小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#


11月19日

検車場レポート

1R


近藤隆司選手

 オープニングレースの1番車に抜てきされたのは近藤隆司だ。近況は充実一途。初の競輪祭で好スタートを決める。
 「朝早いレースはちょっと嫌ですけど、中途半端な時間になるよりは1レースの方がいいですね。地区プロが終わって次の日にウエートで背中を痛めて1本欠場したんですが、今はもう大丈夫。そこから追い込んだ練習もできました。小倉はS級初優勝を決めたバンクなので相性はいいです。明日は佐川(翔吾)君が相手ですね。向こうの方がタテ脚の力はあるし、すんなり先行されたら厳しい。でも、先行争いをしたら、後閑(信一)さんのまくりごろになってしまう。その辺をよく考えて走ります」
 佐川翔吾は直近10場所のバック本数が27回。出場メンバーの中で最多だ。初日から迷いなく攻める。
 「前回の岐阜は着以上に感触が良かったです。終わってからしっかり練習はできたし、いいタイムも出ました。近藤さんも後閑さんも強くて、どう出てくるかわからないけど、しっかり自分のレースをして力を出し切ります」

2R


原田研太朗選手

 原田研太朗は今年のビッグレースで3度の優出。今年一年でタイトルを狙えるまでに成長した。
 「G1で勝つのは簡単じゃないし、そんなに甘くないと思ってます。前回の松戸は展開も良かったし、優勝できてモチベーションも上がってます。終わってからけっこう空いたけど、自分なりにしっかり調整できました。明日は古性(優作)君と和田(真久留)君が相手ですね。2人とも同級生なんで負けたくない気持ちは強い。自力でしっかり頑張ります」
 古性優作は直前の豊橋トラック競技支援競輪で決勝進出こそ逃したが、シリーズ3勝をマーク。調子は上昇カーブを描いている。
 「豊橋の感触は良かったし、ここに向けて、やっといい感じになってきました。豊橋が終わって日にちはなかったけど、しっかり練習してきました。自力で力を出し切ります」

3R


早坂秀悟選手

 早坂秀悟は通算200勝にリーチをかけている。節目達成へ初日から全力投球だ。
 「ここ3場所ぐらい周りのみんなから言われてます。前回の豊橋は勝ち上がれなかったけど、ここを意識して、しっかり組み立てられたのは良かった。最終日は負け戦で1着が取れるかと思ったけど、後ろが金子(貴志)さんでしたから。終わってから中3日だったんですが、仙台に帰って、そこで調整してきました。疲れはないです。今回はしっかり200勝を決めたいですね」
 三谷竜生は前回の岐阜F1で今年2度目の優勝。いいムードで今年ラストのG1を迎えられた。
 「調子自体は上がってきてますね。前回が終わってから、ここに向けて普通に練習してきました。早坂さんは強いけど、カマシ、まくりの選手なので、そこまで意識しないようにしたい。ライン2車なので考えて走ります」

4R


菊地圭尚選手

 菊地圭尚は前回の地元函館記念で準優勝。賞金ランク12位と好位置につけているが、グランプリに出場するには競輪祭で優勝するしかない。
 「(函館記念は)獲れると思ったけど、甘くないですね。武田(豊樹)さんが強かったです。終わって10日から大垣に冬期移動してます。強い(竹内)雄作君と一緒に練習してきました。(グランプリ出場には)獲るしかないし、あとは気持ちですね」
 桐山敬太郎は近況パッとしないが、今年ラストの大一番へ、できる限りの準備はしてきた。
 「成績は良くないけど、ここに向けてやっていたので。それにしても悪い着が多すぎますね。豊橋のエボリューションは長い距離を踏んだんですが、点と点の競走なので厳しかったです。今回はしっかり勝ち上がれるように頑張ります」

5R


小川勇介選手

 タイトルホルダーで実積上位の佐藤友和だが、2か月近く実戦を離れぶっつけ本番で当大会を迎える。その間、体調を大きく崩しており、不安を抱えたままで検車入り。
 「オールスターから走ってないですからね。病気で体調を崩して体重が10kgくらい落ちました。練習はしたけど、戻り具合は2割くらいですかね」
 一方、対照的に小川勇介は体調万全で地元G1に挑む。初日は松岡貴久を目標に、まずは一次予選突破を目指す。
 「地区プロとここに向けて体を作ってきました。体重を3kgくらい絞って。身体が軽くなって、キレが出てきましたね。前回(豊橋トラック競技支援競輪)から中3日で、雨も降ってたので園田(匠)さんと(小倉)バンクで軽く乗りました」
 山田久徳は4月の共同通信社杯で優出するなど、今年一年で大きく成長を遂げた一人。一年の集大成をここで見せる。
 「前回(豊橋トラック競技支援競輪)は二次予選だけダメだったけど、それ以外は良い感じでレースができた。その前からここに向けて練習をしてきたし、前回から中3日だけど体をケアして、そのあともしっかりやってきた。G1だし結果を残したいですね」
 岩本俊介も負けていない。初日は山田との主導権争いとなるか。
 「函館(記念)が終わってから日程があったので、予定通り練習ができました。調子はずっと良いし、そのままだと思います。小倉バンクですか? バンクがどうこうと言うより、今は調子が良いのでいつも通りにやれば大丈夫だと思います」 

6R


郡司浩平選手

 「(G1でも)手応えを感じてきた」と、話すのは郡司浩平。前回のG1、オールスターでは逃げて2連対するなど、ビッグレースでも存在感が増すばかり。
 「前回(のオールスター)もそうだけど、一次予選は勝てるようになってきたので、次のステップに進みたいですね。雰囲気にも慣れてきたし、とにかく一歩ずつ。明日は僕のところだけライン3車ってのは大きいですね。結果も欲しいけど、いつも通り走ればチャンスがあると思います」
 近畿勢は松岡健介、川村晃司の機動型2人が同一レースとなり、注目の並びは川村が前回り。夏場の7月寛仁親王牌、8月豊橋記念と落車禍に泣かされたが、終盤にきて復活。初日も力強い走りを見せる。
 「鎖骨と肋骨を骨折したけど、ようやく良くなってきましたね。力が入るようになったし、自分のレースができるようになった。前回(11月防府F1を835着)が終わってからは特別なことはしていないけど、しっかり練習できたので。小倉はいつも成績が良いので楽しみです」
 ここ一番で強いのは服部克久。強敵が相手でも一発を秘める。
 「前回の函館(記念)が終わってからみっちり練習をやってきました。『やせ過ぎだ』と言われたくらい。初めての競輪祭なので、ちょっと気持ちが入り過ぎましたね(笑)。明日は相手が強いので、脚を使ってでも位置取りをちゃんとやらないと。画面から消えないように(笑)」

7R


大塚健一郎選手

 3車そろった九州ラインが本線。なかでも番手を回る参謀役の大塚健一郎が人気の中心か。
 「前回(豊橋トラック支援競輪)から中3日だけど、前後2日間は休みを入れながら、中日の1日は強めに練習してきました。前回はまだ感覚の面で修正点があったけど、戦える状態にはあると思います」
 その豊橋トラック支援競輪の決勝で戦った小埜正義がいきなりの再戦。前回は勝負どころでインをすくわれたが、初日はリベンジなるか。
 「最近、ストイックに練習をやり過ぎて体重が93kgまで減ってしまった。キレは良くてもパワーが落ちてしまったので、今は95から96kgに戻しました。それでも豊橋では決勝に乗れたので。前回が終わってからは雨も降ってたので、1日パワーマックスで調整してきました」
 木暮安由は前回の西武園をF1を463着と今ひとつの成績。気持ちを入れ直し、再調整して当所に挑む。
 「ここ最近、強めに練習したり、セッティングも試しながらやってたので成績が良くなかった。前回もそうだけど、最近は叩き過ぎたので、ここに向けて強めにやってきました。今回は大丈夫です」
 吉田敏洋は前回の伊東F1では122着の好成績。初日特選はまくりで勝利すると、準決、決勝は果敢に逃げて準V。動きが冴えており、今回も期待が持てそうだ。
 「ようやく最近調子が良くなってきましたね。伊東が終わってからはちょうど良い間隔があったので、休養と練習をしっかりできた。流れに乗っていければ」

