小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#


  • FⅠ
  • TVQ杯
  • 9.24Sun 25Mon 26Tue

次回開催
F1
10/31 ・1 ・2

9月23日

検車場レポート

6R


鈴木奈央選手

 前回の玉野ミッドナイトで通算3度目の優勝を飾った鈴木奈央がレースの中心になりそうだ。

 「中2日だけど、普段から競技と競輪で詰まっているので、何も問題ないですね。練習をしてからマッサージを受けて、疲れは取ってきたつもりです。まだまだ今の成績に納得していないので、結果を出していきたい」

 奈良岡彩子は白星こそ少ないが安定した走りを披露している。

 「無理に仕掛ける事が減って成績は安定したけど、1着がもっと欲しいですね。小倉は白星がないので、今開催のどこかで1着を獲れるように頑張りたい」

 内村舞織はデビュー3場所目で地元戦を迎えて、初白星獲得へ意気込む。

 「デビュー前に練習中の落車でみんなよりスタートが遅れてしまった。体のバランスとかが悪くて思い通りのレースはできていないけど、一戦一戦、力を付けられるような走りをしたい。梶田舞さんみたいなレース運びを目標にして頑張っている」

 

7R


高木真備選手

 8月のいわき平で行われたガールズドリームレースVと順風満帆の成績を残している高木真備が今開催の主役だ。

 「一発勝負のガールズドリームレースを優勝できた事は凄く自信になった。前回から中8日ほど空いてしっかりと疲れを取りました。今は年末のガールズGPに向けて脚を作っている段階。結果はもちろんだけど、内容重視の競走を心掛けたい」

 篠崎新純は自分に合うトレーニング方法を見つけて状態が上向いている様子。

 「今までは自分の体と真逆の練習をしていたみたいで、トレーニング方法を変えてから踏み応えが良くなった。体の使い方とかはまだまだだけど、より成長できる感じはありますね。最内枠を生かして良い位置を確保したい」

 デビュー8場所目となる成田可菜絵は地道な練習で自分の武器を磨いている。

 「自分の持ち味はダッシュだと思っている。でも全然、生かせていないので、力をつけるために中澤(孝之・56期)さんに練習を見てもらって頑張っている最中です。2度目の決勝に乗れるように初戦から仕掛けていきたい」

10R


田中晴基選手

 2ヵ月ぶりに当所戦に登場する田中晴基がレースの中心となりそうだ。

 「前回の武雄(共同通信社杯)が悪過ぎたので、中3日だけど、1日だけみっちりと練習して悪い所を見直してきた。7月の小倉も良くなかったので、今回は良い結果を出せるように頑張りたい」

 番手を回る岡部芳幸は前回の共同通信社杯で一息も悲観した様子は一切ない。

 「グレードレースはこんなものですよ。記念ならまだ戦えるけど、それ以上になると展開も向かないしなかなかうまくいかない。でも前回は4日間良い勉強になった。それをF1でしっかりと出したいね」

 初日3連勝中の不破将登は同地区の谷口遼平を目標に得て笑顔を見せた。

 「連係は初めてですね。番手回りもたくさんあるわけではないけど、これからは番手戦も増えてくると思うので、こういうチャンスはしっかりと生かしたいですね。ウエイト練習の成果も出だしたので、初日4連勝を狙いたい」

 

11R


柳詰正宏選手

 総合力が高い九州勢が本線。ホームバンクで誰よりも気持ちが入っている柳詰正宏が予選メインを飾る。

 「前回の防府から一週間ほど空いたけど、状態はそれほど変わっていないと思う。もうちょっと伸びが欲しいですね。最近はここ(小倉)で結果(昨年8月初日から未勝利)が出ていないので、今回こそは白星ゲットしたいですね」

 「疲れがある」と言う松川高大だが、別線の機動型とは力が違い、初日はラインでの上位独占に期待したい。

 「日韓競輪があってすぐに共同通信社杯もあり疲れを取る暇がないけど、戦える状態にはあると思う。メンバー的にも早めの仕掛けはアリですね。良い作戦を練ってラインで決められるようにしたい」

 一気に調子を上げてきた大川龍二が不気味な存在となりそうだ。

 「いろんなことが噛み合ってきた。自分は流れに逆らわずに乗っていく事が大前提。レースの流れに乗ってどこかで自力を出したいですね」

 稲村好将は現状の成績を打破しようと試行錯誤を繰り返している。

 「最近は思ったような走りができていなくて、今は山崎(芳仁)君のトレーニング方法を取り入れている。直前も体のことは気にせず、全力でモガいてきた。疲れはあるが、ナイターなので、抜けてくれると思う。これで良い方向に向いてくれれば」

12R


木暮安由選手

 どのラインも一長一短があるものの、いわき平オールスターでの落車の影響を感じさせず、前回の武雄共同通信社杯で2連対を果たして準決へ進出した木暮安由が混戦を断ってくれそうだ。

 「前回終わってからは地元に帰らずに武雄で調整した。バンクで走りたかったけど、雨だったので室内でローラーに乗って体を作った。練習の感じでは、前回より良いと思う。次走が寛仁親王牌なので勢いをつけるためにもタテで勝負して結果を出したいですね」

 バック数と逃げの決まり手が断トツの大竹歩が果敢に主導権を取りにいきそうだ。

 「共同通信社杯終わりの人が大多数なので、自分のコンディションが一番良さそうですね。渡邉(雄太)君も以前みたいにがむしゃらに先行しなくなったように見えるので、主導権自体は取りやすいと思う。ただラインが2車なのは厳しいですね。3車なら何も気にせず先制できたけど、2車だとそうはいかない。巧く仕掛けていきたいですね」

 渡邉雄太はレースの組み立てに柔軟性が出てきた。

 「最近はヨコの動きとかをやっているように見えるけど、たまたま当たりにいっただけで、意識は全然していない。タイミング良く仕掛けられているのが、良い成績に繋がっていると思う。中3日で、静岡に帰って軽く練習してきました。小倉はS級では2回目。前回はひとつも着に絡めず大敗だらけだったので、今回は確定板に載れるように頑張りたい」

 岡村潤は前回の武雄3日目に渡邉とワンツーを決めている。

 「中3日が続く疲れと練習をし過ぎた疲れもあるが、尻上がりに良くなってくれるはず。この後に続くグレードレースを見据えて、今回は新車を試す。それが良い方向に向いてくれれば良いですね」

9月24日

検車場レポート

検車場レポートはただいま公開準備中です。

9月25日

検車場レポート

検車場レポートはただいま公開準備中です。

▲TOPへ