ふくい競輪

FUKUI KEIRIN

51#


決勝戦レポート

浅井 康太(三重)

 中部3車が各自役割を果たし、ラインの力で手に入れた勝利。優勝した浅井康太は「前回(宮杯決勝)のレースがあったんで、引き締めたレースをと思ってたし、ラインのレースができたのでよかった」とホッと胸をなで下ろす。高松宮記念杯の決勝ではラインの2人を連れ込めず、内容に悔いを残す結果となったが、「ほんと、ラインのおかげです」と溜飲を下げる。
「最終日に体が動き出した感じでした。前がかかってたし、稲垣さんを2回目で止められた。あれが大きかったですね。ちょっとバランスを崩したけど、止まるって判断はできたので。ワンツーが1番よかったけど、ワンスリーなら。林さんも3着内に入れたらよかったけど。G1終わりのレースでしっかり走れたのは評価できると思います」
 前回の高松宮記念杯で表彰台入り。そして後半初戦を優勝。王者の走りを取り戻し、後半戦も勢いそのまま突っ走る。
「サマーナイト、オールスターがあるんでね。調整というか練習ですね。自力で戦える脚を作って。気持ちも維持して年末(グランプリ)を走れる位置にいれるように」

 

  新田祐大は8番手から猛然と迫るも2着まで。
「打鐘の所で『やっちまった』と思った。ホームで稲垣さんと石井さんとがやり合って隊列が短くなったから『そこだ』と思ったけど…。後ろに迷惑をかけてしまいました」

 

 松岡篤哉は記念初優出で3着。また、完璧とも言っても良いレース内容に胸を張る。
「冷静に落ち着いて走れました。かかりは最高ではなかったけど、しっかり踏めてたので。このメンバーで3着は自信になりました。やっと良い状態になってきたし、今後は自信を持って走れると思います。久々にG1の権利(競輪祭)が取れたのでよかった」

 

 稲垣裕之は同期で中団を取り合い脚力を消耗。最後は浅井に止められ万事休す。
「中団中団から先まくりの作戦だったけど。石井君と併走して脚を使いましたね。でも前がかかってました。松岡君は連日良い先行をしてたし。僕もしっかり力を付けてきます。復帰戦にしては良い感触で走れたし、良いところもあったし、悪い所もあった。悪い所をしっかり修正してまた頑張ります」

 

 手負いの状態も気力で勝ち進んだ石井秀治だったが、決勝までは力が持たず。
「打鐘の所とか何度か遅れてしまって。中団を取られてしまったら仕方ない。まあ今回はやれた方だし、しっかりと体を治してきます」

 

 林巨人は表彰台入りも見えたが、コース取りを誤り5着に終わる。
「浅井が優勝なんで付いていけばチャンスだったんだけど。余裕もあったし。コース取りを間違えました。あのまま外を踏んでいてばもうちょっと良い着だったと思う。浅井は落ち着いてましたね。僕はまだまだ勉強です」

 

レース経過

 スタートで牛山貴広が出て、新田祐大—牛山で前団に構える。以下の隊列は松岡篤哉—浅井康太—林巨人、石井秀治—渡邉晴智—内藤秀久、稲垣裕之で周回を重ねる。
 青板の4コーナーで6番手の石井から動き始める。新田は下げて石井が赤板の1コーナー過ぎに先頭に立つ。石井ラインを追った松岡は、4番手まで引いた新田を警戒しながら2コーナーから踏み込んで打鐘手前で主導権を奪取。先行態勢の松岡に浅井—林が続く。単騎の稲垣と石井で4番手の取り合い。松岡がそのままペース上げて逃げて最終回へ。外から石井を制した稲垣が4番手を確保して、南関ライン。新田は8番手に置かれ一本棒。
 単騎の稲垣が2コーナーからまくりを打つと、逃げる松岡と間合いを取った浅井がけん制。バックを通過して浅井は3コーナーの入り口で稲垣をブロック。後方の新田も大外をまくり上げる。浅井に阻まれた稲垣は不発。稲垣をどかした浅井が目いっぱい踏み込む。直線半ばで松岡を交わした浅井は、迫り来る新田を振り切って優勝。新田は2着。逃げた松岡が、踏ん張って3着に粘り込んだ。

 

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
1 浅井 康太 32 三重 90 SS 11.4
9 新田 祐大 30 福島 90 SS 1/2身 10.9
6 松岡 篤哉 34 岐阜 97 S1 1/2身 11.6 B
7 牛山 貴広 35 茨城 92 S1 1/2輪 10.8
4 林  巨人 33 愛知 91 S1 1/8輪 11.4
5 渡辺 晴智 42 静岡 73 S1 3/4輪 11.2
3 稲垣 裕之 38 京都 86 SS 1輪 11.5
8 内藤 秀久 34 神奈 89 S1 1身 11.3
2 石井 秀治 37 千葉 86 S1 3/4身 11.6

▲TOPへ