むこうまち競輪

MUKOMACHI KEIRIN

54#


決勝戦レポート

新田 祐大(福島)

新田祐大がまくりで圧勝

 地元勢と新田祐大の力勝負に注目が集まった決勝戦は誰も予想できない展開だった。新田の後位で稲垣裕之がイン粘り。打鐘で斬った岩津裕介が前に出ると、3番手に構えた新田は内を締めて地元勢を封印。最終2コーナーからまくって後続をぶっ千切った。
 「稲垣さんも村上さんも強いので、胸を借りるつもりでした。力勝負になると思っていたし、あんな展開は考えてなかったです。稲垣さんも引くに引けなくなったんだと思います。ああなると、飯野さんや後ろの先輩たちもレースにならなくなるんで。斬った岩津さんもおそらく飛び付きだろうし、いろいろ考えながらで難しかったですね。単調そうなレースに見えるんですが、気が気じゃなかった。レースとしてはちょっと申しわけない形になってしまいました」
 魅せる走りをできなかったことを反省していたが、今シリーズはオール連対のV。今年2冠の強さを見せつけた4日間だった。
 一番の目標に掲げるリオ五輪が来年に迫っている。今秋から始まるトラックシーズンに向けて、ナショナルチームの活動がこれから本格化する。
 「追加を受ける予定はないし、次に走るのは競輪祭になりますね。気持ちの面でも体の面でも1回リセットして、最高の状態で迎えられるようにします」
 進化を続ける新田が今年残された数少ないレースで最高のパフォーマンスを披露する。
 最終バックで自力に転じた芦澤大輔が新田を追いかけて2着に食い込んだ。
 「近畿が前受けでどうするのかなって思っていました。予想していた展開と全然違いました。ちょっと判断が難しかったですね。飯野君には申しわけなかったけど踏ませてもらいました。何とも言えないですね」
 大会連覇を狙った村上義弘は3着に入るのが精いっぱい。それでも地元の記念で完全燃焼した。
 「連日の新田の強さを見ていたら、稲垣も難しかったと思うし、勝つための判断をしたと思います。あの展開になって、稲垣の立て直しと、自分の届くタイミングを考えて、流れを見ながらチャンスを見つけようと。車自体はよく伸びていたと思います。新田が強かったですね。結果は(優勝を)持っていかれたけど、僕自身は4日間、最善を尽くしました」
 前受けの稲垣裕之は新田を突っ張れず、イン粘りを敢行した。
 「前受けから突っ張ろうと思っていたけど、新田君の勢いが良くて一歩目が遅れてしまった。誘導を斬られてスローになったので引くに引けなくなってしまった。新田君を警戒し過ぎて一番ダメな形になってしまいました」
 打鐘で斬って飛び付きを狙った岩津裕介は逃がされる形になってしまった。
 「稲垣さんが粘る展開も想定していました。とりあえず前に出て考えようと。自分のイメージでは新田が1人で来て、それを追いかける感じになると思ってたんですが、全然ダメでしたね」
 稲垣に粘られた飯野祐太は新田のまくりに付け切れなかった。
 「粘られたので、しっかり守りきろうと。稲垣さんに踏み勝って休んだところで、芦澤君に行かれてしまった。あそこで休まずに、追いかければ良かったです」

 

レース経過

 大きなけん制もなく、スタートで稲垣裕之が前に出ると稲垣―村上義弘―吉田健市―岩津裕介―小倉竜二―新田祐大―飯野祐太―芦澤大輔―勝瀬卓也の並びで周回を重ねる。
 地元勢の突っ張りも警戒して、新田は青板バックから上昇を開始。赤板前から誘導員を下ろすが、稲垣は引かずに飯野のインで粘る。稲垣を内に封じ込めたことで、新田は内だけ締めてペースをスローに落とす。1センターから岩津、小倉で前に出るが、切り替えもなく新田は3番手。岩津が中バンクに上がって新田の出方をうかがうが、新田は内を締めたまま全く動かない。1センターから岩津が意を決して踏み上げるが、すかさず新田もまき返して前の2人を抜き去る。バックで稲垣を締め込んだ飯野が新田に遅れると、飯野後位から自力に転じた芦澤が2着に。勝瀬を飛ばして芦澤を追った村上だったが芦澤を交わせず3着に終わった。

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
5 新田 祐大 29 福島 90 S1 11.2
3 芦澤 大輔 33 茨城 90 S1 2身 11.2
9 村上 義弘 41 京都 73 SS 1/2輪 11.1
2 岩津 裕介 33 岡山 87 SS 2身 11.8 B
8 飯野 祐太 31 福島 90 S1 3/4輪 11.5
6 吉田 健市 37 愛知 87 S1 3/4輪 11.2
7 小倉 竜二 39 徳島 77 S1 1/4輪 11.7
1 稲垣 裕之 38 京都 86 S1 3/4身 11.6
4 勝瀬 卓也 38 神奈 84 S1 1身 11.5

▲TOPへ