くまもと競輪

KUMAMOTO KEIRIN

87#


決勝戦レポート

武田 豊樹(茨城)

武田豊樹が好展開を生かす

 まさに3度目の正直だ。今シリーズは初日、2日目と平原康多と連係した武田豊樹だったが結果はともに2着。しかし迎えた決勝戦はしっかりと1着でファンの一番人気に応えた。「今日の1着は平原君に尽きる」。競輪界最強といっていいだろうコンビで最後もしっかりとワンツーで締めた。
 「ああいう形になったらワンツーという気持ちで走りました。平原君もゴールまで加速してたし、踏み切ってる感じで強いですね。彼はグランプリへ向けて一戦一戦勝負なのに、ああいう形を作る。すごいですよね」
 函館サマーナイト、松戸オールスターと落車が続き、決して万全の状態とはいえない。それでも「走ってる以上はそこを言いたくない」とキッパリ。そして結果を残すのも武田の強さだ。このあとは函館記念を走って、今年最後のG1競輪祭を迎える。「今回は3回番手。準優で自力が鈍ってたし、そこが競輪祭までのテーマですね」。しっかりと課題をクリアして、再び平原と熱い走りを見せてくれるだろう。

 武田の優勝は平原康多の走りがあってこそ。「だいぶいい」と状態を口にするように、シリーズを通して力強い走りを見せた。
 「山賀さんの動きで行くタイミングが狂ったけど、どっちにしろ行くつもりだった。一本棒にしたほうがいいと思ったし、浅井に粘られないように思い切り行きました。あれで押し切ったら無敵です(笑)。ラインで決まってよかったです」

 齋藤登志信はきっちりと関東コンビに食い下がった。
 「2人(浅井、山賀)に脚を使わせて迷わせながら行く。あの作戦しかなかったし、作戦どおりに走ってくれました。僕も付いて行けたし、2コーナーで小波を作って仕事したでしょ。前の2人が強かったですね」

 浅井康太は腹を決めて踏み上げたが、山おろしで来た平原に飲み込まれてしまった。
 「もう逃げようと思ったんですけどね。アカンな、合わせれんかった」

 浅井ライン3番手から内を伸びた林巨人だったが4着まで。
 「坂口のコースに先に入ってしまった。伸びたけど、欲を言えば3着までに入りたかったですね。でもシリーズをとおしていい状態をキープできてたと思います」

 浅井後位から外を踏んだ坂口晃輔。初めての記念決勝は6着に終わった。
 「相手が平原さんやし(浅井は)飛びつくかもと言ってたけど、平原さんのスピードがよかったですね。外が伸びるイメージだったので外を踏んだけど伸びなかったです」

レース経過

 号砲と同時に内よりの3車が出るが、最内の武田豊樹がスタートを制して平原康多を迎え入れる。平原―武田に齋藤登志信が続いて前団。以下の隊列は山賀雅仁―渡邉晴智、浅井康太―坂口晃輔―林巨人で単騎の池田良が最後方に構える。
 青板の2センターから6番手の浅井が上昇を開始。赤板で平原に併せ込むと、2コーナー手前で押えて出てペースを落とす。浅井に坂口―林、池田まで続いて、山賀がその上を上昇するが坂口の横までで打鐘を通過する。先行態勢を取った浅井と中団の山賀は、スローペースで7番手にいる平原の動向をうかがう。そこを4コーナーから平原が、カマシ気味に仕掛けて最終回へ。
 浅井も合わせて踏むが、平原がスピードの違いで主導権を奪取。武田―齋藤まで出切り浅井は4番手。すかさず巻き返した山賀だったが、6番手の外に浮いて不発、バックを通過する。番手の武田は逃げる平原との車間を切って、4コーナー手前から踏み込む浅井に合わせて車間を詰める。押し切り図る平原に鋭く詰め寄った武田が、ゴール前で平原をきっちり交わして優勝。2着に平原が残り、齋藤が3着に流れ込む。
 

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
1 武田 豊樹 41 茨城 88 SS 14.2 S
7 平原 康多 33 埼玉 87 SS 1身 14.5 B
9 齋藤登志信 42 宮城 80 S1 1輪 14.2
5 林  巨人 32 愛知 91 S1 1/2身 13.9
2 浅井 康太 31 三重 90 SS 1/2身 14.1
8 坂口 晃輔 27 三重 95 S1 3/4身 14.1
3 渡辺 晴智 42 静岡 73 S1 3身 14.3
4 池田  良 29 広島 91 S1 1/4輪 14.3
6 山賀 雅仁 33 千葉 87 S1 大差 15.6

▲TOPへ