たちかわ競輪

TACHIKAWA KEIRIN

28#


  • FⅠ
  • 2.13Tue 14Wed 15Thu

次回開催
F1
3/29 ・30 ・31

レース展望

実力互角で大混戦

山本伸一

佐藤博紀

池田勇人

 全日本選抜直後の開催でトップクラス不在。どこからでも狙えるが、ここに来て調子を上げてきた山本伸一に首位期待した。12月佐世保記念で準決まで駒を進めると、同月小倉、1月別府は決勝に進出している。昨年は7月高松で大竹歩、8月小倉では元砂勇を利してVをゲット。今節も岡崎智哉との連係が叶うようなら、展開の利を得られる可能性もある。

 佐藤博紀、内藤宣彦の北勢を重視する手もある。10月千葉で記念初Vを達成した後は、成績に波がある佐藤だが、自慢のスピードは一級品。しぶとい内藤の援護で主導権を握れば北勢でワンツーもありうる。

 自力攻撃の破壊力なら池田勇人も引けを取らない。最近の動きは今一つの感はあるものの、昨年は3Vを飾っている。好発進を決め他の自力型を沈黙させても不思議ではない。

 12月岐阜で優勝した森川大輔も軽視できない。展開がもつれるようだとまくり一発も。

注目選手

  • 才迫開
    広島・101期・S2

    才迫開

     相変わらず成績には波があるものの、12月大宮の準決は大竹歩、嶋津拓らを相手に逃げて2着に粘った。仕掛けがツボにはまった時の自力攻撃は破壊力抜群だ。

    ■直近4ヶ月成績(*01/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    98.67 8 12 3 2 20
  • 鈴木謙太郎
    茨城・90期・S2

    鈴木謙太郎

     肉体を改造中で、ここ5場所は決勝に乗れていないものの、6勝を挙げているようにスピードは悪くない。同格戦はアタマで狙えるし、準決でも一発の魅力を秘めている。

    ■直近4ヶ月成績(*01/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    101.67 7 7 4 3 14

▲TOPへ