こうち競輪

KOCHI KEIRIN

74#


決勝戦レポート

村上 義弘(京都)

村上義が静岡日本選手権へ弾み

 連覇がかかる日本選手権へ向け、名古屋日本選手権覇者の村上義弘が貫禄の走りを見せた。深谷知広との力勝負を制した走りは見応え十分だった。レース後引き揚げてきた村上は「まぐれです(笑)」と最高の笑みを見せて、検車場で記者を笑わせレースを振り返った。
 「深谷が突っ張るとは思わんかったけど。1周前やったし。今日は最低でも中団、中団とは思ってました。道中(松岡)貴久が後ろに付いてるし、頑張らなと思った。九州がこういう時期やしね」
 近畿の総大将と呼ばれる所以が、このレースに凝縮していたと言っても過言ではないだろう。
 「強い相手に力出し切って勝負するのが自分のスタイルでもあり、それをするために普段練習を頑張ってる。良いレースができたと思います。自分のスタイルを認めて、後輩も頑張ってくれてると思うし」
 自力でも力強さを発揮し、最高の状態で静岡日本選手権に臨めそうだ。
 「距離が長くて疲れました。今になって自力でG3を優勝できるとは思ってなかったです。目の前の一戦一戦を力を出し切って、お客さんに喜んでもらえる走りをするだけです」

 深谷と即席タッグを組んだ中村浩士は2着に入った。
 「深谷君がすごかった。気持ちが入ってましたね。恵まれました。でも、内から誰か来たので、それを決めて、外もいたから本当に苦しかったです」

 武田豊樹は準決勝で今年初勝利と状態上向きだったが、直線追い込んで3着が精一杯。
 「(杉森輝大に)任せてたんで何とも言えないですけど、僕も対応できるところはたくさんあったかな。悔しいね。良い状態だったけど」

 武田、神山雄一郎に任されながら先行策に出れなかった杉森輝大は、レース後は反省し切りだった。
 「後ろからっていうのは決めてて。そこから押さえて駆けるつもりだったんですけど。深谷の突っ張りは想定外でした。レース後に武田さんからも『ああいう単騎が並んだときの対応を考えないと』と言われました。自分の仕事できてないんで悔しいです」

 突っ張り先行に出た深谷知広は8着に沈んでしまった。
 「(杉森が)来るのが遅かったので突っ張ったんですけど、もっと粘りたかったですね。バックで完全に終わってしまった。せめて2センターまで持てば中村さんの優勝だったと思う。あと半周、しっかりもがけるようにしたいですね」

 小松崎大地は好回転でまくって行き、記念初優勝も視界に入ったが6着に終わった。
 「結論は力不足。展開は良かったし、行かなきゃってところで動けました。杉森の内を踏んで行ければ面白かったんですけど」

 松岡貴久は初手から村上後位を選択。チャンスはあったが生かしきれなかった。
 「(村上の後ろは)それが流れだと思ったんで。他はラインができてたし、僕らは単騎だったんで。村上さんが強かったですね。(村上が)せっかく行ってくれたのに。(熊本への思いは)もちろんありました。メンバー的にも可能性はあったし、家族に電話したときも『こっちはいいから優勝してきて』って言われてたのに…。動きすぎましたね」

レース経過

 号砲で各車見合った状態から、深谷知広が誘導員を追う。そこに中村浩士が続き前団を形成。以下隊列は単騎の村上義弘、松岡貴久、小松崎大地-菅田壱道、杉森輝大-武田豊樹-神山雄一郎の並びで落ち着く。
 赤板の1センターから杉森が上昇して小松崎のヨコで併走。すると、深谷が誘導を降ろして打鐘から突っ張る構え。杉森はすぐさま踏み込むが、深谷を叩けず外に浮いて終了。武田は4番手の外で併走も、松岡に絡まれる。今度は後方で脚を溜めていた小松崎が最終1センターから仕掛ける。しかし、3番手の村上も反撃を開始。まくってくる村上に対し、深谷も抵抗を見せたが2センターで力尽きる。そのまま村上が力強く押し切って快勝した。中村は村上を追う形となった小松崎をブロックすると、返す刀でタテに踏んで2着。態勢を立て直した武田が直線で伸びて3着に入る。

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
1 村上 義弘 41 京都 73 SS 14.3
5 中村 浩士 38 千葉 79 S1 3/4身 14.3
2 武田 豊樹 42 茨城 88 SS 1/2身 14.2
4 菅田 壱道 29 宮城 91 S1 1/2身 14.2
7 神山雄一郎 48 栃木 61 SS 3/4身 14.1
9 小松崎大地 33 福島 99 S1 3/4輪 14.4
8 松岡 貴久 31 熊本 90 S1 4身 14.9
3 深谷 知広 26 愛知 96 S1 4身 15.4 B
6 杉森 輝大 33 茨城 103 S2 大差 19.3

▲TOPへ