8R


竹内雄作選手

 竹内雄作はオールスターで初のG1優出。直近の11月富山F1も他を寄せ付けない圧巻の走りで完全優勝。今回も自慢の先行で敵を引きずり回す。
 「前回は33(バンク)だったので感触はそんなにわからなかったですね。レースの流れも違うし。富山が終わってからは雨も降ってたし、私用もあったから思った練習ができなかった。でも、いつも通りで変わらないと思います。松戸がまぐれと言われないようにここも頑張らないと。結果も大事だけど、レースが小さくならないように、自分のレースをします」
 芦澤大輔は先の豊橋トラック支援競輪を優勝し、良い流れで当所入り。初日は鈴木謙太郎を足場に、まずは一次予選突破を目指す。
 「前回はあまり調子が良くないなかで吉澤(純平)君に優勝させてもらって。車が進まなかった。中3日だけど修正できたと思うし、前回よりは良いと思います。ここで結果を残してナンボだと思うし、気持ちを強く持っていきます」
 片寄雄己は初のG1に意気込む。ここは胸を借り、自慢のカマシ、まくりで力勝負だ。
 「前回の大宮から日にちが空いたので、メニュー通りしっかりやってきました。竹内君は強いイメージがあるけど、自分も見せ場を作れるように。ドームは走りやすいので頑張りたい」

9R


園田匠選手

 中川誠一郎と園田匠の九州コンビに、渡部哲男が続いて本線を形成。園田はタイトルホルダーとして迎えた地元の競輪祭。注目度が増し、また真価が問われる一戦となるが、本人はあくまで平常心を保つ。
 「最近は結果を出してないけど底は脱したし、上り調子になってきた。いつも良すぎてダメだったので、これくらいがちょうどいいのかも。(中川)誠一郎さんにしっかり付いていければ大丈夫だと思うので、抜こうとか考えずにまずは後輪に集中して。しっかり二次予選に勝ち上がりたい」
 中川誠一郎はコロンビア・カリでワールドカップをこなし、地区プロを経て当所入り。
 「海外遠征で疲れもあって、地区プロでは体が動かなかった。でも、今は回復していつもの状態に戻ったので大丈夫です」
 対戦するのは柴崎淳。スピード勝負なら中川に負けてはいない。
 「函館記念(7265着)では成績以上に調子が良かったし、そのまま変わらずここに入れた。ただ、今回から新車なので、セッティングがどうかわからかない。そこだけがちょっと不安ですね」
 高橋陽介も好調を維持し、一発を狙う。
 「人の後ろ回りが増えて感覚に違和感が出たこともあったけど、最近は自力を出すレースが多いんで大丈夫。バックを取ったときの方が成績が良いので、明日も先行し易そうなメンバー構成だから積極的にいきたい」

10R


新田祐大選手

 9月のオールスターで今年2度目のG1制覇を遂げた新田祐大は、続く向日町記念も1211着でV奪取。そこからはおよそ1カ月半をトレーニングに充てて、万全の状態で久しぶりの実戦に臨む。
 「一回オフをつくって、体のリフレッシュ、頭の方もリフレッシュして、リセットしていい状態をつくってきました。練習はいつも以上に良かったので、リフレッシュしたことが結果として出ている。あとはレースでの結果を待つだけですね。そういうことはすごく大事だと思う。緊張感が抜けてしまうかもっていう心配があったけど。逆に集中できている。気持ちをしっかりと入れるためにもよかった。今年はいいプレッシャーで走れると思うし、勝ちにこだわっていきたい。そこ(G1年間3勝)はあんまり考えてないですよ」
 前回の前橋F1では落車失格を喫している諸橋愛。今年は度重なる落車に見舞われながらも、2度の記念優勝を含む4Vは胸を張れる数字だろう。
 「なんとか仕上げてきました。間に合いました。(前橋の落車で)フレーム以外は全部ダメになってしまったんですけど、その辺ですんでよかったです。今年は落車も多いですし、前3走ですごくお客さんにも迷惑を掛けている。まだまだ勉強することが多い。それでもお客さんがあっての競輪ですから。ファンの方々に迷惑を掛けたぶんも返そうって思っています」
 大垣記念で遅まきながら今年の初優勝を飾った深谷知広は、続く豊橋のトラック競技支援競輪1219着。地元Vの期待がかかった決勝は、残念ながらシンガリに敗れた。
 「だいぶ調子も上向いているし、(グランプリ出場へ)ラストチャンスだから今の力を出し切るだけです。配分が詰まっているんで、レース勘はいいのかなって思います。あとは疲れと(4日間出し切れる)体力が課題。(豊橋の決勝は)不甲斐ない結果ですごく悔しかった。先行の組み立ては問題ないと思うので、あとはカマシ、まくりになった時にしっかりと。もう(グランプリに出場するには)優勝しかないんで頑張ります」

11R


稲垣裕之選手

 現在の賞金ランク8位。賞金枠でのグランプリ出場のボーダーライン上にいる村上義弘だが、その重圧に気負うことなく一走入魂を誓う。
 「今回が勝負だって言われるんですけど、自分としては年明けから勝負をかけている。毎年、年が明けたらG1を狙うっていうのが、競輪選手としてやってきたことだし。自分にとってはどのレースも背水の陣だと思っている。だから、ジタバタすることもない。G1を獲りたいっていう気持ちに変わりがないんで、それに向けてやるだけです」
 稲垣裕之は賞金ランク6位で初のグランプリ出場に視界良好だが、悲願のG1奪取へ気持ちをこめる。
 「正直、(グランプリ出場への)緊張感はありますけど。賞金でっていうよりは、G1を獲ってグランプリに出たいと思っている。今年はG1を獲るっていう気持ちが、今の(賞金の)位置だと思っている。(G1を獲るっていう)スタンスは変えずにいきます。手足口病で体調を崩して、その影響がオールスターでは残っていた。それに比べたら今回はしっかりと準備ができたし、順調に練習で仕上がったと思います」
 きりっとした顔つきでインタビューに答える渡邉一成は、自分との戦いをアピールする。
 「メンバーがどうのこうのじゃない。僕の場合は展開をモノにできればどんな相手でもいいレースができる。逆に展開をモノにできなければ、どんな相手にも負けますし。それで消極的にならないように。競輪祭の初日は山崎(芳仁)さんと一緒のことが多いような気がしますね」

12R


武田豊樹選手

 熊本、函館と記念を連覇し順風満帆の武田豊樹が、リラックスムードで自転車を組み立てる。今年はグランプリのチャンピオンジャージをまとい、その責任を全うしてきた。
 「(グランプリのチャンピオンとして)自己管理もできたし、集中ができたと思います。(函館記念の決勝は)あれで(菊地)圭尚が優勝かなって思いましたけど、俺もいい踏みごたえだった。そこからは疲れだけが心配ですけど。自分なりにしっかりと(練習を)やってきました。(初日は)池田(勇人)君がいるので任せて、1着を目指して頑張ります」
 北日本地区はひとりとなった小松崎大地だが、井上昌己、岩津裕介がラインを固めて3車のラインができあがった。
 「ラインができるってことは、評価されているってことだと思うのでうれしいですね。(小倉は)走りやすいし、好きですよ。最近は体重に変わりがないけど、体は引き締まってきた感じもあります。今年はいろいろ悩んだりしたけど、(調整方法とかも)つかめてきた。いろいろ見つめ直すことができてよかったと思います」
 函館のサマーナイトフェスティバルでの落車による怪我から熊本記念で復帰した金子貴志は、熊本が未勝利も続く前回の豊橋トラック競技支援競輪では3勝を挙げた。白星はなによりの良薬で、前回を振り返りながら金子がホッと一息つく。
 「熊本の時はどうなることかと思ったけど。やっぱり1着を取れると気持ちも乗ってくる。1着が取れないと、練習してても疲れますからね」

11月20日

検車場レポート

1R


海老根恵太選手

 オープニングレースは南関勢3車で確定板を独占した。レースは佐川翔吾が打鐘過ぎから先行。後閑信一が飛び付いて後位はもつれる。そこを近藤隆司が踏み込んで佐川後位に追い上げる形に。最後は海老根恵太(写真)が鋭いキメ脚を発揮した。

