松山競輪

MATSUYAMA KEIRIN

75#


  • FⅠ
  • 日刊スポーツ杯争奪戦
  • 2.16Fri 17Sat 18Sun

次回開催
G2
3/18 ・19 ・20 ・21

レース展望

力の違いを見せる廣田敦士

廣田敦士

藤岡隆治

 A級戦で人気を集めるのは廣田敦士だ。1月名古屋は連勝で決勝進出。決勝は2着で惜しくも優勝こそ逃したが、動きは上々だった。昨年1年間、S級を経験したことで、ひと回り大きく成長した。ここも持ち味の積極策でレースを支配しよう。中部の追い込み陣は手薄で、中近で小林卓人が廣田と連係することになりそうだ。
 藤岡隆治のスピードにも魅力を感じる。強烈なカマシ、まくりを主武器に各地で奮戦している。1月名古屋の決勝で落車した影響がなければ好勝負だろう。ベテランの梶應弘樹が四国でタッグを組む。戸伏康夫まで加わればラインの厚みが増す。
 東日本勢は復調ムードの齋藤友幸がラインをけん引する。伊藤一貴や三澤康人ら追い込み陣をうまく連係できれば面白い。底力ある梶山裕次郎の動向も見逃せない。

注目選手

  • 中山健
    新潟 ・89 期・A2

    中山健

     力強いタテ攻撃が戻ってきた。1月高知ミッドナイトの準決勝は5番手から好回転でまくって2着。決勝は先行策でラインから優勝者を出した。

    ■直近4ヶ月成績(*02/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    87.06 3 2 8 3 16

▲TOPへ