久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#


  • FⅠ
  • エンジョイスピードパークNR
  • 10.2Mon 3Tue 4Wed

次回開催
G3
10/19 ・20 ・21 ・22

レース展望

竹内智彦が鋭脚発揮

竹内智彦

清水裕友

佐藤幸治

 競走得点最上位の竹内智彦がVに最短だ。今年に入って優勝こそないが、戦歴は高いレベルで安定している。今シリーズは箱田優樹、真船圭一郎ら北日本の機動型が豊富。巧みにリードして抜け出そう。箱田は近況パッとしないが、地元の青森記念に照準を合わせてトレーニングに励んでいる。その直後のシリーズなら脚の貯金は残っているはずだ。本来のスピードを存分に発揮しよう。真船は8月平塚で待望のS級初Vを飾った。まだ成績の波は大きいが、先行力は確実にレベルアップしている。

 清水裕友は今年5月にS級特進。その後はコンスタントにV争いを演じている。まだS級優勝の経験はないが、今回のメンバー構成なら十分にチャンスはある。6月の記念開催でも好走したバンクでパワー全開だ。

 佐藤幸治、大坪功一の九州勢も侮れない。佐藤は好不調の波が大きいものの、スピードはトップクラスにも引けを取らない。大坪は差し脚好調。地元バンクでS級初優勝を狙う。

 中部勢は林巨人、吉村和之と追い込み陣が優勝候補に名を連ねる。林は6月岸和田高松宮記念杯の連続落車から立ち直りつつある。好目標をつかめば勝負になりそうだ。

 松坂洋平、齊藤竜也の南関勢も軽視できない。松坂は8月向日町で今年初優勝。復調のきっかけをつかんだ。齊藤は追い込み選手として円熟期を迎えている。

注目選手

  • 鹿内翔
    青森・95期・S2

    鹿内翔

     今年はS級初優勝を達成するなど、追い込みとして着実にキャリアを積んでいる。8月当地では決勝に進出。今開催も磨きをかけた差し脚で上位進出を狙う。

    ■直近4ヶ月成績(*09/24現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    102.16 0 5 3 2 15
  • 福島武士
    香川・96期・S2

    福島武士

     9月前橋は連勝で決勝進出。短走路で強烈な決め脚を発揮していた。今期の競走得点は103点オーバー。初のS級1班を狙える位置につけている。

    ■直近4ヶ月成績(*09/24現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    104.14 0 5 3 5 16
  • 上吹越俊一
    鹿児島・99期・S2

    上吹越俊一

     成績の波は激しいが、勝ちパターンに持ち込んだときの破壊力は凄まじい。8月岸和田の2日目一般戦は酒井拳の先行を鮮やかにまくって快勝。上がり11秒1の好タイムを叩き出した。

    ■直近4ヶ月成績(*09/24現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    96.59 0 3 2 1 21

▲TOPへ