 「うれしいですね。(近藤が)怯んでどうかなって思ったけど、またすぐに行ってくれた。番手がもつれて空いていたので、いい展開になりました。地元オールスター、千葉記念と続いて疲れはあるんですが、なんとかラインで決まってよかったです」

 佐川後位に追い上げた近藤隆司は3着で二次予選に進出。前々に攻めたことが結果につながった。

 「1レース1番車でそれなりの走りはできたと思います。(佐川に)フタをされてしまって、ヤバかったけど、打鐘は外で脚を溜めて、ホームで行けるところまでと思って踏みました。出が悪くて出れる気配はなかったけど、恵まれました。最後は海老根さんが内から来たのはわかりました。なんとかラインで決まってよかったです」

 ライン3番手の望月裕一郎が3着に流れ込んだ。

 「海老根君の動きを見ながらでした。前に踏んでくれたので、自分のコースができました。狭いところは好きなんで。正直、うれしいです」

 

2R


小倉竜二選手

 古性優作が切った上を、原田研太朗が打鐘で叩いて主導権を握る。叩かれた古性が中団まで下げると、最終ホームからすかさず和田真久留がまくり返す。しかし原田の掛かりが良く、和田は前団をとらえるまでには至らない。最後は番手の小倉竜二(写真)が原田を交わして白星スタートとなった。

 「初めてちゃうかな。(原田を)きっちり抜けたのは。珍しく原田君が良いところで行ってくれたね(笑)。ジャンで(ワンツーが)決まると思った。前が頑張ってくれました」

 レースを支配した原田研太朗は、清々しい表情でレースを振り返る。

 「すんなり出させてくれたのが大きかった。出切ってからはペースで踏めました。ちょっと自分の距離じゃなかったですけどね。前回からチェーンを換えてみたんですけど、それもいい方に出ているかもしれません」

 

3R


和田圭選手

 周回中は5番手にポジションを取った早坂秀悟は、8番手の新田康仁の仕掛けを待つことなく赤板手前で自ら踏み上げて主導権を握って出る。三谷竜生と新田の中団併走で一度は落ち着いてペースを落とすと、野田源一のカマシに素早く反応。踏み出しで一瞬立ち遅れた番手の和田圭(写真)が難なくリカバーして、早坂の逃げを追い込み1着も反省まじりで振り返る。

 「(早坂)秀悟があんなに踏むと思ってなかった。秀悟は引きつけて、(野田が)来たのが見えてから全開で踏みましたね。あれで(野田に)きつく締められたら危なかった。もっと自分がちゃんと踏み出しで付いていけば、(ラインで)ワンツースリーだったと思う。(踏み出しで遅れた)俺のミスです」

 前の野田は合わされ不発。外に浮いた柏野智典は内藤宣彦、新田に弾かれながらも立て直して2着に強襲。

 「ゲンちゃん(野田)はワンテンポ遅かったですね。それでもああやって行ってくれるのが、ゲンちゃんなんで。自分はスピード的には余裕もあった。思った展開にはならなかったけど、焦りはなかったです」

 迷いない仕掛けでレースを支配した早坂秀悟が、気心知れた和田を見つけると笑みをたたえて汗をぬぐう。

 「柏野さんには割り込まれてしまったけど、ラインの3人で勝ち上がれたのはよかった。稲垣(裕之)さんを見てもあのくらいの距離は踏んでいるし、自分もあのくらいの距離を先行できるところを見せておかないと。2着には残りたかったですけどね」

 

4R


北津留翼選手

 早めからレースが動き、打鐘で北津留翼(写真)が押さえると、さらに筒井裕哉が叩いて主導権。すると吉田健市が離れ、番手に北津留が入る予想外の展開に。北津留は巻き返してきた菅田壱道をうまくどかすと、最後は余裕を持って追い込み、1着でゴールした。

 「なんとか(二次予選に)つなぎました(笑)。今日は出られたら自分がすぐに巻き返していこうと思ってたけど、(番手が)離れてたのが見えたので入りました。(まくってきた)菅田君をしのぎながらなんとかいけました」

 単騎逃げになった筒井裕哉だったが、粘りを発揮して2着に踏み止まる。

 「北津留君は踏んでなかったし、もともと今日は行こうと思ってたので。後ろが離れたのはわかりました。もったいなかったですね。北津留君は飛び付いたの? でも、僕も2コーナーから加速していったし、4コーナーも踏み直せたの調子は良いと思う。勝ち上がれてよかった」

 九州勢を追走した香川雄介は、切り替え策から1車追い上げる形で3着に入る。

 「ゴチャ付いたら切り替えていいと言われてたので。北津留君は詰まってたし、後ろから飲み込まれると思ったので。遅れたところで菅原(晃)君に持ってこられてキツかったけど。最近、点数を下げてるから勝ち上がれてよかった。外を回ってたので久しぶりにキツかったですね」

 菅原晃は香川とからむ展開となったが、辛うじて4着で二次予選の権利を獲得した。

 「北津留君が頑張っってくれたし、凌いでいくれたおかげ。香川さんにはゴチャ付いたら切り替えて下さいと言ってあったので。体重の乗せ方とか勉強になりました。脚の状態は悪くないです」

 「失敗しました」と、肩を落としたのは8着に敗れた桐山敬太郎。「突っ張るか、引くかの微妙なところだったけど。モガき合ってくれるかなと思って引いてしまった。普段からスピードを上げてから引くんだけど、ワンテンポずつずれてしまった。G1は紙一重ですからね。脚は悪くないんで、修正してまた明日頑張ります」

 

5R


松岡貴久選手

 打鐘で前に出た山田久徳を佐藤友和がすかさず叩く。三谷将太が齋藤登志信を飛ばして、佐藤後位に山田がはまる。後方で齋藤と岩本俊介の2人が落車。最終2コーナーから山田が番手まくりを放ったが、近畿の後位を確保していた松岡貴久(写真)が、直線一気に追い込んだ。

 「前の状況はすべてわかっていたけど、後ろで誰が転んだのかはわからなかった。でも、後ろから来る気配はもうなかったし、あとはかぶらないようにと思っていた。2コーナーで仕掛けられれば良かったけど、前(山田)も行ったんで。1着を取れて良かったです」

 山田を好アシストした三谷将太が2着に入った。

 「あいつもけっこう踏んでいたし、3番手ではきついと思った。前と後ろ2人で頑張った結果。ワンツーなら120点だけど、2、3着でも100点満点のレースでしょう」

 番手まくりの山田久徳は3着で二次予選に進出した。

 「岩本さんが落車したのはわかりました。踏むべきところでしっかり踏めたし、力は出し切れました。三谷さんと2人で勝ち上がれたのはよかったです」

 

6R


郡司浩平選手

 後ろ攻めの才迫開が赤板前から上昇すると、郡司浩平(写真)が才迫を切ってハナに立つ。その上を服部克久がカマシ気味に叩いて先行態勢に入ったが、これを叩き切った川村晃司が最終主導権。近畿ペースでレースは進んだが、最終ホームからまくり返した郡司が前団を一気に飲み込み、南関トリオで確定板を独占した。

 「レースが早く動いたので自分も早めに切りに行った。それでけっこう脚がいっぱいになったんですけど。それでもしっかり反応して仕掛けられたし、状態はいいと思います。G1は二次予選が壁になっているので、今回こそは突破できるように頑張りたい」

 強引に主導権を握った川村晃司だったが、郡司のまくりに屈して一次予選敗退となった。

 「Sを取らされてしまったのが…。あと服部君がけっこう踏んでいたので、出切るまでに脚を使ってしまいました」

 

7R


大塚健一郎選手

 先行の腹を固めていた吉本卓仁が、赤板の2コーナーでハナに立って主導権。警戒していた吉田敏洋のカマシを最終ホーム手前からのペースアップできっちり合わせると、番手の大塚健一郎(写真)が絶妙なブロックで吉田を止める。3番手の合志正臣が内を締めて、それぞれの役割を果たした九州勢が上位を独占。白星発進の大塚は、クールダウンを終えると例によって淡々と振り返る。

 「みんながいい仕事をした。各々がしっかりとやった結果、みんな3着までに入れた。(吉本が)力を出し切ってくれたんで、自分はとにかく仕事をしようと。近況、吉田君が強かったんで、(ブロックを)強めに行こうと。ジャストでもってかないと、(別線の)みんなも強いですから」

