松山競輪

MATSUYAMA KEIRIN

75#


  • FⅡ
  • チャリロト杯争奪戦
  • 10.13Fri 14Sat 15Sun

次回開催
F1
10/26 ・27 ・28

レース展望

山本直が格上の実力発揮

山本直

山口泰生

白上翔

 山本直を本命視する。前S級では、6月取手記念を優出など大いに活躍。降級の今期は7月玉野の完全Vから流れをつかむと、9月防府では逃げて、まくってと力強い走りで2V目を手にした。やはり、1、2班では実力が抜けている。さらに、当所は昨年の記念で2勝を挙げるなど、相性も良好。持ち前の機動力を遺憾なく発揮して、ライバル達を圧倒しよう。9月小松島で落車した藤原浩だが、怪我が軽傷なら好機。山本を援護し、自力兼備のキメ脚でゴール前勝負を演じる。

 山口泰生も怖い。9月広島の決勝では目標が落車するアクシデントも、直線で突き抜けて今期2V目をゲット。鋭い差し脚と勝負強さはA級屈指だ。8月高松を制覇など、上がり調子な宮司周郎を好操縦して、鋭脚を見せる。

 白上翔、澤田光浩の近畿勢も侮れない勢力。白上は6月小倉、続く四日市を連覇と調子上向き。澤田も、9月福井をVとキメ脚が冴え渡る。好連係を見せれば、ワンツー決着も十分可能だ。

 復調気配の大西貴晃と阿部兼士の九州勢も忘れてはならない。着実に力を付けてきている大関祐也の一発にも要注意。

注目選手

  • 門田凌
    愛媛・111期・A2

    門田凌

     若手の台頭が著しい四国から、また新たな刺客が現れた。在校時から持ち前のダッシュで注目を集めると、デビューから9連勝ですぐさま特進。1、2班初戦の8月小倉MNでも113着とV奪取も十分可能だ。

    ■直近4ヶ月成績(*10/23現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    87.21 18 14 2 3 5
  • 野中祐志
    埼玉・98期・A1

    野中祐志

     8月千葉の落車でリズムを崩していたが、9月函館では3場所ぶりに決勝進出。徐々に状態が上向いてきた。上積みが見込めれば、V争いに加わってくるだろう。

    ■直近4ヶ月成績(*10/23現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    89.53 4 1 3 1 12
  • 葛西雄太郎
    愛媛・85期・A1

    葛西雄太郎

     9月大垣MNでは、無傷で決勝に進出。初日は軽快なまくりで勝ち上がり。準決は最終ホームで主導権を奪うと、楠木孝志郎らから逃げ切った。今節は上位戦でも怖い。

    ■直近4ヶ月成績(*10/23現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    88.22 12 7 2 3 15

▲TOPへ