なごや競輪

NAGOYA KEIRIN

42#


決勝戦レポート

神山 拓弥(栃木)

神山拓弥が3度目のG3制覇

 「いろいろ練習方法を変えて、良い方向に向いている」。そう語った神山拓弥は、言葉の通り連日キレのある動きを披露してファイナルに駒を進めた。決勝は、優秀戦同様に平原康多の番手を選択し「強いんで、付いて行くことを考えてました」と、まくった平原をピタリと追走。最後は直線で抜け出し、3度目の記念優勝を飾った。
 「ちょっと大宮記念を取ってから良くなかったんですけど、全日本で感覚をつかんで良いきっかけになりました。初日も準決も自力で勝ち上がれたんで、自信を持って決勝に挑めましたね。決勝は平原さんが全てやってくれて、村上(義弘)さんが来て危ない部分もあったんですけど、付いていけて良かったです」
 次はいよいよ運命の大舞台。今回の優勝を弾みにして、強豪達と互角に渡り合う。
 「ダービーはすごい人たちがいるんで、一戦一戦頑張りたいです」
復活した神山が、京王閣でも力強い走りを見せてくれるだろう。


 平原康多は、ゴール直前で神山に交わされるも、仲間の優勝を素直に喜んだ。
 「拓弥には世話になってるし、自分の優勝みたいなもんですよ。お互い様ですね。あの位置を取れたのが結果的に大きかった。ホームで村上さんが仕掛けてくるのも流石です。あれでリズムを崩されてますし。でも、残れないってことはまだまだですね」


 才迫開は、G3戦を初優出ながら物怖じしない走りで3着入線。周囲の驚きを他所に、本人は飄々とした表情。
 「良い感じで踏めましたね。2個目のラインに付いていこうと思って。たとえ誰が斬って、誰が飛んで来ても5番手は確保出来ますからね。単騎だったらここまで。でも、ラインがあったら9着かもしれないですけど(笑)。広島があまり元気がないので、これで少し元気になってくれれば」


 村上義弘は6着に沈んだが、今シリーズで手応えをつかみ出した様子。
 「平原が強すぎましたね。松岡も思ったより早く駆けてたし。強い平原を出来るだけ内に詰めるか、後方に置くか。今回の4日間に関しては、完璧ではないけど上向きな状態は感じれた。1月、2月としんどい時期でしたけどね」


 松岡貴久は、思い描いた展開にならず9着。
 「腹をくくりながも、深谷が来てくれないかなって思って。深谷がくればその3番手に入ろうと思っていた。そしたら来なかったんで行きました。風が強かったのはみんな一緒なんで関係ない。状態は、まあ良くなってはきたけど、さすがに先行では無理です」


 深谷知広は、連日力強い走りを見せたが、決勝はまくれず8着。
 「すごいスピードでしたね。僕は全然いけなかった。力不足です。ごまかしは出来てるけど、まだ上位とは戦えない。ダービーはやれるだけやって、いけるとこまで頑張るしかないですね」

レース経過

 号砲で最内の深谷知広が勢いよく飛び出し誘導員後位に。初手は深谷—吉田敏洋の地元コンビが前受け、村上義弘—萩原孝之が続き、平原康多—神山拓弥の関東コンビ、松岡貴久—大塚健一郎の九州コンビ、単騎の才迫開が最後方で周回。
 青板バックから松岡がゆっくりと上昇を始める。平原が九州勢を追走し、才迫も平原後位へ切り替える。さらに村上も才迫に続き、結局、前受けの深谷は八番手まで下げて打鐘は一本棒で通過。先頭に出た松岡が打鐘過ぎから徐々に踏み上げてペースアップ。四角からスパート。六番手の村上が最終ホーム前からまくり上げると、三番手の平原も二角で村上に合わせてまくって出る。村上が平原の後ろを狙うも神山が許さない。平原は三角で松岡を捕らえるとあとは神山との一騎打ち。直線に入り神山が平原に詰め寄り、ゴール寸前でタイヤ差交わして優勝。村上の仕掛けを待って踏み出した深谷のまくりは全く車が進まず、3コーナー中団からまくった才迫が3着に入った。

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
2 神山 拓弥 28 栃木 91 S1 11.1
7 平原 康多 32 埼玉 87 SS タイヤ 11.2 B
6 才迫  開 23 広島 101 S2 3身 11.2
9 大塚健一郎 37 大分 82 S1 1輪 11.3
4 吉田 敏洋 35 愛知 85 S1 2身 11.3
3 村上 義弘 40 京都 73 SS 1/2輪 11.6
8 萩原 孝之 37 静岡 80 S1 1/2輪 11.5
1 深谷 知広 25 愛知 96 SS 5身 12.0 S
5 松岡 貴久 30 熊本 90 S1 1身 12.4

▲TOPへ