 合志正臣は、逃げた吉本と大塚の間をこじ開けるようにして2着に入った。

 「(外帯線を)外さないでいたんで、そこは結構キツかったです。(中村)浩士も小埜(正義)も内に来るから空けられなかった。あとは僕は付いていただけで恵まれました。展開ですね、ラッキーしました」

 「後ろがしっかりしてましたからね」と、ラインへの全幅の信頼を寄せる吉本卓仁は、3着も納得の競走内容。

 「ラインで決まってよかったです。今日は先行しようと思っていた。だけど、久々に先行したら、こんなにしんどいもんかと…。もう(最終)2コーナーからは全開で、あとのことは考えてなかったです」

 

8R


竹内雄作選手

 点数上位の竹内雄作(写真)が圧巻のまくりで快勝し、人気に応えた。レースは後ろ攻めの鈴木謙太郎が赤板で前を押さえると、さらに片寄雄己が打鐘前で先頭に出る。片寄はそのままペースを上げて先行すると、竹内が中団外併走からひとまくりした。

 「(打鐘過ぎの)3コーナーで1回後ろ(中団)に入れたので、そこで一息つけたのがよかったですね。ホームで出切れるのかちょっと焦ったけど、なんとかいけましたね。とりあえず1つ(勝ち上がれた)。よかったです」

 林巨人は必死にマークして2着を確保。引き揚げるとドッカリ腰を下ろし、そのまま大の字に。

 「キツすぎる…。めちゃくちゃかかりましたね。今日は絶対にどこかで仕掛けると思ってたので、集中してました。踏み出しで離れたし、ホームで芦澤(大輔)さんに持って来られたけど、落ち着いて自分のペースで行こうと。アイツのペースにはまってしまうといけないので。1センターで竹内が回したんで落ち着いて追い付いて。自分も自力みたいなもんです(笑)。池田君が(3番手に)付いてくれたのも大きかった。あれだけ行ってしまうんでアイツは強いよ。僕は付いてくことに集中してました」

 逃げた片寄の番手から、松坂英司が追い込んで3着。

 「片寄君のおかげ。中団を取ろうと思えば取れたけど、片寄君はもう先行と決めてましたね。ああいう競走をするんだから、まだまだ強くなっていきますね」

 芦澤大輔は鈴木を懸命に援護したが、共倒れに終わり自身は7着。

 「踏み出したときに外を飛ばして、鈴木君に(竹内を)追わせようとしたけど…。自分の力不足でした」

 

9R


高橋陽介選手

 伏兵の高橋陽介(写真)が会心の逃げ切り勝ち。打鐘で切った柴崎淳を叩くと、後続の出方を確認しながらペースアップ。最後まで粘り強く踏み切った。

 「後ろを見ながら、徐々に踏んでいけました。うまくスピードに乗せられたと思います。駆ければ大槻(寛徳)さんが仕事をしてくれるのはわかってますから。最近は大槻さんに迷惑をかけるレースも多かったし、今日はしっかり決まってよかったです。気持ちよく駆けられました」

 大槻寛徳が2着に流れ込み、北日本ワンツー決着。まくってきた柴崎淳を好ブロックで止めるなど、番手の仕事ぶりが光った。

 「駆けてくれたし、しっかり止めようと思ってました。後半にかかっていく感じでしたね。もうちょっと引きつけたかったんですが、その上を(中川)誠一郎が来ると思ったし、波を作った方がいいかなと。あれで抜ければ最高だったけど、ラインで決まってよかったです」

 人気の九州勢は不発。最終3コーナーで内を突いた渡部哲男が3着に食い込んだ。

 「園田(匠)には悪いことをした。でも、あそこで待ったら自分もないから。シビアにいかせてもらいました。また明日ですね」

 

10R


天田裕輝選手

 後ろ攻めの鈴木庸之が赤板手前で始動すると、好位に構えていた深谷知広も合わせて上昇。深谷は突っ張る素振りも見せたが、結局車を下げ、鈴木率いる上越ラインが出切った。しかし、新田祐大が打鐘の4コーナーからすかさず反撃開始。1コーナーで鈴木を飲み込むとあとはマイペースで駆けて力強く押し切った。

 「レース内容や組み立ては思った通りいった。踏み合いは自分たちにとってラッキーでした。出切ってからの踏み直しは、100パーセントではないけど良い感じだったと思います。いい状態で臨めているからこそレース後のダメージは大きいけど、しっかりケアして、今以上のパフォーマンスを(2日目以降)見せられるように頑張ります」

 新田マークの佐藤慎太郎が懸命に食い下がって確定板をキープ。2日目は優秀「ダイヤモンドレース」へとコマを進めた。

 「相手が2段駆けってわかってるのに行くんだから、新田は強いし、すごいですよ。3着で悔しいけど準決の権利を得られたので」

 鈴木に付けていた天田裕輝(写真)は、最終1センターで佐藤後位にスイッチ。直線猛追したが新田にはわずかに届かず2着。

 「踏み合ったら新田君の展開になっちゃいますよね。それでも冷静に切り替えられたし反応も良かった。だから調子は良いと思います」

 

11R


平原康多選手

 中団の平原康多(写真)に併せ込んでフタをした稲垣裕之が赤板を通過しても動かないと見るや、前受けの渡邉一成は突っ張りの英断を下す。ペースが上がった打鐘から強引に叩き出た稲垣を合わせて渡邉が主導権をキープ。4番手にいた平原は、外の村上義弘をけん制してスペースを確保するとまくり一気。2着を6車身ちぎる圧勝劇で、ゴール板を真っ先に駆け抜けた。

 「突っ張りは想定の範囲でしたね、(渡邉)一成ならあると思っていた。そこから一成は1周半くらいならもっちゃうんで、その時に自分がかぶって力を出し切れないのが一番最悪のパターンだと思ってた。村上さん、南(修二)さんが降りてきそうになったけど、入られないようにと。自分の位置を確保するのが大変でした。練習していた感じが前回、前々回よりも上積みがあったんで、(まくって)行く時は自信を持って行けた」

 平原のまくりに遅れ気味だった神山雄一郎を最終3コーナー過ぎにさばいた山崎芳仁が、平原に離されながら2着。

 「(別線が)遅めだったら、あの作戦だと思っていました。そこからは平原が1車だったのが見えたんで、一成もまだ踏めそうだったからああなりました。2車で来られたらスイッチしないとっていう感じでした。一戦、一戦、上の方で走った方がいいので、勝ち上がれてよかったです」

 突っ張り先行で持てる力を余すことなく出し切った渡邉一成が、苦しい直線をなんとか踏ん張って3着。

 「このメンバーで位置取りにいっても平原さんにはかなわないんで、だったら力を出し切れる展開の方がと思って突っ張りました。もうちょっと平原さんのところをゴチャつかせるのが理想でした。でも、平原さんはひとりだけ脚を溜めていましたね。平原さんには行かれてしまったけど、3着には粘ることができた。(力を出し切って)僕のレーススタイルだったと思います」

 

12R


稲川翔選手

 最終レースは赤板からハイペースの展開に。まずは後ろ攻めの小松崎大地が早めに動いて誘導を下ろすと、今度は池田勇人が赤板で前を押さえて先頭に立ち、そのままフカして主導権を握る。すると、小松崎は中団で大きく車間が空いてしまう。しかし、小松崎は詰める勢いで最終ホームからスパートして前団をまくり切り、さらにその後方から脇本雄太が襲い掛かる。脇本が3コーナーで前を捕らえると、最後は稲川翔(写真)が差し切って勝利した。

 「あの展開は予想してたので焦りはなかったですよ。力を出し切ればいけるって脇本君には話していたし、その通り頑張ってくれました。差せたのはよかった。僕は(高いレベルの)レースに参加できているので調子は良いと思います」

 脇本雄太は立ち遅れたものの、落ち着いた走りで「ダイヤモンドレース」へコマを進めた。

 「前受けは予定通りだったし、慌てずにいけました。ナショナルチームでスピードレースには慣れているので。踏めている感じがありまね」 

 小松崎を即席ラインを組んだ井上昌己は「前に踏めばよかった」と5着に。「(小松崎が)追い付いた勢いで行ってくれたけど、脇本君のスピードが違った。車間を切るのもキツかったし、それなら(番手から)出てもよかったかな」。

