小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#


  • FⅠ
  • 富士通フロンテック杯
  • 2.23Thu 24Fri 25Sat

次回開催
F2
3/1 ・2 ・3

レース展望

混戦も田中晴基に期待

田中晴基

坂本健太郎

森川大輔

実力拮抗のシリーズだが、中心には田中晴基を推す。田中は1月向日町で山田久らを破って優勝、。続く2月取手では準優勝とここへ来て調子上向きだ。自力主体に取手決勝のように、いざとなればさばきもできるのが田中の強み。ここも前々に攻めのレースで優勝争いをリードする。林雄一は昨年3月の名古屋ダービーで落車から7カ月以上の欠場。復帰後も12月平、直前の2月松山と落車続きで体調面に不安がある。万全なら鋭い差し脚を武器に優勝を争える一人。14年1月の和歌山では番手回りから念初優勝を飾るなど、田中との相性も良好だ。

迎え撃つ九州勢には坂本健太郎、山田庸平と動けるタイプがそろった。坂本は好調とまでいかないが、1月は平、名古屋で連続優出とタテ攻撃健在。山田は昨年中盤から成績を上げ、11月武雄では外国勢や新山響らを破ってS級初優勝も飾っている。

昨年9月向日町記念で肩甲骨と指を骨折した森川大輔は1月に戦線復帰。初戦の前橋でいきなり決勝進出とブランクを感じさせない走りを見せており、ここまでには更に上積みも望めそうだ。

点数最上位の内藤宣彦はスジの機動型こそ手薄だが、佐藤博紀や南関勢との連係から差し脚を伸ばす。同じくスジの自力選手が少ない関東勢だが中村淳、浦川尊明と力のある追い込み選手がそろっている。

注目選手

  • 小橋秀幸
    青 森・85期・S 2

    小橋秀幸

     鋭いタテの脚を武器に今年早くも4勝を挙げている。スジの機動型が手薄な今シリーズは奥の手のまくりも駆使して上位進出を狙う。

    ■直近4ヶ月成績(*02/25現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    103.40 1 5 5 1 14
    勝率 2連対率 3連対率
    20.0 40.0 44.0
  • 加賀山淳
    千 葉・94期・S 2

    加賀山淳

     昨年中盤に点数を落としてまで挑戦した成果でまくりも出るようになったが、持ち味は先行力。上位に先行型が手薄な今シリーズはチャンスだ。

    ■直近4ヶ月成績(*02/25現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    102.16 13 6 3 6 15
    勝率 2連対率 3連対率
    20.0 30.0 50.0
  • 石塚輪太郎
    和歌山・105期・S 2

    石塚輪太郎

     S級に上がって3場所で勝ち星こそないが、ライン重視の積極策で連がらみは多い。条件は加賀山と同じ。生かせばS級初優出もありそうだ。

    ■直近4ヶ月成績(*02/25現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    99.29 18 1 8 3 12
    勝率 2連対率 3連対率
    4.1 37.5 50.0

▲TOPへ