たかまつ競輪

TAKAMATSU KEIRIN

71#


決勝戦レポート

深谷 知広(愛知)

深谷知広が記念3連覇

 深谷知広の昨年12月伊東記念から続く記念3連覇、そして高松記念3度目の優勝は浅井康太との信頼関係によってもたらされた。
 「キツかったですね。余裕はなかったんですけど、早めに踏み直して、あとは浅井さん任せ。後ろを見る余裕はなかったけど、すんなり通過される選手じゃないんで信頼していました」
 昨年は浅井と連係してもワンツーは数えるほど。しかし今年に入ってからは決勝まで4回連係し、3回ワンツーと浅井も大事にする中部の絆がしっかりと現れていた。
 「優勝できるとは思わなかったです。本当に浅井さんのおかげです。自分が先行してこういうレースを引き出せるように」
 これでもう完全復活といってもよさそうだが、それは次の全日本選抜を制したときまでとっておこう。そのときが平成の怪物・深谷の本当の完全復活だ。
 「競輪祭が終わって体調を崩して。それで一から練習をやり直しました。それが結果として出ていると思います。全日本選抜までほとんど日にちはないですし、今から上積みもそうないと思うので調整だけ。一戦一戦今の位置をキープしていければ、年末のグランプリも出れると思うので、年末出れるように。まずは次のG1に向けて。G1優勝できるように、また一戦一戦頑張ります」

 惜しくも記念初優勝を逃した山田英明だが悔しさより充実感の方が上回った。
 「悔いはないです。いい位置を回れました。村上さんがどういう走りをするのか勉強しようと思って、だいたいあの位置に行こうと思ってました。記念の決勝2着で自分の記録も更新しましたし、嬉しいですね。レースにも自信を持って臨めたし、走る前から気持ちも入っていました。次に繋がる開催になったし、全日本でもしっかりと戦えると思います」

 中割りを狙った南修二だが惜しくも3着に終わる。
 「あまり作戦もなかった。流れも良かったし、あとは行ききれるかどうかでした。内か外かうまくいけば突き抜けられるかなと。まあ脚がなかったですね」

 最終バックから村上義弘と壮絶な競り合いとなった浅井康太は4着にも清清しい表情。
 「しっかりとレースができました。村上さんが3番手に入っているのは分かってました。村上さんとしっかりぶつかりあえたし、感じ的にはよかったです。また次頑張ります」

 6着となった村上義弘もレース後、笑みが見られるなど浅井と同様、やりきった表情を浮かべた。
 「精一杯やりました。(南)修二も付いているし、前へ前へ進んでいこうと。気持ちも前にいけました。叩かれたあともう一度まくりにもいけたし、自分のレースはできたと思います。最強の深谷の強さをまた感じましたし、深谷にしがみついていきます」

 地元の池田憲昭は5着で地元勢の優勝はまたしても次回以降にお預けとなった。
 「行ったと思ったけどね、研太朗は。思ったより余裕はあったんですけど、コースがなかったです」

レース経過

 号砲で浅井康太がゆっくり出て、深谷知広を迎え入れる。深谷-浅井-有賀高士の中部勢が前団、原田研太朗-池田憲昭の地元コンビで中団を形成、後方に村上義弘-南修二の近畿コンビ、単騎の山田英明、石井秀治がこれに続く形で周回を重ねる。
 青板周回のバック過ぎから村上が上昇。前受けの深谷はすんなり車を下げて、村上が赤板前に誘導員の後位に収まる。単騎の2人が続いて、中団に原田、7番手まで下げた深谷は打鐘前の2コーナーから一気に巻き返す。これを確認した村上は懸命に抵抗するも、深谷が強引に叩いて主導権を握る。3番手の有賀を南が外に弾き、叩かれた村上は3番手で態勢を立て直す。最終2コーナーから村上がまくり上げると、浅井がこれをブロック。しかし、村上も持ちこたえて両者で激しくからむ。そのまま4コーナーを迎えると、2センターで内を突いた山田が浅井を飛ばして追い込み、さらに南も中割り強襲。ゴールは深谷、山田、南の3車で大接戦。後続の追撃を僅差で振り切った深谷が記念3連覇を達成した。

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
5 深谷 知広 26 愛知 96 S1 11.9 B
7 山田 英明 32 佐賀 89 S1 1/8輪 11.5
9 南  修二 34 大阪 88 S1 微差 11.7
1 浅井 康太 31 三重 90 SS 3/4輪 11.8
4 池田 憲昭 33 香川 90 S1 1身 11.5
3 村上 義弘 41 京都 73 SS 1/8輪 12.0
2 原田研太朗 25 徳島 98 S1 タイヤ 11.7
8 石井 秀治 36 千葉 86 S1 2身 11.5
6 有賀 高士 46 石川 61 S2 4身 12.0

▲TOPへ