たちかわ競輪

TACHIKAWA KEIRIN

28#


  • FⅠ
  • 3.29Wed 30Thu 31Fri

次回開催
F2
4/16 ・17 ・18

レース展望

新山響平がレースを支配

新山響平

木暮安由

園田匠

 全国から強豪が集い大激戦だが、新山響平に期待したい。昨年は7月函館で記念初Vを達成。4日制の記念最速Vを塗り替えると、2度目のG1となった競輪祭で決勝に進出。着実にエリート街道を歩んでいる。ヤンググランプリでは落車の憂き目も、怪我明けとなった1月平記念を優出と状態に不安なし。決勝でも力強い走りで渡邉一のVに貢献した。ここも自慢のパワーで別線を完封する。番手は佐藤友和。1月前橋で落車したが、軽症ならチャンス。後位から援護し、ゴール前勝負に持ち込む。


 関東勢も侮れない。中心の木暮安由は、今期に入って絶好調。初戦の和歌山記念は俊敏な走りで3814着。続く地元の前橋でも、一番時計でVと仕上がりの良さが光った。神山雄一郎は元気のない近況も、底力あるだけに軽視禁物。関東は地元の河村雅章もと層が厚い。


 園田匠も怖い。1月平記念では1213着と好走。初日から『らしい』走りで白星を挙げると、準決でも山田英の仕掛けに乗ってアタマ。持ち前のキメ脚が冴えわたっている。同門の小川勇介が優出なら目標になるが、今のデキならゲリラ戦でも逆転十分。


 金子貴志もV候補の一人。昨年はG1を3度優出と流石の安定感。中近で川村晃司と連係しそうだが、1月豊橋で先行するなど自力もまだまだ健在だ。


 南関勢は1月平記念を準Vなど復調急の松谷秀幸に、中村浩士の強力タッグ。さらに、1月防府で落車した渡邉雄太が出走なら、本線にも十分対抗できる。

注目選手

  • 櫻井正孝
    宮 城・100期・S 2

    櫻井正孝

     12月当所GPシリーズでは、勝ち上がり規定で予選敗退も312着。すると、続く千葉116着、防府139着と復調気配が漂う。今シリーズは要注意だ。

    ■直近4ヶ月成績(*05/30現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    106.83 3 8 4 4 8
    勝率 2連対率 3連対率
    33.3 50.0 66.6
  • 伊早坂駿一
    茨 城・105期・S 2

    伊早坂駿一

     A級で11V、43勝の実績を引っさげて、今期からS級に初挑戦。初戦の千葉では598着と叩いてしまったが、主導権を握るなど積極的な姿勢は見せた。

    ■直近4ヶ月成績(*05/30現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    96.42 14 6 3 2 8
    勝率 2連対率 3連対率
    31.5 47.3 57.8
  • 小笹隼人
    京 都・105期・S 2

    小笹隼人

     ヤンググランプリでは巧みな位置取りから直線で伸びてあわやの準V。続く松山記念初日でも、好位確保からまくって白星と着実に力を付けている。一発には警戒したい。

    ■直近4ヶ月成績(*05/30現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    96.55 7 1 2 1 16
    勝率 2連対率 3連対率
    5.0 15.0 20.0

▲TOPへ