久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#


  • FⅠ
  • 日本名輪会C第17回 戸上守杯
  • 5.29Mon 30Tue 31Wed

次回開催
G3
6/29 ・30 ・1 ・2

レース展望

関東が本線も激戦

神山拓弥

田中晴基

松岡孔明

 神山拓弥、河村雅章の関東勢がややリード。点数最上位の神山は今期は全日本選抜で優出すると、次の3月玉野記念も決勝進出。予選は連日、吉田拓矢、芦澤大輔の3番手から突き抜けるなど、差し脚が冴え渡る。ウィナーズカップはブロックして敵を落車させ失格となったが、それだけ身体は動いている証。今節も自慢の差し脚でVをつかもう。先導役の河村はまくりはもちろん、逃げても粘り強さを発揮する。今節、上位の機動力を誇る。
 田中晴基、伊勢崎彰大、大塚玲の南関勢も強力だ。田中は2月小田原G3の優勝をはじめ、今期は3V、準V2回と絶好調だ。最近は人の後ろを回ることが多いが、変わらずタテの脚は健在。今節は自分の脚で勝負しよう。大塚はメンバー上位の差し脚を持つ。
 牧剛央は地元の意地を見せたい。松岡孔明の強力まくりは敵陣にとっては脅威となる。混戦を得意とするだけに、今節は十分チャンスがある。
 伊藤成紀、三谷政史の近畿コンビも総合力が高い。伊藤はまくりに破壊力があり、一発を秘める。

注目選手

  • 小川祐司
    愛媛・96期・S2

    小川祐司

     4月川崎記念の初日、三田村謙祐をひとまくりするなど、要所で点数以上の強さを見せている。セッティングも良化傾向にある。

    ■直近4ヶ月成績(*08/17現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    99.62 15 4 2 7 13
  • 荻原尚人
    宮城・89期・S2

    荻原尚人

     先行から追い込みまで何でもこなし、相手選手にとってはやっかいな存在だ。レースをかき乱せば波乱の決着もありそうだ。

    ■直近4ヶ月成績(*08/17現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    99.00 4 1 4 7 16

▲TOPへ