こまつしま競輪

KOMATSUSHIMA KEIRIN

73#


決勝戦レポート

平原 康多(埼玉)

平原康多が直線一気

 終わってみれば平原康多のシリーズだった。準決勝で3着に敗れたとはいえ、連日の強さは1人だけ別格だった。決勝は脇本雄太と原田研太朗で壮絶なもがき合い。戦況を冷静に見極め、Vロードを鮮やかに突き抜けた。
 「もがき合いの上をいければ良かったんですけどね。いこうとした時に、前で小倉(竜二)さんのブロックがあって、それを見てしまい、内に差してしまった。でも、一番人気になっていたので、簡単に負けられないですからね。諦めないで走りました。最後はまだ脚が残っていたし、咄嗟の判断で(村上の)内にいきました」
 今年の前半戦は安定感抜群の成績。それでもさらなる進化を求めて、高松宮記念杯を走り終えてからトレーニングを強化してきた。
 「宮杯を走って、まだ足りないものだらけだと感じました。特にトップスピードですね。やっぱりタテ脚がないと、まくったり、さばいたりできない。今年は新田(祐大)や(渡邉)一成のようなスピードレーサーが生き生きと走っていて、レースの中心になっている。そういう選手に遅れないようにしたい」
 次走は寛仁親王牌。今期初戦でVスタートを決めた平原が後半戦の主役を演じる。

 関東ライン3番手の磯田旭が直線で外を踏み込んで2着に強襲した。
 「見たまんまですね。(レースの判断は)あれが正解か分からないですけど、何とか2着に入れて良かったです」

 小倉竜二に強烈なブロックをもらった村上義弘は脇本との連結を外してしまったが、そこから立て直して3着に食い込んだ。
 「最後、内に来たのは誰かって思ったら平原でびっくりしました。ちょっと別格でしたね。(最終3コーナーで)かなりバックを踏んでいたのに、また来るとは。現状の脚力が違いますね」

 主導権争いを制したのは脇本雄太。地元勢の猛抵抗を強引に叩き切った。
 「連日、あのレースでは厳しかったです。今回は中2日で疲れもあった。原田君も普通ならホームであきらめるけど、すごかったですね。また明日から静岡で(ナショナルチームの)合宿。ハードスケジュールだけど、それは仕方がない」

 地元の原田研太朗は脇本との壮絶な踏み合いで力尽きた。
 「スタートの位置が失敗でしたね。気持ちは入っていたけど空回りしてしまった。脇本さんとあれだけの先行争いをしたのは初めてかも。合わせ切れたと思ったんですけどね。悔しいけど、次の親王牌につながる走りはできたと思います」

 小倉竜二は予想外の展開に苦戦を強いられた。
 「(原田は)スタートの位置に失敗して、スイッチが入ったみたいですね。予想とは違った展開になった。原田君が駆けたときにはもう(脇本が)横に来ていた。普通の自力選手なら出られなかったと思います。外をキメてスイッチできれば良かったけど、内から吉田君に来られてしまった」

 単騎の吉田敏洋は俊敏な立ち回りを披露。4着の結果にも満足そうな表情を浮かべた。
 「先手を取りそうなワッキーか原田のどちらかの3番手からと思ってました。前々に踏んで、思惑どおりのレースはできたんですけどね。内ばっかり踏んで最後の脚が残っていなかった。今回は宮杯の疲れが残っていたけど悪いなりに最低限の走りはできた。今期初戦でいいスタートが切れたと思います」

レース経過

 号砲が鳴って芦沢大輔が一番に飛び出しが、中団に下げたため近畿勢が前受けとなった。初手は脇本ー村上、平原ー芦沢ー磯田、小松崎、原田ー小倉、吉田の順番で並ぶ。
 レースが動いたのは青板周回のバックから。まずは原田がゆっくり上昇して前を押さえると、脇本は引いて誘導の後ろが入れ替わる。脇本は8番手まで車を下げるとすぐに反撃を開始。打鐘前の2コーナーからカマしていく。するとこれを見た原田も一気に踏み込んで両者でモガキ合いに。2人の踏み合いが続くなか、小倉が外の村上を退かしにかかると、空いた内を突いて吉田が抜け出していく。モガキ合いは脇本がバック線を取って決着が付いた。吉田がこの番手にスイッチした所で、平原のまくりが襲い掛かる。しかし、吉田は外に振ってけん制すると、平原のスピードが鈍った。すると、空いた内を村上がすくって吉田を退かしにかかる。4コーナーで村上が放り上げると、狙い澄ました平原がインコースに飛び込み、抜け出して優勝を手にした。直線外を磯田が鋭く伸びて2着。村上は3着となった。

 

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
2 平原 康多 33 埼玉 87 SS 11.5
6 磯田  旭 25 栃木 96 S2 1身 11.4
5 村上 義弘 40 京都 73 SS 3/4身 11.6
9 吉田 敏洋 35 愛知 85 S1 1輪 11.8
4 芦澤 大輔 33 茨城 90 S1 1/4輪 11.6
7 小倉 竜二 39 徳島 77 S1 1/8輪 11.6
8 小松崎大地 32 福島 99 S1 3/4輪 11.4
3 脇本 雄太 26 福井 94 S1 1/2身 12.0 B
1 原田研太朗 24 徳島 98 S1 大差 13.8

▲TOPへ