はこだて競輪

HAKODATE KEIRIN

11#


レース展望

戦力充実の北日本勢

新田祐大

新山響平

菊地圭尚

 5月18日から開催される平成28年熊本地震被災地支援競輪・函館競輪開設67周年記念「五稜郭杯争奪戦」はSS4名をはじめ、S級トップレーサーが参戦するハイレベルなシリーズだ。中心は新田祐大に昨年度覇者の新山響平を擁する北日本勢。菊地圭尚が地元で悲願達成できるかにも注目が集まる。


 各地区にエース級の選手がいるハイレベルなシリーズだが、北日本勢が圧倒的な戦力で強豪を迎え撃つ。その中心は新田祐大だ。今年前半はナショナルチームの活動もあり、3場所しか走っていないが2月全日本選抜では決勝3着と機動力は健在。その後に参加したW杯で落車したが、今は万全の状態に戻っている。ダービーを走って迎える今シリーズならレース勘の不安もないだろう。新山響平はデビュー最速で4日制記念を制覇したのが昨年大会だった。11月には競輪祭でG1初優出するなど、その後も順調にステップアップ。3月ウィナーズカップこそまさかの結果に終わったが、その後は9走でバック8本と原点回帰の走りを見せている。新田、新山と機動型がそろえば地元の菊地圭尚に期待しないわけにはいかない。今年は年頭からF1戦を連覇するなど好スタートを切った。昨年後半のスランプを完全に脱し、今年こそは地元で悲願の記念初優勝を狙う。守澤太志も自力自在に近況安定している。北勢が大挙して勝ちあがっても、ライン固めでは終わらない鋭いタテの脚は魅力だ。

浅井康太

吉田敏洋

脇本雄太

 S級S班の浅井康太に金子貴志、吉田敏洋と中部勢にも役者はそろっている。浅井は現時点で、今年はまだ優勝していない。それでも多彩な戦法で戦歴は安定しているし、4月高知記念でも自力と番手を使い分けシリーズ3勝を挙げた。4月川崎記念から体のことを考えながらやっていることがマッチして、ダービーは決勝3着。決勝は深谷知の番手回りを生かし切れずに悔しさも残る結果ながら、さらに状態は上向いている。吉田は昨年終盤、今年前半と落車が続いたが、ようやく立て直してきた。中盤戦から巻き返すためにもここから結果を残していきたい。浅井、吉田とスジの目標が豊富な金子にもチャンスがある。4月前橋では連日、番手を回って完全優勝。勝負強さを発揮するか。
 3月玉野記念後の練習中に落車した村上義弘はダービーも欠場。ここで復帰してきたとしても、体調、レース勘と不安要素は多い。それでも6月に岸和田での高松宮記念杯を控える近畿勢にとっては不可欠な存在。出場なら勝ちあがり戦の走りで状態を判断したい。脇本雄太は本来の力強さを取り戻してきた。4月西武園記念の準決勝では村上博のアシストもあったが平原康をまくらせず2着に粘った。ここも村上や南修二の援護を信じて風を切る。南も近畿勢にとって欠かせない戦力だ。失格、落車と流れは悪いが、ここも的確な仕事でラインを勝利に導く。

中川誠一郎

諸橋愛

 4月川崎記念で優出、ダービー2勝した中川誠一郎は着実に復調。ダービーの二次予選では中団確保から豪快にまくって、マークの大塚健一郎とワンツーを決めた。ここも仕掛けがハマればその再現も十分だろう。諸橋愛、中村浩士も争覇級の追い込み型。鋭いキメ脚で優勝争いに加わってくる。

注目選手

  • 小原太樹
    神奈川・95期・S1

    小原太樹

     4月は川崎記念、取手で決勝2着。二次予選で敗れた高知記念でも厳しい展開から勝ち星を挙げるなど動き自体はよかった。調子は間違いなく上向き。メンバーに応じた柔軟な攻めで上位進出を狙える選手だ。

    ■直近4ヶ月成績(*12/14現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    107.89 4 5 7 2 13
  • 阿部大樹
    埼玉・94期・S2

    阿部大樹

     今期からS級に復帰となったが、序盤から白星を量産するなど快進撃が続いている。記念は二次予選で敗退した2月奈良以来。そこからさらに強さを増しているだけに、準決勝進出、その上の成績も期待できそう。

    ■直近4ヶ月成績(*12/14現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    106.29 15 8 4 3 13
  • 三登誉哲
    広島・100期・S2

    三登誉哲

     3月高知では99欠着と大きな数字を並べたが、「練習を変えたら、よくなりました」と、続く大垣、西武園記念でそれぞれ2勝を挙げた。西武園の最終日は上がり11秒3の好ラップで逃げ切り。今シリーズも大駆けがありそう。

    ■直近4ヶ月成績(*12/14現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    98.00 5 8 1 1 14

▲TOPへ