いわき平競輪

IWAKI TAIRA KEIRIN

13#


レース展望

勢いを増す小林優香

小林優香

児玉碧衣

高木真備

 名実伴ったベストセブンによる夢のレース。ガールズケイリンフェスティバルを完全優勝した小林優香がここも勝って、絶対女王の威信を取り戻す。東京五輪へ向けて競技に復帰し、昨年から約20キロも身体を絞った小林は踏み出しのキレが格段に増した。それを見せ付けたのが、アメリカ遠征等から休みなしで臨んだフェスティバルだった。9月までの獲得賞金で決まるガールズグランプリ出場を果たすにもVは至上命題。今回も同様に、児玉碧衣、高木真備、奥井迪らによる先手争いが激化するのは確実で、この動きを見極めて精度を増した一撃を見舞う。

 ファン投票1位の児玉が今度こそ姉弟子超えを誓う。フェスティバルは後方からの仕掛けで外を踏まされたのが敗因となったので、ここは初手の位置取りから集中力を高めていく。持ち前のスーパーダッシュで他を圧倒する場面があるか。

 フェスティバルは準Vと悔しい思いをした高木にとってもリベンジ戦。ダッシュに加え、トップスピードも上がって進化が止まらない。好機に飛び出しての押し切りに並々ならぬ意欲を燃やす。

 やや足踏み状態の奥井だが、先行勝負に迷いはない。梶田舞、石井貴子、山原さくらはいずれもコレクションの優勝経験者。流れに応じた自在戦でVは十分。

▲TOPへ