久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#


レース展望

総合力で優る平原康多

平原康多

深谷知広

稲垣裕之

 久留米競輪開設68周年記念「第23回中野カップレース」が6月29日〜7月2日の日程で開催される。平原康多、稲垣裕之、岩津裕介のS班3人をはじめ、深谷知広、近藤隆司らトップスターが4日間に渡って覇を競う。なお、最終日の9レースにおいてケイリンエボリューションが一発勝負で行われる。

 優勝争いをリードするのは平原康多だ。今年は2月取手の全日本選抜を制覇。抜群の強さと安定感で前半戦を引っ張てきた。最強の自在型として、今シリーズも主役の座は譲らない。隙のない立ち回りで期待に応えよう。埼京連係でベテランの後閑信一が平原とタッグを組む。5月地元の京王閣ダービーは一次予選でまさかの落車。無念の途中欠場となってしまったが、続く同月大宮では今年2度目のを達成。きっちり立て直してきた。今年に入って急成長を遂げている横山尚則は関東の先導役として期待がかかる。

 輪界屈指の先行パワーを有する深谷知広が平原に抵抗する。4月高知記念ではオール連対の。京王閣ダービーでも優出するなど、別線を強引にねじ伏せるような力強さが戻ってきた。山内卓也は4月当地の決勝でライン3番手から突き抜けて、1年3カ月ぶりの優勝。不惑を迎えでも鋭い決め脚は健在だ。柴崎淳は京王閣ダービーの一次予選で落車してから欠場しており、怪我の回復次第だろう。

 稲垣裕之も有力な候補のひとりだ。今年の序盤戦は調子、戦歴ともに高いレベルで安定していたが、5月和歌山の全プロはギックリ腰で欠場。復帰戦となる高松宮記念杯でどれだけ走れるかに注目だ。本領発揮なら平原、深谷とも互角に渡り合える。

坂本亮馬

岩津裕介

守沢太志

 地元の坂本亮馬を中心に、九州勢は総力を結集して他地区の強豪を迎え撃つ。坂本は京王閣ダービーの一次予選で落車のアクシデント。肋骨2本、腸骨、座骨を骨折する大怪我に見舞われたが、高松宮記念杯で復帰の見込み。状態面の不安は気力でカバーするしかない。昨年大会は惜しくも準優勝。3年ぶり2度目の地元記念制覇へ全身全霊をかける。坂本が頼りにするのは同期の松岡貴久だ。和歌山全プロの初日は鮮やかなまくりで快勝。落車の怪我から完全に立ち直っている。大塚健一郎は差し脚堅調。九州連係から勝機を見出す。

 岩津裕介の存在も忘れてはならない。和歌山全プロの走りを見る限り、本来の切れ味は戻っている。今シリーズは小川真太郎に取鳥雄吾、竹内翼らこれからの中四国地区を担う若手機動型が参戦。岩津にとっては腕の見せどころだろう。

 近藤隆司、渡邉雄太の機動型2枚看板に、渡邉晴智を擁する南関勢も強力だ。近藤は昨年2月当地の全日本選抜でG1初優出。そこから一気にスターダムにのし上がった。近況も動きは軽快。思い出の地で再び輝く。渡邉雄は昨年末のヤンググランプリを制覇。今年の序盤戦は成績の波があったものの、積極的な競走スタイルは崩していない。堅実な渡邉晴が2人を巧みにガードする。

 守澤太志、菊池圭尚の北日本勢も軽視は禁物だ。守澤は昨年の当地記念でG3初制覇。今年は京王閣ダービーでG1初優出を果たすなど、追い込みとして着実にキャリアを積んでいる。菊地は5月の地元函館記念で準決勝敗退。その悔しさをバネに脚力アップを図っている。機動型手薄の不利をどう克服するか。

注目選手

  • 小川真太郎
    徳 島・107期・S 2

    小川真太郎

     5月立川の決勝は中村一の先行を中団から力強くまくって快勝。待望のS級初優勝を飾った。6月福井の決勝は後方8番手からのロングまくりで池田良と中四国ワンツー決着。磨きをかけた機動力でトップクラスに挑戦だ。

    ■直近4ヶ月成績(*06/26現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    105.48 11 11 2 2 10
    勝率 2連対率 3連対率
    44.0 52.0 60.0
  • 太刀川一成
    千 葉・100期・S 2

    太刀川一成

     6月取手記念は1着で3度の確定板入り。「落車で成績が落ちたけど、いい頃の感覚が完全に戻った」と手応えは上々だ。今期の競走得点は95.8点。S級点確保へ点数を上げる必要がある。勝負駆けのシリーズで結果を出す。

    ■直近4ヶ月成績(*06/26現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    94.15 2 1 1 1 16
    勝率 2連対率 3連対率
    4.7 9.5 14.2
  • 石川裕二
    茨 城・99期・S 2

    石川裕二

     今年は1月の平記念で落車。左鎖骨を骨折して長期欠場を余儀なくされたが、3月に復帰してからは順調にリズムを回復している。5月一宮では今年初優出。6月大垣記念では準決勝までコマを進めた。動向から目が離せない。

    ■直近4ヶ月成績(*06/26現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    99.08 0 0 1 1 10
    勝率 2連対率 3連対率
    0.0 7.6 15.3

▲TOPへ