 井上に続いた岩津裕介も「(井上)昌己の判断に任せるしかなかったので仕方ない」と、こちらは7着。

 「池田君は頑張ってくれたけどね。僕もなにもできなかった」と、言うのは武田豊樹。「池田君があそこまで踏んだから、脇本君が生きてきたんだろうし。普通だったらまくりのまくりは決まらないからね。池田君もそうだけど、僕も飛び付きくらいはできただろうし、お互い反省して明日また頑張ります」と、二次予選へ気持ちを入れ直す

 池田勇人は作戦が失敗に終わり、シンガリの9着。

 「脇本君がまだ内にいたのが見えたから、小松崎さんが内を意識している間に引き離せればチャンスがあると思ってました。落ち着いていけたんですけどね。レースなんで仕方ないけど、とりあえず気持ちを入れ直して明日が頑張ります」

 

11月21日

検車場レポート

1R


坂口晃輔選手

 服部克久、菅田壱道の順で切って、そこを吉田敏洋が一気に叩いて出る。最終ホーム過ぎにライン3車で出切って中部勢のペース。番手絶好となった坂口晃輔(写真)が、ゴール寸前で粘る吉田をとらえた。
 「吉田さんがいいタイミングで行ってくれました。あそこで行くのはわかっていたのに、出脚で口が空きかけた。菅田さんが後ろで粘ってる感じだったので、それが気になりました。あとはゴール前勝負できるように。恵まれました。吉田さんとは本当に相性がいい」
 吉田敏洋は力強い先行策で2着。ラインを上位独占に導いた。
 「三重の2人がしっかり仕事をしてくれた。差されるのはしょうがない。でも、ドームは走りにくいね。引っ掛かりがなくて、バタバタしている。外の方がいいね」

2R


志智俊夫選手

 片寄雄己と古性優作が赤板過ぎから激しく踏み合うと、新田康仁が離れ、古性が片寄の番手に収まった。古性は最終2コーナーから番手まくりを放ったが、6番手でじっくり脚を溜めていた柴崎淳がこの上を豪快にまくり切り、最後は志智俊夫(写真)が悠々と番手差しを決めた。
 「柴崎がまくってくれたおかげ。タイムは何秒でしたか? とにかく強かったです。自分も今日は感じ良く走れたと思います」
 鮮やかなまくりを決めた柴崎淳も納得の表情。
 「今日はしっかりと自分のタイミングでまくって行きました。ちょっと新田さんがどうするのか見過ぎてしまった感じもあったんですけどね。ひとつでも(最終日に)上のクラスを走れるように明日も頑張ります」

3R


牛山貴広選手

 打鐘過ぎに一度は3番手に入った鈴木謙太郎だったが、呼吸を整えて再度発進。最終ホームで川村晃司を強引にねじ伏せ主導権を奪取すると、番手の牛山貴広(写真)が後続との間合いを図りながら追い込み1着。
 「練習では(鈴木)謙太郎を差せないし、強いですからね。今日も頑張ってくれた。(3番手で)構えてたらしゃくられてただろうから、苦しかったと思うけどあそこで行って正解だと思います。自分は(番手で)ちょっと焦っちゃったけど、感じは悪くないですね」
 「3車いたんで、出切れても出切れなくても行こうとは思っていた」と、鈴木謙太郎が、攻める姿勢を貫いて牛山との茨城ワンツーにつなげた。
 「(3番手に)一回入ったんですけど、野田(源一)さんにしゃくられるかと思って、それならと思って行きました。それで出切れたんでよかったです」

4R


佐川翔吾選手

 後閑信一が赤板で押さえて前に出ると、さらに才迫開が叩いて先頭へ。才迫は後ろを警戒しながらペースを上げていくと、佐川翔吾(写真)がホームから反撃を開始。佐川は池田良のブロックをかいくぐると、バックで才迫をとらえてひとまくりした。
 「ホームで1回見てしまい、『しまった』と思ったけど、そこから行けたので調子は良いですね。でも、後ろ(の競り)を気にする余裕がなくて。松岡(健介)さんに申し訳ないことをしました」
 芦澤大輔が佐川の番手を奪って2着に入る。
 「マーク屋としての走りはしたけど、最後もう少し前に食い下がりたかったですね。体力的に落ちているし、弱くなっている気がします」
 後閑信一は3番手好位を取ったものの仕掛けを逸し、後ろから飲み込まれて5着。
 「詰まってしまった。情けない。タイミングもつかめないし、気持ちと体が合ってない。修正していかないと」

5R


中川誠一郎選手

 中川誠一郎(写真)の豪脚がさく裂した。三谷竜生の先行を最終バック7番手からまくって完勝。次元の違うスピードで人気に応えた。
 「昨日は詰まったところで仕掛けて失敗した。普段ならあれでも耐えて、それから伸びるんですけどね。そのことがあるので、今日はホームで行けなかった。詰まり過ぎないようにしてました。とりあえず勝ててホッとしてます」
 地元の園田匠が懸命に食い下がって、九州ワンツー決着。
 「最高のワンツーですね。2人で上に上がれたんで。(中川は)余裕がありすぎる感じでとにかく強かった。とりあえず付いていけたし、セッティングをいじって良くなりました」

6R


村上博幸選手

 正攻法に構えた稲垣裕之が、赤板目がけて上昇した石井秀治を出させず打鐘手前から突っ張り先行。松岡貴久が中団をがっちりキープし、石井は外併走を凌げずに後退。稲垣に乗っていたS班の村上博幸(写真)が最後は番手から有利に抜け出し準決勝へのキップをつかんだ。
 「稲垣さんに全て任せていました。突っ張りは作戦ではなかったんですけど、先行してくれたので僕も気合を入れて走りました。G1で1着はうれしいですね。復帰直後と比べれば、だいぶ(状態も)良いです。でも後ろのスピードが把握できていない部分があったし、その辺りは修正したい」
 中団からのまくり追い込みで近畿勢に迫った松岡貴久が2着。
 「大塚(健一郎)さんが初手でいい位置を取ってくれたのが大きかった。稲垣さんの突っ張りもあるかなと想定してました。2コーナーで仕掛けて行こうと思ったけど、後ろが大塚さんじゃないのがわかって、ちゅうちょしてしまった。それでも勝ち上がれたのでよかったです」
 接戦の3着争いを制した三谷将太だが、4着で敗退となった先輩の稲垣を気遣って、慎重に言葉を選ぶ。
 「稲垣さんが2周も行ってくれたし、もう少し自分が何かできれば。自分は付いて行っただけ。勝負がかかっているレースであんな競走ができるんですから、稲垣さんはやっぱりすごいです」
 優勝を目標に掲げていた稲垣裕之だったが、4着に沈み二次予選敗退となった。
 「(突っ張りは)自分の持つ距離だと思って。ただ初日に自分のレースができなかったぶん、調子をつかめていなかった。それが最後の末の甘さになりました。悔しいです」

7R


和田真久留選手

 周回中は8番手にいた早坂秀悟が赤板の2コーナーで押えて出ると、前受けの和田真久留(写真)に予想だにしない好位の3番手が転がり込んだ。原田研太朗が5番手に収まり、一本棒のまま最終ホームを迎える。逃げる早坂に原田のまくりが襲い掛かると、神山雄一郎がブロック。脚を溜めた和田は4コーナーから車を外に持ち出して追い込みで突き抜けた。
 「なんとか海老根(恵太)さんと一緒に乗りたかった…」と、1着にも和田が複雑な表情で汗をぬぐう。
 「細切れですからね、3分戦だったら(展開も)わかりやすいんだけど。前を取った時点であの展開は考えてなかった。難しいですね。(3番手に入って)後ろも来そうだったし、前との車間も切れなくてまくりの間合いを取れなかった」
 原田のまくりを阻んで追い込んだ神山雄一郎だったが、ゴール前で和田に交わされて2着。
 「周りが強い。3コーナーで(原田は)止まったと思ったけど。そこからまた乗り越えて来た感じですね。もう自分には早坂を残す力が残ってなかった」
 神山のけん制でスピードが鈍った原田研太朗は、直線で外をあきらめずに踏んで3着がやっと。ラインを組んだ岩津裕介、柏野智典を気遣いながら、言葉を振り絞る。
 「自分だけ届いてしまって、岩津さん、柏野さんには申し訳ないことをしてしまった。筒井(裕哉)さんが(早坂を押えに)行って、その上を勝負だと思っていたんですけど。そうならなかった。明日(準決)に気持ちを切り替えて…」

