せいぶえん競輪

SEIBUEN KEIRIN

26#


決勝戦レポート

藤田 竜矢(埼玉)

ラインの力で藤田竜矢が地元記念制覇

 5車でも迷うことなくひとつになった関東勢。地元作戦がズバリと決まり、藤田竜矢が導かれるように優勝を遂げた。今シリーズの動きが際立っていた吉田敏洋に、浅井康太が付ける中部の強力タッグ。その中部コンビを向こうに回して、数的に有利な流れを作って上位独占を果たした。
 吉田の反撃の芽を摘むように、池田勇人が絶妙なハイペースを演出。それでも吉田が強引に迫り来ると、今度は平原康多が最終ホームから番手発進。藤田はただただ追走に専念した。
 「僕はあんまり口を出さずに、前の2人に任せてました。前も後ろもいつもお世話になっている後輩たちだったんで。あとは平原の後輪だけを見ていた。池田が行ってくれたけど、吉田さんもこんなところで来るのかっていう感じだった」
 平原の番手まくりで外に浮いた吉田が力尽きて後退。後ろを固めた芦澤大輔までが続くが、山口貴弘は遅れて稲垣裕之がその後ろに入るが前までは遠い。直線に入って藤田が、あとは平原を抜くだけだった。
 「(平原を)抜けないと思った。自分の脚が回らなくて…。3(着)までに入れれば御の字と思っていたんで、まさか優勝できるとは。後輩たちのおかげです」
 直線半ばで平原に並ぶと、渾身の追い込みでV。念願の地元記念優勝を飾った藤田だが、今シリーズを迎えるまでの直近のF1の3場所を未勝利。2度の準決進出失敗から考えると、神がかったドラマティックな走りだった。
 「また、普通の選手に戻ります(笑)。次の予選を突破できるように、一戦、一戦集中していきます。今回は調子が良かっただけなんで、これを続けていけるように」
 2班だけに初日は予選スタートを強いられそうな、次回5月4日からの京王閣F1。藤田は記念Vにもおごることなく、いつもの笑顔でただ優勝をかみ締めるのだ。

 地元勢の後ろを固めた芦澤大輔が、藤田に流れ込んで2着。例によって静かに口を開いて地元勢をたたえる。
 「埼玉勢の気持ちの強さですね。平原も今日は気合が違っていた。池田のおかげだし、回してくれた山口さんのおかげ。ただ、吉田さんのあのスピードは振れないから、対応しきれなかった。あとは浅井だけには降りてこられないようにと思ってました」

 準決では土屋壮登の番手からまくって出た平原康多だったが、その上を吉田にねじ伏せられて完敗。その準決を糧に決勝ではちゅうちょせず番手まくりを敢行。ゴール前ではわずかに粘りを欠いて3着も、ラインでの上位独占は納得だろう。
 「地元でみんながいいレースしたし、結果良かったです。自分は3日間ヘボいレースが多くて…。吉田さんが強いんで、昨日みたいにちゅうちょしてしまうとと思って。今日は5人いるってことを頭において発進しました」

 単騎の稲垣、吉本卓仁は8、9番手。6番手の*吉田敏洋は無理やり仕掛けるタイミングを作り出して、打鐘の4コーナーから力任せに踏み込むが不発。
 「昨日のことがあるから、同じ位置から仕掛けても出られないと思った。今日は平原の前(池田)の力が昨日と違った。案の定、平原が出ていったけど、今後に向けては収穫があった」

 単騎でのV獲りにかけた稲垣裕之だったが、中部勢の後ろから最終バック手前で切り替えての4着まで。
 「単騎でできることは限られているし、勝つレースをすることが単騎なので。あれで最終2コーナーで外を踏めなかったのが…。平原の加速がすごかった」

レース経過

 稲垣裕之が勢い良く出てスタートを取り、後ろは吉田敏洋ー浅井康太、吉本卓仁、池田勇人ー平原康多ー藤田竜矢ー芦澤大輔ー山口貴弘の順で並んだ。
 レースが動いたのは青板周回の2センターから。池田が上昇して前を押さえると、合わせて踏んだ吉田が中団を確保。引いた稲垣は8番手となり、吉本が最後尾となる。赤板を通過し、先頭の池田は2コーナーからペースを上げてトップギアへ。打鐘が入り、池田がフカして逃げるなか、吉田が車間を詰める勢いを利用して早めに巻き返していく。最終ホームを通過し、吉田が迫ってくると、平原は外に振ってから番手まくりを敢行。吉田も抵抗していくがバックで力尽き、浅井も一緒に後退していく。これで勝負あり。平原は懸命にゴールを目指していくと、直線で藤田が抜け出して3年ぶりの記念Vを遂げた。続いた芦澤が2着で、平原は3着。稲垣は最終バックで山口の前に割り込んだが、流れ込みの4着に終わる。

 

 

 

 

 

 

 

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
6 藤田 竜矢 36 埼玉 88 S2 11.5
5 芦澤 大輔 34 茨城 90 S1 3/4輪 11.4
2 平原 康多 33 埼玉 87 SS 1/4輪 11.6 B
7 稲垣 裕之 38 京都 86 SS 3/4身 11.3 S
8 山口 貴弘 38 栃木 84 S2 3身 11.6
1 浅井 康太 31 三重 90 SS 1/2身 11.8
9 吉田 敏洋 36 愛知 85 S1 1身 12.0
3 吉本 卓仁 32 福岡 89 S1 3/4身 11.7
4 池田 勇人 30 埼玉 90 S1 大差

▲TOPへ