久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#


  • FⅡ
  • 1.29Mon 30Tue 31Wed

次回開催
F2
2/13 ・14 ・15

レース展望

ベテラン紫原政文が奮起

紫原政文

市橋司優人

 失格によるマイナス点で今期からA級落ちの紫原政文だが、前期S級では優出も多く、1班も狙えるほどの点数を持っていた。A級戦もここで3戦目ならレースの流れもつかんでいるはずで、脚力低下もないのなら地元のここは優勝しか考えないか。紫原にとって市橋司優人の存在が何より頼もしい。市橋は昨年後期から一気にブレイク。優勝3回、競走得点は96点を超えるなど、A級屈指の機動型に成長した。ただ市橋はこのあと広島でレインボーカップファイナルを控えている。3着以内に入ってS級に特進するようならシリーズの勢力図は大きく変わる。

 市橋が特進してもしなくても脅威になるのが111期の新鋭、松本貴治の存在だ。在校中にはゴールデンキャップも獲得した逸材。チャレンジ卒業には時間がかかったが、11月向日町で特別昇班すると1、2班戦初戦の松山ではいきなり完全優勝。2戦目の高知では決勝で落車し、1、2班戦の連勝は5でストップしてしまったが、続く岐阜でも完全優勝と落車の影響を感じさせない走りを見せた。前期S級の蓮井祐輝は松本、高田大輔と目標がそろったここはチャンス。高田のタテ攻撃も争覇の一角だ。

 前期S級は番手や3番手を回るレースも多かった金山栄治。ここも菱田浩二がいるが、A級でどう戦うか。同じくS降りの堂村知哉は12月和歌山で優出するなどS級終盤は差し脚好調だっただけに侮れない。

 大谷靖茂に前期S級の三重コンビ、西村豊、岩見潤が続く中部勢も軽視はできない。

注目選手

  • 多田晃紀
    岡山・103期・A1

    多田晃紀

     ここ6場所連続で予選突破。そのうち4場所で1着と初日の安定感は抜群だ。同格戦での高い勝率は見逃せない。

    ■直近4ヶ月成績(*01/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    86.83 8 5 0 2 11
  • 竹元太志
    福岡・107期・A1

    竹元太志

     最近はコンスタントに決勝戦に勝ち上がっている。まくり一辺倒で成績は安定しないが、非凡なスピードが魅力の選手だ。

    ■直近4ヶ月成績(*01/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    89.66 9 13 4 3 13
  • 太田黒大心
    熊本・74期・A2

    太田黒大心

     今期から2班に落ちてしまったが、決勝進出も多くマークさばきは健在。12月平の準決勝は久々の勝ち星を挙げるなど差し脚の切れも戻ってきた。

    ■直近4ヶ月成績(*01/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    91.41 0 3 5 5 11

▲TOPへ