8R


池田憲昭選手

 小松崎大地から執拗に抵抗を受けながらも、山田久徳が赤板で押さえて先頭に立つ。山田は打鐘前からスピードを加速して逃げていくと、最終ホームを一本棒で通過する。山田が吹かして逃げるなか、村上義弘は車間を空けて前を追走すると、2コーナーから番手まくりを敢行。最後は京都勢に付けた池田憲昭(写真)が、差し切って1着を手にした。
 「今日は早めからレースが始まったのでしんどかった。赤板でハウスしてたので気持ち悪かったけど、前に出てくれたので。村上さんが強かったですね。タイミングがないところで出ていったので。僕は感じがどうこうというより、前が強かった」
 村上義弘は2着で準決勝進出。グランプリ出場に向けて歩を進める。
 「山田君は力を付けているし、こういうメンバー構成だからこそ隙がある(から山田も勝ちを狙える)と思ってたけど、いざレースが始まったら思い切り行ってくれましたね。行ってくれたからには山田君の気持ちをムダにしないように(番手から出た)。勝ち切らないといけないんで(2着で)申し訳ない。今日は山田君の頑張りに尽きます」
 和田圭が3着。迎え入れた小松崎と後方に置かれたが、まくりの惰性をもらい、直線で鋭く追い込んだ。
 「入れてあげたというより、(小松崎)大地さんがいないと自分では何もできないので。入れてそこからと思ってました。最後、外を踏むか迷ったけど、届かないと思ったので。コースが空いてくれました。(ゴール後に落車したが)体は大丈夫です」

9R


深谷知広選手

 打鐘で飛び出した北津留翼を深谷知広(写真)が強引に叩いて最終主導権。そのまま別線の反撃を寄せ付けずに逃げ切り、力の違いを見せた。
 「ホッとしました。前は取りたくなかったけど、どんな展開にもしっかり対応しようと。昨日が不甲斐ないレースだったので、今日はいい走りをしようと思ってました。年末のグランプリに出るには優勝するしかないので狙っていきます」
 林巨人が完璧マークで2着に流れ込み、愛知コンビで連を独占した。
 「深谷君がドンピシャのタイミングで行ってくれました。踏み出しに集中して、小川(勇介)君のところを越えれば大丈夫かなと。かかりも良かった。あれでまくられたら仕方がないけど、そんな感じじゃなかった。強かったです。僕は何もしてない」
 叩かれた北津留翼は3番手。その後ろから直線で外を伸びた小川勇介が3着に入った。
 「打鐘過ぎに1回(深谷を)振ったけど、空振りだった。でも、最後は翼を外から抜けているし、感じはいいですね」

10R


浅井康太選手

 竹内雄作が正攻法からの突っ張り先行でレースを支配。立て直して3番手に入った池田勇人や、後方からのまくりにかけた高橋陽介をまったく寄せ付けず、ゴール前は浅井康太(写真)と一騎打ちになったが、S班の浅井が貫禄の寸前差しを決めて、2車単1番人気に応えた。
 「(竹内)雄作が強かった。ジャンのところで雄作が車を下げるのかと思って入れようとしたら、そのまま(突っ張って)行ってしまった。そこは判断ミスですね。入られたら危なかった。(1着は)全て雄作のおかげです」
 圧巻の逃走劇を披露した竹内雄作だが「すべて浅井さんのおかげです」と謙遜する。
 「浅井さんに『最後まで諦めず踏め』って言われたので、しっかり従いました(笑)。あそこで引いたらないと思って突っ張ったんですけど、体がうまく反応してくれました。ゴールまで踏めたし、逃げ残れたのでよかったです」
 竹内に突っ張られて苦しい展開になった池田勇人だったが、3番手の池田良をキメて好位を確保すると、離れながらも前団を懸命に追いかけ3着に流れ込んだ。
 「赤板から踏みっぱなしでキツかった。出してくれればと思ったけど、突っ張る気配もありました。この3着はデカイけど、(竹内と)自力の違いを感じて…。それはショックな発見でしたね(苦笑)」

11R


武田豊樹選手

 鈴木庸之に併せ込んでから郡司浩平が、打鐘で主導権を奪取して駆ける。フタをされた鈴木がすかさず巻き返して出るも、郡司に合わされ不発。
 「一番脚を使っているヤツ(郡司)を叩けないんだ。弱い…」と、鈴木庸之は天を仰ぐ。鈴木の余力を計り自力に転じた武田豊樹(写真)は、逃げる郡司にグングンと迫りまくりでとらえると、そのまま別線の反撃を抑えて1着。
 「(まくって)出ていかなきゃいけない流れでしたね。そこまでも脚を使ってないようで、使っているんですよ。それでも勝ち上がれたし、また明日です」
 神山拓弥が武田に遅れてスペースができると、菅原晃が狙いすまして最終ホームでスイッチ。そのままきっちりと流れ込んだ。
 「武田さんの後ろと思って。あとは流れでしたけど、そこしかなかった。武田さんが自分で出ていくのがわかっていたんで。(合志正臣と)2人で勝ち上がれるには、あれが一番いいと思ってました」
 菅原に食らいついた合志正臣が、近況の悪い流れを断ち切る3着で準決へと進んだ。
 「展開一本ですよ、よかった。今日は(菅原)晃が準決に乗ってくれればいいっていう気持ちだったし、晃が本当に上手だった。自分もなんか今日は不思議と付いていけました。すんなりでも離れたりしてるんで、キツいかなと思っていたんですけどね」

12R


佐藤慎太郎選手

 赤板過ぎから脇本雄太と新田祐大で壮絶なやり合いに。ナショナルチーム同士の激しい攻防は最終ホームを取った新田に軍配が挙がったが、そこからの余力はなし。すると、すかさず平原康多がバックまくり。最後は天田裕輝が差し切って1着を手にした。
 「今日は付いて行っただけなので。全部平原さんがやってくれたし、出し惜しみしないし。あの上を行ってしまうんだから、平原さんは強いですよ。自分もいろいろと勉強になりました」
 平原康多は交わされたものの、初日に続いて鮮やかなまくりを披露した。
 「今日は8、9番手だけは嫌なので、自分で1回動いて仕掛けようと思ってたけど、展開がああなったので。あれ以上待つと山崎(芳仁)さんが来ると思ったので、2車だけど早めにいきました。押し切るのが理想だけど、今の力なんだと思います」
 3着には福島4番手を回った佐藤慎太郎(写真)が入る。
 「新田は頑張ってたけどね。山崎は離れたから追い上げるのかと待ってたけど、諦めたみたいだったんで自分の位置を確保するために下りました。(関東の後ろに入り)抜くどころではなく、脚はいっぱい。でも、ほめてくれるお客さんが多かったのでよかった」
 新田祐大は8着に沈んだが、全力を出し切り納得の様子。
 「出切ってからペースで行けるかと思ったけど、脇本君の車輪がまだかかってたので。とにかく行けるところまで行こうと踏みました。結果は良くないけど、いい感触がありました」

11月22日

検車場レポート

1R


後閑信一選手

 服部克久が周回中から3番手の外で併走。自力型で並んだ近畿コンビを内に封じ込める。前受けの藤田竜矢は打鐘からペースアップ。番手の後閑信一(写真)が好ガードから余裕を持って追い込んだ。

 「藤田の掛かりが良くて、だんだんペースが上がっていった。駆け方は先行選手だし、強いときのアイツの走りでしたね。なんとか残さないといけないと思った。流れが向いたし、ワンツーで良かった」

 藤田竜矢がしぶとく2着に粘って、関東ワンツー決着。久しぶりに逃げの決まり手がついた。

 「スタートは取る気がなかったんですけどね。でも、行く気は満々でしたから。車間を切って、来たら突っ張ろうと思ってました。2着に残れたのはデカいですね。同期の柏野(智典)さんに体の使い方、乗り方を教えてもらって良くなりました」

