僕だって先行を考えてない訳ではないので。深谷を合わせ切って和田君が来るかと思ったら金子さんだった。あそこまでは無理です」
 和田は打鐘での判断ミスが致命傷に。
 「打鐘でミスりました。切らせるのを遅らせようと思って流してたら(平原に)行かれてしまった。あれがなかったらあそこから踏んで、深谷さんが来たのに合わせようと。後ろ攻めだったので、その作戦しかなかった」

レース経過

 号砲が鳴ると金子貴志がスタートを取って、前団に深谷知広―金子―浅井康太が構える。以下の隊列は荒井崇博―小倉竜二、平原康多―稲村成浩、和田真久留―岡部芳幸で周回を重ねる。
赤板手前から8番手の和田が上昇を始めて1コーナーで先頭に立つと、深谷は下げる。和田がペースを落とすと、和田ラインに続いた平原がその上を押さえて打鐘。すかさず荒井も仕掛けるが、平原が突っ張り先行。荒井は3番手に収まり、小倉が続く。打鐘の4コーナーから踏み込んだ深谷が、前団に襲い掛かり最終回へ。
 先行策に出た平原は、深谷を合わせ切って主導権をキープ。外に浮いた深谷が後退すると、今度は金子が2コーナーからまくって出る。逃げる平原を金子が、好スピードでとらえて浅井も続く。3番手以下は大きく離れて、両者でのマッチレース。押し切り図る金子を、浅井がゴール寸前でとらえて優勝。2着に金子。離れた3着争いは平原を利した稲村と後方から強襲の和田を抑えて、小倉が荒井マークから差し脚を伸ばし3着。

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
7 浅井 康太 30 三重 90 SS 11.1
3 金子 貴志 39 愛知 75 S1 3/4輪 11.3 S
4 小倉 竜二 39 徳島 77 S1 5身 11.2
5 稲村 成浩 43 群馬 69 S1 微差 11.6
8 和田真久留 24 神奈 99 S1 1/4輪 11.2
2 平原 康多 32 埼玉 87 SS 1/2身 11.8 B
1 荒井 崇博 37 佐賀 82 S1 3/4身 11.5
6 岡部 芳幸 44 福島 66 S1 1身 11.2
9 深谷 知広 25 愛知 96 SS 大差 13.7

▲TOPへ