せいぶえん競輪

SEIBUEN KEIRIN

26#


決勝戦レポート

武田 豊樹(茨城)

武田豊樹が今年3度目の記念制覇

 関東ゴールデンコンビはやはり強かった。直線勝負を制したのはグランプリ王者の武田豊樹だ。佐藤友和が先行する予想外の展開になったが、平原康多が冷静に仕掛けるとゴール前きっちり捕らえた。
 「1着取れてとても嬉しいです」とまずは嬉しさを口にしたが、その後は連係した平原の話に終始した。
 「きっちりワンツーを目標に入れてました。平原君の地元ではありますけど、ゴール前で遠慮してては選手じゃないんで抜きに行きました。2日間抜けてなかったですし。平原君もそういう組み立てをしたと思うので。平原君も脚を使ったまくりで苦しかったと思います。ゴール前勝負できて良かったです」
 当所は2005年、2012年に続く3度目の制覇。「2005年は先行逃げ切りで優勝したんですけど、今日は戦法も違いましたし」と当所初Vから10年という歳月が経ち、先行だけでなく番手戦もこなすようになった。しかし、あの時以上の強さを今は誇っている。そして、「グランプリでも連係してますし、尊敬してます」と後輩・平原への敬意を改めて示した。関東ゴールデンコンビの主役は今後も揺るぎそうにない。


 1月大宮に続く地元記念連覇をつかみかけた平原康多だったが、最後の最後でスルリと優勝は逃げ、当所は2年連続の準Vに。
「最後は力勝負だったし、出し切りました。あおりもあったし、微妙な感じでしたね。(中2日で)次、川崎は走りますよ。次回頑張ります」


 岩津裕介は平原康多のまくりに合わせて出たが、惜しくも3着に終わった。
「思い切って行ってくれましたね。(佐藤)友和君が強かった。稲垣が来てまくりやすくはなったけど。普通あれだったら後ろは来れない感じ。武田さんを持っていったけどダメでした」


 先行策に出た佐藤友和はシンガリ負けに。
「今日は先行しようと思ってました。今の段階では力差があるので、スピードとか位置取りで勝負しても厳しいので。それだったら先行しかないし、ワンチャンスに賭けようと思ってました。途中までは思い通り行ったけど、なかなか最後までは。稲垣にまくられなかったのを自信に今後戻していきたいです」


 稲垣の仕掛けに千切れた村上博幸は悔しそうにレースを振り返った。
「(稲垣)裕之に迷惑をかけてしまった。(千切れたのは)完全に脚です。2日目につかんだこともあったけど4日目にガタがきた。4日間苦しいシリーズでしたけど、こういうときにもしっかり走れるようにしたいです。調子が良いときに色々返せるように。あかん点も分かったんで、レースを走りながら出直します」


 佐藤龍二も無念さをにじませる。
「内容がダメでした。先行して負けたんならまだあれですけど。自分の中では一番最悪のパターン。佐藤龍二の競輪ではなかった。ただの普通の競輪選手でした。4日間通して最終日が一番最悪になってしまった。次は勝たないといけない。F1では優勝候補になってくると思うんで。次までに気持ちを切り替えて」


 2日目に落車した稲垣裕之は、「落車してるんで昨日、今日と完調にはいけませんでした。運びだけは失敗しないようにと思ってましたけど、力及ばずでした。気力を振り絞ったんですけど。共同(通信社杯)まで時間があるんでしっかり治してきます」と先を見据えた。

レース経過

 渡辺晴智がSを取り、佐藤龍二を迎え入れ南関コンビが前受け。以下は佐藤友和―岩津裕介、平原康多―武田豊樹―飯嶋則之、稲垣裕之―村上博幸の並びで落ち着き、しばらく静かな周回を重ねる。
 青板の1センターから稲垣が上昇すると佐藤龍は車を下げる。押さえて出た稲垣をさらに平原が交わし隊列が激しく入れ替わる。6番手まで下げた佐藤龍が赤板の1センターから踏み上げ打鐘で先頭に立つと、その上を佐藤友が叩いて予想外の先行策。8番手の稲垣がすかさず巻き返すも、村上が連係を外してしまう。稲垣はまくり上げていくも前のかかりが良く、さらには番手の岩津のけん制を受け失速。すると稲垣後位に続いた平原が最終2コーナーからアタック。平原は猛然と前に迫るとバック過ぎにまくり切る。すると、岩津が佐藤友を捨て前に出ながら武田を退かしにかかる。しかし武田は岩津を締め込むと、直線を力強く踏んで優勝を飾った。まくった平原が2着。岩津は最後に抵抗を見せたが3着に。

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
1 武田 豊樹 41 茨城 88 SS 11.3
2 平原 康多 32 埼玉 87 SS 1/4輪 11.4
3 岩津 裕介 33 岡山 87 SS 1/2身 11.5
9 村上 博幸 35 京都 86 SS 11/2身 11.4
8 渡辺 晴智 41 静岡 73 S1 2身 11.5 S
6 佐藤 龍二 26 神奈 94 S2 1/4輪 11.7
5 飯嶋 則之 36 栃木 81 S1 2身 11.7
7 稲垣 裕之 37 京都 86 S1 2身 12.2
4 佐藤 友和 32 岩手 88 S1 3/4輪 12.4 B

▲TOPへ