2R


川村晃司選手

 才迫開が切った上を、川村晃司(写真)がカマして打鐘手前から主導権を握る。才迫が中団に収まり、片寄雄己は7番手で最終ホームは一本棒の隊列に。才迫が2コーナーから先まくりを放つが、前団の掛かりが良く車は出ない。軽快に駆けた川村が、番手の北野武史や自ら踏み込んだ黒田淳の追撃を振り切って格上位の意地を見せた。

 「“なんとか”って感じですね。余裕は全然なかった。ただ、初日、2日目が不甲斐なかったから、力は出し切ろうと。とにかく結果が出てよかったです」

 G1初出場組の片寄雄己と才迫は川村の前に成す術がなかった。片寄は「人をアテにしてしまった」と、3日目の運行を反省。

 「前を取る形になってしまったし、才迫君の動きも意外だったので。(3日間を通しては)良い調子で入ったと思ったんですけど、全然歯が立ちませんでした」

 一方、才迫開は清々しい表情で3日間を通しての感想を述べた。

 「この成績であまり大きなことは言えないけど、力を底上げすればG1でも良い勝負ができるのかなと思った。またG1に出たいですし、この経験を糧にまた頑張っていきたい」

3R


桐山敬太郎選手

 「ジャンのところでスイッチが入りました」と、打鐘過ぎに出た古性優作が先行の腹を固めて逃げる。すかさず巻き返した鈴木裕だったが、古性の突っ張りに3番手の野田源一の横まで。桐山敬太郎(写真)は最終ホームで2人の併走の後ろを単独でキープ。車間を切ってタイミングを取ると、バックから自らまくって突き抜けた。

 「(鈴木)裕も頑張ってたし、バック線までは(待とう)と思った。なにが変わったのかわからないし、体調はいいんですけど。コーナーで自転車がうまく寝てくれなかった。今日はそこを意識して乗った。突き抜けられたんでホッとした。多少は良かったと思います」

 古性の逃げを利した伊藤保文は、桐山のまくりに屈するも追い込み2着。

 「3コーナーで桐山が(鈴木の外を)迂回してたんで、あとは下りで来るなって思った。古性が強かったけど、1着は無理でしたね」

 

4R


荒井崇博選手

 高橋陽介が打鐘で前を押さえると、カマしてきた筒井裕哉が最終ホームで出切って主導権。高橋は3番手に入り、後方から石井秀治が巻き返し、高橋とまくり合戦となった。しかし、両者の伸びは今ひとつ。すると、高橋の後ろで脚をためていた荒井崇博(写真)が直線で突き抜けて1着を手にした。

 「恵まれました。高橋君は1回動いて位置を取ってくれたし。出てから踏んでたけど、筒井君が来て合わせ切れないと判断したら引いたし。メリハリがあったね。最高のレースをしてくれました」

 友定祐己が最終バックで荒井の後ろにスイッチし、2着に入る。

 「自力を出せんかったね。石井君の後ろにスイッチしようと思ってたけど、あまりスピードが出てなかったので1回戻って。それなら高橋君に勢いをもらおうと思ったら『あれっ?』てなって。石井君のところを強引に付いていくか、あるいは高橋君を目標にまくり出るとか……。でも無理かな? 難しかったね。皆早め早めに動てくるから、なかなか自力は」

 高橋陽介は石井の反撃に合わせてまくり出たが、伸びを欠いて8着に。

 「中途半端でしたね。前に出てから筒井君がすぐに来ればよかったけど、突っ張るか引くかの微妙なところで来たので、僕も踏まされて脚を使ってしまった。入ってからもうちょっと待ちたかったけど、石井さんが来たから無理矢理踏んだので…」

 逃げた筒井裕哉も掛かりは今ひとつ。4コーナーを立ち上がると失速して6着に沈む。

 「作戦はとくになかったけど、前受けはしたくなかったですね。車番的に前か後ろしか取れないと思ってたけど。昨日のぶんも先行しようと思ってたけど、出切るのに踏まされたから掛かりが悪かった。バックでこれはズボズボ行かれるなと思いました」

 

5R


諸橋愛選手

 赤板で切った藤木裕を鈴木庸之が叩いて主導権を握る。そのまま軽快に駆けて関東勢のペース。車間を空けて別線の反撃に備えていた諸橋愛(写真)が直線で鋭く抜け出した。

 「恵まれました。でも、(鈴木を)残せなかったですね。もう少し粘れると思ったけど…。昨日、一昨日は余計に外を踏まされる感じで余裕がなかった。今回は調整失敗かな。心技体のバランスが少し崩れてますね」

 関東ライン3番手の浦川尊明が、2着に流れ込んだ。

 「番手が余裕を持って車間を空けると3番手はバックを踏まされるからキツいんですよ。でも、それはわかっていたこと。無駄なバックを踏まないようにしていた。みんな強い選手ばかりで、かぶる位置だったけど、何とか2着を確保できて良かった」

 鈴木庸之は直線で失速。8着と大敗を喫した。

 「すんなり出れたけど全然かからなかった。タレ具合が半端じゃなかったですね。ずっと重かったです」

6R


郡司浩平選手

 赤板で後ろ攻めの山田久徳がレースを動かすと、中団から鈴木謙太郎も合わせて上昇する。これを制した山田が、誘導を降ろして打鐘で先頭に立ったが、この上を力ずくで叩いた鈴木が最終主導権。山田は引いて立て直しを図ったが、カマシ気味に仕掛けた郡司浩平(写真)がうまく中団へ追い上げ、2コーナーからまくり発進。一気の出脚で鈴木を飲み込んでシリーズ2勝目をゲット。

 「本当はカマすつもりで行ったんですけど、鈴木さんも踏んだし、このままじゃ(スピードが)合っちゃうと思ったんで中団に入りました。自分だけのレースになってしまったのが少し残念です」

 神山拓弥が3コーナーで郡司マークの渡邉晴智を大きくけん制。両者は大きく外へと膨れ、空いた内を関東ライン3番手の小林大介が突っ込んで2着に入った。

 「前の2人が頑張ってくれたおかげ。(神山)拓弥が遠くに行っちゃったので前へと踏ませてもらいました。競輪はなにがあるかわかりませんね」

 

7R


志智俊夫選手

 7番手から上昇した中川誠一郎をけん制しながら合わせて出た吉田敏洋が、木暮安由を4番手にして先行策。焦ることなく一度ペースを落とした吉田は、中川を後方に置いて徐々にスピード上げて別線を翻ろう。木暮のまくりをあっさり不発に追いやると、番手で車間を空けた志智俊夫(写真)が飯嶋則之とからみながらもきっちり追い込み1着。

 「(飯嶋は)見切りで入ってきて当たりに来なかったから、なんとかうまくできました。(吉田)敏洋がうまく主導権を取ってくれたし、落ち着いて行ってくれた。敏洋が強くて、木暮のまくりも止まったんでよかった」

 別線の機動型を完封した吉田敏洋は、内容の濃いレースでの中部ワンツーに納得の表情を浮かべる。

 「自分の力を出し切るって考えた時に、自分が先行して中団に木暮を置いてっていうのがいいんじゃないかと。(木暮ラインを入れて、中川に対して)6対3っていう形にすればいいかなって思った。最近、結構(中川)誠一郎にやられてたんで、いい形になった。(踏んでいる感じも)いい方向に向いてくるような気がします」

8R


早坂秀悟選手

 前受けの早坂秀悟(写真)が早めに車を下げると、打鐘前から反撃を開始。早坂は後ろの競り合いを気にせずマイペースに持ち込むと、最後は追い込んできた小倉竜二との写真判定末、1着同着で節目の200勝を達成した。

 「200勝が同着ってなんか微妙ですね(苦笑)。同期の芦澤(大輔)さんと同県の大槻(寛徳)さんのどちらが競り勝ってもいいからと言われてたし、後ろを気にせず自分のレースでいきました。誘導を切るのが早かったから、僕に先行させようとしてるんだなと。出てからペース配分もよくできたし、最後まで良く踏めてました。2日間の先行が生きて、脚が仕上がった感じです」

