小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#


  • FⅡ
  • 富士通フロンテック杯
  • 10.31Tue 11.1Wed 2Thu

次回開催
F2
11/12 ・13 ・14

レース展望

ルーキーたちのV争い

小川丈太

望月一成

吉田智哉

 111期4人が出場を予定している今シリーズ。競走得点も拮抗していて展開、メンバー次第で結果も大きく変わってきそうで比較が難しい。そのなかで中心に推すのは小川丈太だ。デビューから7場所を終えて優勝こそ1回だけだが、積極的な組み立ては高く評価できる。直近の2場所の小松島112着、広島112着は6走すべてで最終バックを先頭で通過している。迷いなくアグレッシブに仕掛けて、同期を一蹴しよう。

 7月のデビューでいきなり完全Vを遂げた望月一成が、次位の評価。小川ほどの積極性はないものの、落ち着いた走りでデビューから優出をはずしていない。ダッシュを生かした組み立てがはまれば、別線を置き去りにするシーンもありそうだ。

 吉田智哉も前述した2人に引けを取ることはない。先行とまくりの決まりてが同じくらいあるが、その戦績以上に積極性を持ち合わせている。小川との四国連係があるのかも含めて、動向に注意したい。

注目選手

  • 肥後公允
    奈良・91期・A3

    肥後公允

     9月の当所では77着で、最終日を待たずに小倉をあとにした。ドームバンクで若手のスピードに対応できるかが、鍵となってきそうだ。

    ■直近4ヶ月成績(*12/14現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    74.69 5 9 8 4 8
  • 栗田万生
    石川・111期・A3

    栗田万生

     デビューから6場所すべてに優出も、まだ優勝がない。ただ、それも時間の問題だろう。まくり主体の組み立てから、持ち前のスピードを見せつけよう。

    ■直近4ヶ月成績(*12/14現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    76.41 15 10 4 8 5

▲TOPへ