松山競輪

MATSUYAMA KEIRIN

75#


  • FⅠ
  • スポーツ報知杯争奪戦
  • 1.17Wed 18Thu 19Fri

次回開催
F2
2/9 ・10 ・11

レース展望

ダッシュ生かす宗崎世連

宗崎世連

堂村知哉

 前期S級の選手は追い込み型ばかり、ここは機動力を買って宗崎世連を中心視する。宗崎は昨年前期に半年間S級を経験したことで、A級では余裕を持ってレースをしている印象だ。前期は優勝こそなかったが、安定した走りでレインボーカップファイナルにも出場した。2期連続のS級点確保へ、1月から好スタートを決める。同県の森岡正臣に越智展孝とスジの援軍も豊富。S級では苦戦が続いた越智だが、地元のここは奮起するか。

 谷口友真に堂村知哉、河村章憲と戦力そろった近畿勢も負けてない。谷口は10月岐阜の落車もあってか、やや調子を落としていたが12月別府で落車後初の決勝に進出。ここも積極的な走りを見せるだろう。堂村は前期S級の12月和歌山で優出もあり、点数最上位の存在。勝ち星こそ少ないが、10月四日市から7連続で予選を突破しており、今期はA級上位の追い込み型になる。

 九州勢には西田将士、林大悟と優勝候補の機動型が2枚。ここに岡田雅之や立石拓也が加わって一枚岩で結束できれば強力なラインが完成しそう。

 堀兼壽は腰痛で10月、11月と2カ月の欠場はあったが、機動型では唯一前期S級レーサー。万全なら大ベテランの萩原操や宮司周郎を連れて別線を完封できる。

注目選手

  • 小堺浩二
    石川・91期・A1

    小堺浩二

     ここ5場所で3度の優出。自力も健在だが、同地区の若手に前を任せるレースも増えて成績が安定してきた。ここも自力自在に、多彩な戦法を駆使して上位進出を目指す。

    ■直近4ヶ月成績(*01/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    88.75 1 5 5 3 16

▲TOPへ