 九州勢の3番手回りの小倉竜二は、2センターから内のコースを抜けると直線外を強襲。最後は得意のハンドル投げを決めてこちらも1着。

 「(井上)昌己が(コースを)空けてくれたね。昌己が自分で行ったら外なり内なりを行こうと思ってたけど。僕のなかではワンテンポ遅かったんで(内を)行かせてもらいました。ビデオを見たらまだ投げが甘かったですね」

 芦澤大輔は3着に入るが、競り負けた内容に不満が残る。

 「着は良かったけど、最初のところですよね。追い上げたけど…。本来なら競り勝って、付いてくれた牛山(貴広)さんとっていうレースが理想だったけど。わがまま言わせてもらって番手に行かせてもらったのに。ただ、体は初日と昨日よりは良くなった。昨日までは踏み込む感じになってたけど、今日は自然と回せるようになりました」

 

9R


稲垣裕之選手

 佐川翔吾が赤板から果敢に飛び出して先行。吉本卓仁のカマシを楽に合わせてハイペースで飛ばす。稲垣裕之(写真)が番手絶好態勢から余裕の追い込みで快勝。ファンの圧倒的な支持に応えた。

 「佐川君が落ち着いていたし、頑張ってくれました。(吉本の)巻き返しは早いと思っていたし、海老根のまくりも怖いので、油断せずに走りました。もうワンテンポ遅くいければ良かったけど、オッズを見ていたので、びびってしまいました。僕に技量があればワンツーが決まっていたと思う。次は決めたいですね」

 近畿コンビの後位を選択した橋本強が2着をキープした。

 「佐川君の頑張りに尽きますね。自分は何もしてないです。稲垣さんの残し方が強烈すぎて、バックを踏んでしまい、最後はタイミングが狂って前に進まなかったです」

 佐川翔吾は赤板から2周先行。直線で末を欠いて4着に敗れたが、力はすべて出し切った。

 「自力の稲垣さんに任されたし、中途半端にならないように、自分のできることをやろうと思ってました。落ち着いて駆けられたと思います。稲垣さんが残してくれようとしているのがわかったし、ありがたかったです。キツかったけど思っていたよりは粘れました」

10R


村上義弘選手

 後ろ攻めの脇本雄太が青板バックで上昇を開始すると、誘導を切って先頭に立つ。前受けの深谷知広は車を下げて5番手、和田真久留は8番手となったが、打鐘で深谷がスパート。しかし脇本がこれを突っ張って両者で熾烈な主導権争いに。結局、脇本が深谷を出させず深谷は後退。今度は金子貴志が自力に転じて前団へ迫るも、村上義弘(写真)が合わせて番手発進。稲川翔も続いて近畿ワンツーとなった。

 「連日、先行選手が頑張ってくれている。(番手まくりは)脇本君が頑張ってくれていたし、中途半端な競走はできないと思って。でも勝負は明日。ここに来る前から競輪祭を獲ってグランプリへって思っていたので、精いっぱい戦います」

 村上にピッタリ続いた稲川翔は「ラインの力です」と、前の2人に感謝しきり。

 「調子というより、本当にラインのおかげ。前の2人を信頼して付いて行きました。自分のやることはできたかな。せっかく勝ち上がれたし、明日の決勝でも期待に応える走りをしたい」

 単騎を選択していた池田憲昭は、うまく先手を取った近畿ラインを追うと、懸命に流れ込んで3着。G1初優出を決めた。

 「ジャンで先頭に立ったラインを追う作戦だったんですけど、うまくはまりました。G1の準決勝も初めてだったのに、まさか決勝までいけるなんて。夢みたいです」

 深谷知広は脇本との力比べに敗れ、GP出場の可能性が断たれた。

 「(S班陥落は)終わったことですし仕方ない。来年は名古屋で大きいレースが2つあるし、気持ちを切り替えてまた頑張っていきます」

 

11R


浅井康太選手

 赤板の2コーナーで先頭に立った竹内雄作は、別線の反撃の芽を摘みながら計算されたペース配分で緩急をつけて逃げる。4番手キープの松岡貴久がまくるを打つと、浅井康太(写真)が松岡をギリギリまで引きつけてブロック。松岡の上をさらにまくって出た新田祐大もろとも阻んだ浅井は、ゴール寸前で竹内を差し切り1着。3番手を固めた村上博幸までラインで決勝進出を遂げた。

 「(村上)博幸さんもいるし、自分もしっかりと仕事をするんで、(竹内)雄作も安心していたと思う。それであとはどうやって(ラインで)決めるかでした。(最終)バックで(松岡が)来たのが見えたし、止めるタイミングをどうするかでしたね。2、3回(ブロックを)してたら、新田がその上を行っちゃうだろうから、新田も一緒に一発で止められるようにと思っていた」

 浅井とワンツーの竹内雄作が、初めてG1の決勝の舞台を踏んだオールスターに続いてファイナル行きのチケットをつかんだ。

 「自分の持ち味が出せたし、だいぶ仕上がっていると思います。しり上がりに良くなっているんで、明日の決勝がピークになればいいですね。マグレじゃないっていうのが証明できたんでよかった。大垣記念では(準決で)失敗して、それで勉強をして今回の結果につながった。オールスターよりも落ち着いてレースができているんで、決勝でも持ち味を出せるように走りたい」

 松岡が不発になると切り込みかけた合志正臣をさばいた村上博幸が、直線で中部コンビの間を踏んで3着。

 「G1の決勝にまた乗りたい、戻りたいって思っていたんでよかったです。(怪我から)復帰してG1はこれが最初ですけど、それで乗れたのはうれしい。3カ月前の自分じゃ考えられなかった。体が動いてくれなくて苦しいというか、もどかしいところもあったんで。まだ絶好調ではないし、(上げている)段階ですけど、感じはいいですね」

 最終2センターであおりを受けた新田祐大は、立て直して直線で前団に迫るも4着まで。

 「思った以上にパワーが出ないし、フレームが良くないですね。(フレームを)いろいろ考えたなかで作ったんですけど、また考えます」

 

12R


渡邉一成選手

 関東の連係が乱れ、天田裕輝の番手に原田研太朗が入る予想外の展開に。すると、打鐘で原田がすぐに飛び出して主導権を奪うと、今度は天田が番手に入れ替わる。原田が懸命に逃げるなか、中団に入った平原康多が1コーナーからスパート。平原は前団を飲み込むと、最後は直線で武田豊樹が差し切って1着を手にした。

 「前のレースで西ばかりで決まってたので、なんとしても東の僕らが(決勝に)乗らないとと思ってました。番組が出た時点で厳しい戦いになると思ったけど、天田君もそうだけど、連結が外れたのは反省していかないと」

 平原康多は慌てることなく自力に転じ、2着で今年4度目のG1優出。

 「打鐘でバックを踏まされて、あそこで脚にきましたね。締め込まれたし、そこからトップに持っていかないといけいなかったから。タイミングがないところで仕掛けたし、自分でもよく2着に残れたと思う。それくらいキツかった」

 8番手に置かれた渡邉一成(写真)だったが、懸命に前を追うと、しぶとく迫って3着に滑り込んだ。

 「今回のデキでまさか決勝に乗れるとは。脚はまったく溜まってなかったし、なんにもしてないので。流れ込んで最後、三谷(将太)君と踏み合っただけ。(佐藤)慎太郎さんに迷惑をかけました。ただ、セッテュングは8割方煮詰まってきたので、体の状態を考えて、さらに煮詰めていこうと思います」

 原田研太朗はスピードが上がらず、平原に抵抗できず8着。

 「天田さんは出させてくれる感じだったけど、僕が内を空けてしまったので。反省ですね。番手に入ってからは緩んだので出て行ったけど、後ろを確認できなかったのも自分のミスでした。地元の小川(勇介)さんがなんとかしてくれると思ってたし、ラインの3人で決勝に乗りたかったけど。ペースに入れ過ぎてスピードが上がらなかった」 

 天田裕輝は予想外の展開で敗れたが、力を出し切り納得の様子。

 「展開がああなってしまったけど…。力不足ですね。せめて先手を取りたかった。でも、あそこからもう1回出て行ったし、次につがると思います」

 

▲TOPへ